茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
思ったよりハッピー「クレイジーハート」

 にほんブログ村 映画ブログへ

大好きだったジェフ・ブリジッスが
とうとうアカデミー賞主演男優賞をゲット!
いやぁ〜〜、彼ほどの名優が今まで無冠ってのが信じられないけど、
とにかく、とにかく、おめでとう!!
「フィアレス」や「フィッシャーキング」で
なぜ、アカデミー賞をとってないのか不思議。
ちなみに、一番好きな作品は『隣人は静かに笑う』『ビッグ・リボウスキー』
あっ、甘ったるいけど「マンハッタンラプソディ」も好き(笑)

アカデミー賞受賞と言っても、地味な作品なので上映している館が少なくて
京都に来てやっと観ることができた。(京都でも「京都シネマ」のみ)

続きを読む >>
| 2010年映画 | 07:58 | comments(6) | trackbacks(1)
王道アクション!「プリンスオブペルシャ 時間の砂」

にほんブログ村 映画ブログへ 
ジェイク・ギレンホール…あの少年が
こんなに立派に成長して、ほんとに、嬉しいよ
って、お話じゃなかった(笑)。

ジェイクの顔だけでも拝みに行くかと、
公開もそろそろ終わりに近づいた今頃何気に観てびっくり。
なにやら、忍者もどきの暗殺団の動きが恐ろしくよかった。
香港迷の友人なんて、アクション監督は香港の監督なんでは?
と、言ってたくらい(笑)

続きを読む >>
| 2010年映画 | 07:41 | comments(2) | trackbacks(1)
元彼目当て(笑)「SEX&THE CITY2」
にほんブログ村 映画ブログへ 
 
「1」を観たときに、「2」を観ることはないな…と、思ったけど、
あの予告、そう、キャリーの昔の恋人
エイダンことコーベットが出てるぅ〜〜!!

コーベットは「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」で大注目!
彼の出演していたこのドラマのシーズンをレンタルしたのが
「セックス&ザシティ」を見始めたきっかけ。
続きを読む >>
| 2010年映画 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0)
滑り込み鑑賞「アリス・イン・ワンダー・ランド」

にほんブログ村 映画ブログへ 


予告の映像を見たら、これは、絶対2Dで観ようと思ったのに、
茅ヶ崎周辺ではでは3Dばかり…(-_-;) 
2Dだと吹き替えになってしまう。
ジョニーを吹き替えって、そりゃあないよ〜〜っ。
てことで、京都で観ようと思ったのに、
それもうまくいかず、すべりこみの3D鑑賞(笑)。
もちろん字幕。

映像的には、面白かったです。さすがはバートン!!!!

続きを読む >>
| 2010年映画 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0)
中学生と言う子供「告白」

にほんブログ村 映画ブログへ

やっと、帰ってきました、茅ヶ崎。
久々の茅ヶ崎マイカル!!懐かしい〜〜ってほどでもないけど
「告白」をレディスデイなんて、ちょい無謀かもと、
100円払ってネット予約していったのにかなり…すいてた。。。
(ところで、マイカルのネット予約ってなんでお金が余分にかかるの?)
そのうえ、マックが閉店してた(-_-;)

なことはともかく、一瞬たりとも目が離せない映像。
子供を育てることはこんなにも大変なのかと
あらためて恐怖にかられる。

続きを読む >>
| 2010年映画 | 09:24 | comments(8) | trackbacks(3)
楽しめた!おバカ度満載(笑)「レギオン」
にほんブログ村 映画ブログへ 

京都生活もなんと第5週目に突入。
いつになったら、茅ケ崎に帰るのか??
と言うのはさておき、
京都駅八条口に6月4日OPENのイオンモール。
ここに入るシネコンが、TJOY。
現在プレオープンってことで、行ってきました。

仲代さんか、堕天使ミカエル(!)のポール・ベタニーで悩んで、
地元ではか観れないってことで、「レギオン」に決定。
天使と人間の戦いって笑える。

続きを読む >>
| 2010年映画 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0)
トラちゃんに愛を「パリより愛をこめて」
にほんブログ村 映画ブログへ 


まず、この、ふざけたタイトル。
ロシアでなくパリ。
これに、がっつりやられたなぁ〜〜(笑)
Bの字ぷんぷん、トラちゃんの、はちゃめちゃアクションときては
そりゃぁ観ないわけにはいかないでしょう。

ちょこっとネタばれ
続きを読む >>
| 2010年映画 | 19:00 | comments(6) | trackbacks(2)
マット再確認「グリーンゾーン」

にほんブログ村 映画ブログへ 


ボーン以来、すっかりアクション俳優扱いのマット・デイモン。
実は、ボーンは今ひとつ。。。
いえ、マットもあまり好きではない。。。
上手い役者さんではありますが・・・・(-_-;)

でも、このマットは、リアルなドキュメントのようで
マットでなく、ミラーとして観ることができた。

続きを読む >>
| 2010年映画 | 10:30 | comments(6) | trackbacks(2)
2DCGで鑑賞「タイタンの戦い」

にほんブログ村 映画ブログへ  

お話は、思いっきりストレート!
ひねりもなにもない。でも、CG素晴らしい。
いまの時代だから楽しめる娯楽大作ってことかな?

ギリシャの神様って、日本の八百万の神に似たものがあって
人間ぽくって、ほんと親近感がわく。
とくに、大好きなゼウス(笑)
女によわくて浮気をしては、奥さんが怖くてびくびく。
女神だけでなく、人間にも手を出しまくってて子供もいっぱい。
まあ、その話は長くなるので、割愛するとして…(笑)

続きを読む >>
| 2010年映画 | 20:43 | comments(6) | trackbacks(1)
ボタンより重要なのは箱「運命のボタン」

にほんブログ村 映画ブログへ  

まず、邦題に疑問。
原題の「THE BOX」でないと、意味が通じない。
運命のボタンと言うのは安易すぎないですか?

今回も予告に裏切られたかなぁ〜〜(-_-;)

ネタばれしてます。

続きを読む >>
| 2010年映画 | 10:36 | comments(4) | trackbacks(0)
<< | 4/7PAGES | >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ