茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 最後だからね「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」  | main | 2D鑑賞「リンカーン/秘密の書」 >>
フランス風ユーモア「最強のふたり」
にほんブログ村 映画ブログへ 

とっても見たかったけど
地元茅ヶ崎マイカルに来るのを待っての鑑賞。

ちょいと遅くなった感あり。
 
評判から、感動、涙涙、みたいな話を予想してたら
かなりシニカルなコメディだった。

実話!の重みこそだけど、
でなければ、映画として成立しないのでは?
ってくらい、かなりブラックなユーモアも。
最近、巷を騒がせている、フランス人気質?

スラム育ちの刑務所帰りと大富豪、
何の接点もなく、もしあるとすれば
主人と使用人と言う関係。

それが、ソウルメイトとなれたのは
フィリップのとんでもない障害のためだが
彼のような障害を持った人間と普通に接すること、
それがどんなにむづかしいか。
同情、憐憫、そんな思いを感じれば友達関係は成立しない。

二コルソン&フリーマンのじじぃコンビもよかったけど
このドリスの無法者(?)っぷりが、庶民代表って目線でとても楽しかった。
(オペラを笑い飛ばすところとか)

そして、フィリップも彼と出会って、ぜんぜん別のものの見方や、
感じ方を疑似体験していたのかもしれない。

その後フィリップは結婚もしたみたいだし、
ドリスは社長になったとあったけど、
この部分が、映像として盛り込んでなかったのは
ほんとうによかった。

 

| 2012年映画 | 18:20 | comments(10) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 18:20 | - | -
コメント
ドリスの天真爛漫って、ある意味、自分たちのしてみたいことを代わりにやっちゃってくれた印象でした(笑)
麻痺してるところにお湯をぶっかけちゃうなんて(爆)

ほとんど無茶な介護でしたが、それがかえって功を奏したんでしょうね。
こういうことが荒治療ってことなんでしょうか(爆)

最後のドリスのサプライズが粋でしたよね。
| ituka | 2012/10/17 9:07 PM |
土曜日のレイトショーで、見てきましたよ!娘と2人前から見たいねえーって、言ってて、ワーナー来たので、さっそく見ました!心地よいフランス語の響きと私お気に入りミュージックが流れ!チョー大金持ちとスラム街育ちの2人がソウルメイトとなる実話!レイトショーで、見るのに、眠くなるかなと、思っていましたが、全然OKで、2人に引き込まれて、最後まで、見切りました。
| ドリーマーマリ | 2012/10/17 10:02 PM |
■itukaさま
けっこう期待してみたのは確かなんですが
なんて言うか思っていたのとは違ったけど
それはそれであり…みたいな気分です。

ドリスのはちゃめちゃぶりは、
はらはらするほどでしたが
なんて言うか、
大富豪のなんて言うか遊び心みたいな発端。
だから、よけいに実話なんだなぁ〜って思いました。

日本でも、介護保険も使わず、自分で介護人を雇えるなら
ケアマネージャーに相談しなくても
好きにできる気がします。
| mariyon | 2012/10/17 11:22 PM |
■ドリーマー・マリさま
茅ヶ崎も、もっとこういう上映を増やしてほしいですよね。

あまり、涙涙みたいな話でなく
淡々とエピソードが繋いである感じがよかったです。
そう、わたしも、前夜睡眠不足だったので
どうかなぁ〜〜って思っていましたが、
ぜんぜんOKでした。

娘さんとレイト、うらやましいです。
| mariyon | 2012/10/17 11:24 PM |
こんにちはw
障害を持つ方との付き合いって本当に難しい。
先天性と後天性でも違うし、そんなの見た目じゃ分からないから。
面白かったけど、実話だからって真に受けちゃいけない、そんな風に思いました。

ちょっぴりワケありな2人の友情モノとして楽しかったです。
| たいむ | 2012/10/18 11:18 AM |
私もこの映画を観ました。
最初からセプテンバーでノリノリで観ていて、
映画を観ている時はただ単にブラックなユーモアなど楽しんでいました。
オペラのシーンが私も好きでした。
後はフィリップがおしゃれだったなぁとか・・。
よく笑ってあ〜すっきりって感じでした。

映画館で映画を観はじめたのは最近のことなのですが、
一つの作品でも色んな観方があるんだなぁというのが想う事です。
自分が大好きでもそうではない方がいて・・・

改めてこの作品について考えてみれば、世の中お金がすべてじゃないけれど、お金でかなりのことがカバー出来るのかな〜ということかなぁ・・
| バインミー | 2012/10/18 5:27 PM |
■たいむさま
>実話だからって真に受けちゃいけない
まさに、それです!!
映画を観たあと、面白かったし、
実話の重み、すごさ、みたいなものを感じたけど
何か、ちょっとひっかかるところがあったんですが
たいむさんのこの言葉に、それだ!と思いました。

映画としてのおとぎ話と受け止めた方がしっくりきます。
| mariyon | 2012/10/19 8:42 AM |
■バインミーさま
映画館で映画を見ると気って、一人だったり友人とだったり
いろいろですが、映画がはじまってしまうと、
そこは自分だけの世界になります。
周りはまったく知らない人がいっぱいいて、
その人たちと同じ作品を共有するわけだけど
感想は同じでない。
この感覚が本当に面白いですよね。

そして、その感想を違うからこそ、人と分かち合いたくなる。
映画大好きです。

この映画は、フランス映画にしては、
かなりわかりやすいストレートな作品ですごく楽しめました。
変に、お涙ちょうだいみたいな内容になってなくって、
よかったです。

お金があれば。。。かいごも庶民とは違う。
でも、かいごされるという身は同じですよね。
フィリップの鬱屈がこの出会いによって
ほんとうに緩和されたんだと感じました。
(実際にはいろんなことがあったんでしょうけど)
| mariyon | 2012/10/19 8:50 AM |
>最近、巷を騒がせている、フランス人気質
あちらは流石にちょっと^^;と思いましたが(同時にいかにもフランスだなぁと思ったりして)こちらはドリスの人柄の所為か笑い飛ばせますね^^

モデルとなった2人のドキュメンタリーを少し見たのですが、2人の間に流れる空気がとても穏やかでユーモアに溢れていたのが印象的でした。
| あみ | 2012/10/20 8:28 AM |
■あみさま
ドキュメンタリーもあるんですね。
たしかに、この2人の話なら、脚色なしでも、おもしろいとおもいますが、
資産家のフィリップが自分のプライベートを公開するって
それは、ドリスのためだったんでしょうか。

フランス人気質は?ですが、
映画はわかりやす、明快でしたね。
| mariyon | 2012/10/21 2:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/917
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
まつ毛パーマ・エクステ
天然石とセラピーの店
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • バットマンはくりりん?「ジャスティスリーグ」
    mariyon (12/02)
  • 3部作だったの?「GODZILLA 怪獣惑星」
    mariyon (11/28)
  • バットマンはくりりん?「ジャスティスリーグ」
    ituka (11/27)
  • 3部作だったの?「GODZILLA 怪獣惑星」
    ituka (11/27)
  • チャーハンが一番「ラストレシピ」
    mariyon (11/12)
  • マーボー食べたい「ミックス」
    mariyon (11/12)
  • 小ネタに笑う「マイティソー バトルロイヤル」
    mariyon (11/12)
  • 期待値が高すぎた(;´・ω・)「サークル」
    mariyon (11/12)
  • 期待値が高すぎた(;´・ω・)「サークル」
    ituka (11/11)
  • 小ネタに笑う「マイティソー バトルロイヤル」
    ituka (11/11)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ