茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< GW東北桜ツアー その3「角館さくらまつり」 | main | 茅ヶ崎のお店・ランチ「イタリア食堂 バリック(BARRIQUE)」その2 >>
アメリカ万歳!「バトルシップ」

にほんブログ村 映画ブログへ 

もう、こてこてのアメリカ映画。
いやぁ〜楽しめたぁ〜〜。
でもって、「マイティソー」とはえっらいちがいの浅野さん。
むちゃくちゃ目立ってた(*^_^*)

ロングバージョン予告の香港崩壊に度肝を抜かれて
この場面はもう一度ゆっくり見たいと思った。
よく知っている場所だけに、いやぁ、すごい迫力。
NYとか、東京でなく、香港ってのがいいw

 CGはすごい、話も単純。
エイリアン=侵略者。
ID4とおんなじで、「いけいけ、やれやれ!」と
観客は応援する気持ちになるような作りになっている。

さすがはアメリカ!アメリカ万歳!

なにより、バリアー(?)の中に残されたものだけで戦わなければならない
その設定が、世界決戦にならなくって、なんでアメリカだけ?ってのがない。
このあたりは、うまいつくりだと思う。


できのいい兄貴を持った、才能はあるけどついてない弟。
この設定って、確かによくあるけど、海軍にはいった途端
かなりのツキが回ってきたのかも。
彼女はできるし(まあ、これは海軍にはいる前のおバカな行動の勝利?)
有事の際には真髄発揮。
終わりよければすべてよしの、ラストには勲章までもらい
彼女のことも、怖いリーアム父さんに許してもらう。
「俺ってラッキーかも」って、、、、
おいおい、兄ちゃん死んだのにそのセリフはないんじゃない?

そして、リーアム父さん、チキンブリトーのくだりで、
彼のポイントをあげるって、信じられない。

ところで、通信基地を建設してたエイリアンたちは
全滅したんだろうか?
生き残ったエイリアンは捕虜にしたんだろうか?
これは、やっぱ、アメリカの捕虜?
彼らの生体を研究するにしても、なんて言うか
最後の最後のおまけシーンを別にしても、
いろいろ波乱を感じるのはワタシだけ?

| 2012年映画 | 11:56 | comments(8) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 11:56 | - | -
コメント
浅野さんは、ほぼ準主役と言っていい扱いでしたね。
まるで「トモダチ作戦」さながらの友好ムード^^

ただエイリアンに関しては、(ライフラインへの攻撃で多大な犠牲者は出ているが)個々の地球人には攻撃しなかったり、捕虜となった仲間を救出に来たり、と妙に人間味(?)があって、私は「いけいけ、やれやれ!」と言う気持ちにはなれませんでした。

ラストのあまりのお祭りムードにもびっくりでした。

まあでも、面白かったからいいんですねどね(笑)
| あみ | 2012/05/04 1:28 PM |
何しに来たのかよくわからないエイリアンたちの造形に
デイヴィ・ジョーンズかよ!という突っ込みは置いといて
とにかく破壊シーン、バトルシーンは痛快でした(笑)
最終的に回収されてない部分とか決行ありますが
ラストの爽やかさにぜんぶ忘れてしまいましたよ(爆)

うん、島に居たエイリアンたち、一発の砲弾で全滅したとは考えにくいよね。
また、兄が死んだのに俺ってラッキー発言には、同じくおいおいでした(苦笑)
続編作るなら、回収したエイリアンを徹底解剖するところからスタートしてもらいたいです。
| ituka | 2012/05/04 8:50 PM |
■あみさま
エイリアン=侵略者にすれば、今の国際情勢でも映画の中で、はっきり敵としてやっつけることができるからですよね。
でも、これが、ETのように友好的だと、それを守ってみたいな話になる。
アメリカ人はどちらも好きだから、最後にあのおまけがあるの??なんて、くだらないことを考えましたよ。
ラスト、みんなで万歳!!お祭りでした。
でも、なんだかんだで面白かったです。
| mariyon | 2012/05/04 9:36 PM |
■itukaさま
目を見張るCGに爆破シーン、あのラスト、数々のつっこみどころに至るまで、すんばらしくアメリカ映画でした。
妙な兵法を持ち出す所とか。。。ww
でも、嫌いじゃないです。痛快でした、はい。

最後のおまけの前に、エイリアン達の処遇が気になりますよね。遺体は研究材料にされちゃうだろうし。。。。生き残ったエイリアン達は(1人かも)ポールのような結末を迎えるのかしらとかとか・・・。
だって、あれだけの技術を、ほおっておくはずがないし、これをアメリカ政府だけのものにしたら、世界の武力の均衡が崩れる。もう、大問題をはらんでいる気がして。。。
って、ここは、やっぱ、スルーの個所でしょうか?
| mariyon | 2012/05/04 9:42 PM |
こんにちはw
そそそ、バリアーによる孤立無援の演出は巧かったですよね。
いろんなカタチでの軍人さんの使い方も巧かったし、なにより「バトルシップ」とは何ぞやってトコが一番巧かった。

もう少し侵略者を理解出来れば良かったのだけど、この先に話ですかね?続編は無い方が良いと思うんだけど。
| たいむ | 2012/05/05 8:58 PM |
■たいむさま
いやぁ〜、続編はいらないですよねーー。
この後って言うと、問題やまずみ、突っ込み満載ですからw
続編ではバリアーの中の戦いもできないだろうし。

たいむさんが書いてらした、通信機をこわされたエイリアンがそれで引き下がるはずもないってのも。。。わかります。
今度あの技術で来られたら、もうひとたまりもない?
まあ、エイリアンの星はむちゃくちゃ時間がゆっくりで、今度来るときは、100年後くらいになってるなら大丈夫でしょうか?
| mariyon | 2012/05/06 11:20 AM |
生き残りとか、そう言う細かいとこは見ないことにしましょう!突っ込みはとにかく封印しました。
・・もう突っ込みだしたら、きりがない。。

>そして、リーアム父さん、チキンブリトーのくだりで、
彼のポイントをあげるって、信じられない。
はははは!あれで惚れる女も女だなあですよ。

アタシは、スカルスゲルド・ジュニアの男前ぶりを堪能できましたらあたりが満足っす。
| sakurai | 2012/05/07 7:30 PM |
■sakuraiさま
こんだけ大真面目にバカやってくれると
突っ込みも封印されちゃうかもです。
でも、楽しめました。

>あれで惚れる女も女だなあですよ。
ですよね〜〜。頭が良くて、美人、父親も立派な人間。。。
(たぶん家柄もいい?)。。。そう言う女性ほど、とんでもない男に惹かれる典型??って、そういう話じゃなかったんでしたっけ?ww
| mariyon | 2012/05/08 8:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「バトルシップ」みた。
冒頭のあまりにおバカな展開から一気にハードルを下げたこともあり、中盤での真打ち”バトルシップ”の登場のあたりからぐぐっと高揚しはじめ、最後はすっかり楽しくなっていた私だった。戦艦と駆逐艦の違いすら良く
| たいむのひとりごと | 2012/05/05 8:59 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アメリカの近代史「 アイリッシュマン」
    mariyon (03/06)
  • 引き込まれる映像「1917 命をかけた伝令」
    mariyon (03/06)
  • アメリカの近代史「 アイリッシュマン」
    ituka (03/06)
  • 引き込まれる映像「1917 命をかけた伝令」
    ituka (03/06)
  • 有名過ぎるあの「CATS」
    mariyon (02/10)
  • 英雄一転「リチャード・ジュエル」
    mariyon (02/10)
  • 王道ミステリー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
    mariyon (02/10)
  • 英雄一転「リチャード・ジュエル」
    ituka (02/10)
  • 有名過ぎるあの「CATS」
    ituka (02/10)
  • 王道ミステリー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
    ituka (02/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ