茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 2回目観賞「ドラゴンタトゥーの女」 原作との違い | main | 辛い時代も、現代も「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 >>
とことんぜいたく「アーティスト」

にほんブログ村 映画ブログへ 


サイレント映画を劇場でまともに観たことはない。
チャップリンもビデオか昔のTV映画だし。
この映画がはたしてサイレントと言えるかどうかはともかく
セリフがなくとも、感情は充分伝わってきた。

 クラーク・ゲーブルが初めて好きになったハリウッドスターだ。
(もちろん風と共に去りぬのリバイバル)
そのゲーブルにそっくりのジャン・デュジャルダンは、
なんて白黒の画面があうのか。
トーキーの波に乗り遅れ、家も家財も手放しすっかり落ちぶれた
かってのトップスターと、彼のファンでもあった新人女優との純愛。
お話は単純かつ明快。
古き良き時代の映画の王道。
舞台劇をみているような気分だった。

もちろん、同じような映画は流行らないだろうけど、
これが、妙に、新鮮で面白かった。
音のないぶん、役者の演技はまた違ったものにならざるを得ない。


ぺピーが楽屋でジョージの服に半分袖を通して
彼を思うシーンはほんと素晴らしかった。

それにしても、どんな色でも音でも、3Dでも何でもできるデジタル時代に
昔では絶対だせない美しいグレースケールと、しかもセリフのない無声映画
(と、言いつつ、音を効果的にいれていたりする)

ある意味、なんと、まあ、ぜいたくな映画だ。

| 2012年映画 | 17:10 | comments(8) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 17:10 | - | -
コメント
アカデミー作品賞を獲った映画の割には観客が2割程度しか入ってなかったです。
意外に客入り少なかったので「あれれ?こんなもん?」でしたよ(苦笑)
最初はモノクロサイレントじゃな〜。。。
なんて一抹の不安(たぶん寝るかも)があったんですが、まったくそんなことなく
逆に無音なので画面に集中できました(*^-゚)vィェィ♪

サイレントに慣れだした頃の“音入り”には「お〜!やるじゃん!」でしたよ。
サイレント映画ばかり出てるから声が出なくなっちゃったジョージ。
あそこの悪夢シーンは、ほんと秀逸でした!

ラストもまさかの期待通り(本人たちの生声)の展開になってくれて嬉しかった〜(笑)
| ituka | 2012/04/12 12:15 AM |
映画の王道!でしたね。
リアルタイムのサイレントじゃなく、作らせていただきました感たっぷりな感じ。
なんでもあるのに、あえて自分を戒めたみたいなストイックな余裕みたいなもん?その辺が贅沢なのかもね。

とにかく私のつぼにはまりまくりでした。
いいもん見せてもらったわあ。
私、ワンちゃんにははまらないようにしてるのですが、今回はあえなく撃沈でした。やられた・・。
| sakurai | 2012/04/12 8:02 AM |
■itukaさま
レディスデイでしたが、比較的年配のお客様が多かったです。けっこう、連れ立っていらしてましたよ。わたしの隣なんて、6人グループ。
やっぱり、サイレント時代を思い出してみたいな感じなんでしょうか?
あまり映画を観ない若者なら、同じお金を出すならハリウッドの超大作って感じなのでしょうか?
まあ、今年1本しか観れないと言われたらこの映画を観たかどうかは自分自身も疑問です。

サイレントの悪夢のシーンは、特に効果音がすごかったですね。コップを置く音にはドッキリしましたから。
こういう見せ方も、現代ならではですよね。
| mariyon | 2012/04/12 8:17 AM |
■sakuraiさま
まさに王道!
予告でぺピーが新人から主演女優になって、ジョージが落ちぶれるのがわかっていたんですが、ジョージが彼女を押し上げてやるみたいな話かと思っていました。
それが、彼女は自分の力だけでスターになるって言うところも、ほんと良かったです。

画面もモノクロにぴったりの、美しい映像でした。
| mariyon | 2012/04/12 8:21 AM |
音声のあるなしでだいぶ違うものですよね。
イイモン見せてもらったなとは思いますが、ずっとこれだとキツイなぁと思ったりも。
3Dが良いとは思わないけれど、今の時代に生まれて助かりました(笑)
| たいむ | 2012/04/13 10:55 PM |
■たいむさま
たいむさんは、ダメでしたか?
たしかに、こればっかりじゃ、絶対無理です。
柳の下はありえないですが、新鮮さともの目づらしさで
ほんとうにいいものを観た気分でした。
映像も昔と違っていますしね(笑)

>今の時代に生まれて助かりました。
ほんとにーーーー。
| mariyon | 2012/04/14 9:35 AM |
何もかも与えられるのではなく、足りない部分を補おうと想像力を働かせる楽しみ。
3D流行りの今だからこそ、の贅沢さですね。

私はかなりツボに嵌って、おそらく今週もう一度観に行くことになりそうです(笑)
| あみ | 2012/04/23 11:24 AM |
■あみさま
3Dまであるなか、白黒の上に、せりふまでけづった映画。これは、今の世の中だからこそですよね。

あのグレーの映像。。。たぶん、あみさんはお好きだろうなぁ〜〜と。それにしても、これでちゃんと飽きないで最後まで見せる、監督手腕、すごいです。
| mariyon | 2012/04/23 5:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/860
トラックバック
アーティスト
評価:★★★★【4点】(18) 内容はいたってシンプル。でも、そこがいい!
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2012/04/11 11:37 PM |
アーティスト
文句なし!こういう映画が見たかった。
| 迷宮映画館 | 2012/04/12 8:03 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    mariyon (10/09)
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    ituka (10/08)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    mariyon (10/06)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    ituka (10/06)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    ituka (09/27)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    ituka (09/27)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ