茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 「サンダーバード博〜世紀の特撮が描くボクらの未来〜」に行ってきた | main | クドカンの昼ドラ「吾輩は主婦である」 >>
モノづくりの美「風立ちぬ」

にほんブログ村 映画ブログへ

「千と千尋〜」以来、ジブリと言うか宮崎駿作品が
苦手で、ポニョにいたっては未見だ。
今回も見送ろうかと思ったが、なにせ見たい作品も少ないし
どこかに戦争映画はみておくべきと言う頭があって
重い腰をあげたのだが。。。これが、良かった、ほんとに。

宮崎駿はやっぱすごい。
まだこんな変化球があったなんて。

まず、戦争映画ではなかった。
ゼロ戦を作った人間の話=戦争映画と短絡的に思ったのが間違い。
(漫画のほうは未読だったので)

モノを作り出す人間の情熱や、焦燥、そしてなにより美意識。
フォルムの美しさ。それはただの機械屋でない。

当時の人々の暮らしをアニメで表現するとこんなにも美しく見えるのか。
いや、単に綺麗と言うだけでなく、こんな日本があったのだと感じる。
それは食べ物だったり(シベリア!!)、汽車の旅だったり、電報等々。
今から考えるととんでもなく不便な暮らし。
結核の療養所はあんなにも大変なところだったのか?
と、言うより、あんな治療しかなかったのか?


そして、関東大震災。。。。。
焼野原の東京。
震災の様子をあそこまで描いているのに、
戦争についてはほとんど描かれていない。
確かに、ゼロ戦は戦闘機なんだけど
開発者たちは武器でなく、飛行機を作っていたから。

今、現在に生きる我々ももこんな風に描いてほしいと思う。
今を描くと、どうも、風刺っぽい揶揄がはいっていけない。
今に生きる人間も、昔と変わらず一生懸命なのだと思う。

宮崎駿は天才だけど、今を生きるこの世代に冷たい気がする。
息子にも。。。(勝手な想像だけど)
そして、この天才を息子は超えることができるのだろか?

頑張れ!!!宮崎吾郎!!!!

 



 

| 2013年映画 | 10:57 | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 10:57 | - | -
コメント
美しく優れたものを作ろうとした技術者の心、創り出された美しい飛行機。
しかし、それは人の命を奪うことにしか使われない。
その辺りの葛藤を掘り下げると、辛い作品にしかならず・・・なんとも、難しいですね。
| さうざんど | 2013/08/03 7:48 PM |
風たちぬ、評判良いですね。
千と千尋以降ご覧になってなかったのですか〜。
確かにあの作品以降作風が変わったような気がします…。
ナウシカやラピュタみたいな冒険ドラマでもなく、トトロみたいなほのぼのでもなく。
以前ははっきり起承転結があり、クライマックスで盛り上げて綺麗にまとめていたが、今は、ある意味自由…というか…ストーリーの定型を持たなくなったというか?
| 東南 | 2013/08/03 11:45 PM |
■さうざんどさま
監督自身が、むちゃくちゃ戦闘機の美しさにひかれているんでしょうね。
ただし、それは、おっしゃるように人殺しに兵器で、
監督の信念とは全く相反する。
だから、こんな抒情詩のような映画だと思うんですが、
それが、とても心に残りました。
| mariyon | 2013/08/04 12:19 PM |
■東南さま
ハウルもみてます。あと宮崎監督でないジブリもほとんど。。。(ポニョ以外は)。

ただ、千と千尋くらいから、あの説教臭さがだめで。。
だから、今回も全く期待してなかったし、
まさかこんな変化球だとは。
そう、ストーリーはない、ラストに何か盛り上がるものもない。
ヒロインまでいなくなってしまう。

でも、よかったんですよ。

時代の描き方もうまい。
コクリコ坂よりはるかに緻密で美しい。
それでいて、熱気がある。
宮崎吾郎監督では表せなかったもの。。。
いやぁーーー、親を超えるのは無理なんでしょうか?

父親とは違う作品を作ってほしいです。
| mariyon | 2013/08/04 12:28 PM |
暑中お見舞い申し上げます(^^)
本当に、この人が物語で描く人々とか暮らしって綺麗なんです。
良くも悪くもイイとこどり。どんなにヒドイ時代でもその時々の、その人たちなりの小さな幸せの部分を最大限にして見せてくれちゃうというのかなぁ。
それはそれで良いのだけれど、
「昔は良かったのに」みたいな、現在における否定的な感覚が否めないんですよ。
今はそのこだわりとか頑固さとかがなんだか鼻についてしまう私です。

作品的にとても良いものだとは思うんだけど、確かに宮崎監督はスゴイ人だなぁって思うのだけど。
| たいむ | 2013/08/04 3:55 PM |
■たいむさま
ほんと、7月は見たい作品が少なくて、
このところ、邦画しかみてないです。唯一朝110の「サイコ」のみ。これからの公開ラッシュに期待です。


>作品的にとても良いものだとは思うんだけど、確かに宮崎監督はスゴイ人だなぁって思うのだけど。

このけど。。。けど。に大いに納得。
そう、現代を描いてほしいですよね。
たとえば「サマーウォーズ」や「聖おにいさん」。
現代の日本の美しさや、若者の良さみたないもの。
子供や動物、ノスタルジィだけでなく。
| mariyon | 2013/08/05 11:05 PM |
ご無沙汰してます!「風立ちぬ」今日観てきました。
なるべく予備知識を入れず観てみましたが、とても良かったです。じんわりと感動しています。
必要な物もそうでない物もなんでも有りすぎる今、作り手の思いを感じる物、使う人が長く愛着を持ち続けられる物、そんなのに携われたら幸せですね。
| kame | 2013/08/15 11:13 PM |
■kameさま
こちらこそ、ご無沙汰しております。
いままでのジブリとはまた違った良さというか、
宮崎監督の懐の深さを感じました。
じんわりと感動、同感です。

ものがなくても、規制が厳しくても
モノを作り出すことに命をかける人々、
そして、純愛。
新井由美の主題歌が心に残る、
ほんと、ステキな作品でした。
| mariyon | 2013/08/16 9:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ