茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< ほのぼの「僕達急行A列車で行こう」 | main | 主旨は?「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」 >>
面白かった!「スーパー・チューズデイ〜正義を売った日〜」
にほんブログ村 映画ブログへ 

アメリカ大統領選の舞台裏を描いたサスペンスってことだけど、
政治に信念を持った青年が、
その世界の駆け引きで怪物に変化していく
その変化の一瞬をとらえた作品。
むちゃ見応えあった。

若くして、大統領選挙戦になくてはならないほどの
力量を持つスティーブンは
敵方陣営から密会をもちかけられ、敵方のスタッフと会ってしまう。
この小さなミスが、彼の人生のすべてを変える。

陣営のインターンの女の子から、ボスと言われて持ち上げられ
付き合うようなったことでもわかるように、この密会も
すべては血気盛りの青年が、ちょっと大物になった気がしてのこと。
だが、この二つの出来事が、両極端の結果を招くとは・・・。

そして、忠誠心に重きを置くやり手の選挙参謀ポールをも
追いやることになるのだから。
このあたりの駆け引きが、ほんと観ていて面白かった。

大統領候補にぴったりのジョジクルが監督の映画。
(それにしても、彼は、政治色強い!)
参謀にフィリップ・シーモア、そしてライアン・ゴズリング。
彼はほとんど知らない役者さんだったので、
その分、よけいにリアルだったのかも。
とにかく3人とも芸達者。


フィリップシーモアさん、相変わらずうまい。
この粘着質な感じ、やっぱ、好きだなぁ〜(笑)

| 2012年映画 | 23:32 | comments(6) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 23:32 | - | -
コメント
ホント、面白かったですねー!
101分と言うコンパクトさも緊張感の持続にちょうど良くて、最後まで全く飽きませんでした。

冒頭のマイクテストでキラキラしていたスティーブンの瞳と、ラストのすっかり輝きを失った瞳の対比が印象的でした。
| あみ | 2012/04/03 8:01 PM |
■あみさま
そう、短いんですよねこの映画。
でも、短い気がしない。
アメリカの大統領選は、一つのビッグビジネスですから、それに群がる輩も半端ないわけで、勝ち進んでいくうちにとんでもない怪物が出来上がる。あれだけ、モリスに傾倒していたスティーブンが、あそこまで非情になっていく・・・。
容赦なく切り捨て、とってもやり手のシーモアおじさんが、しごくまっとうに見えてくるほどでしたねぇ〜。
見ごたえありました。
| mariyon | 2012/04/03 11:09 PM |
政治サスペンスは好きですが、これは本当に面白かったです。
美味しい話には裏がある?
ライアンくんはタイミング外しちゃいましたね。
でもタダでは転ばなかった(笑)

フィリップも嵌められたのに、最後の台詞が心憎い^^
あそこで観客の心つかんだ感じですかね〜(笑)
| ituka | 2012/04/04 12:04 AM |
■itukaさま
ライアンくんが「君はミスした、だからここを去らなくてはならない」と言うところ、自分に跳ね返ってくるなんて微塵も思っていない。
全編なかなか良くできていて、ほんとうに面白かったですよね。
こうやって、志ある人間も、染まっていく政治の世界。
どこまでがフィクションなんだろう?現実はもっとすごいかも。。。なんて思ってしまう作品でした。
| mariyon | 2012/04/05 3:52 PM |
こんにちは。
米国での政治の世界って、なんとなくわかる気がするけれど、赤裸々に見せつけられるとなると心底恐え〜って思ってしまいます。

当選と落選ではまさしく天国と地獄くらい違いますもんね。目の色を変えて、手を汚してまでもって心境に陥ってしまう過程が面白くもあり、自分とは別世界に感じるところでした。
| たいむ | 2012/06/20 11:01 PM |
■たいむさま
現実の世界は、もっとひどいことがおこっているかも・・・
と思わせるくらい、絶妙なバランスでしたよね。
実話と銘打ってあっても、おかしくない話でした。

>当選と落選ではまさしく天国と地獄

政治家さんって、大変な職業だと思います。
世なのかを変えたいと志を持って、政治家になっても、
4年に一度の保身をはからねばならない。
そのためには、志より自分の身のほうが大事。
知人に1人いましたが、選挙の前の1年間くらいは、
そのことしか考えていないように見えましたから・・・・。

| mariyon | 2012/06/21 9:43 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/856
トラックバック
スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜
評価:★★★★【4点】(P) ジョージ・クルーニー監督作品としては最高傑作!
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2012/04/03 11:33 PM |
「スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜」みた。
ジョージ・クルーニーの監督作品。ジョージのシリアス系作品は小難しい上にトーンが低くて、下手をすると付いていけずに睡魔に襲われてしまう傾向が私にはあり、というか嘗て「シリアナ」では敗北宣言したというトラ
| たいむのひとりごと | 2012/06/20 11:02 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    ituka (11/09)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    ituka (11/09)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/21)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    開けゴマ (10/19)
  • もっと名曲に浸りたかった「イエスタディ」
    mariyon (10/17)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ