茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< もうひと華ほしい「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 | main | ラストが秀逸!「ミッション:8ミニッツ」 >>
妻の立場「ツレがうつになりまして」

にほんブログ村 映画ブログへ 

ちょっと遅くなったけど堺さん目当てで観てきた。

うつ病って病名も、かなり市民権を得た感ありの病気で、
知人にもいるし、話も聞く。
心の病気だから、それは突然やってくるという。

だが、気持ちのどこかで、関係ないと思っている自分がいる。

映画はいろいろ考えさせられたし、
もし、自分の立場なら(もちろん妻の立場で)どうするかとか
どうしても、そっちを考えてしまったが
あんな風に、夫の病気に付き合えるのか?と思うと
それは、かなりむづかしい。

売れない漫画家さんで、その様子を描く、
そのかわいい絵はほんわかしてて、現実の鬱と言うものから
ワンクッションおいて見せてくれている。

そして、イグアナを飼っていたり、
ちょっと懐かしい平屋に住んでいたり、
そういったシチュエーションが心地よい。

「ツレがうつになりまして、仕事をください」
そう言い切るまでに、いろいろ思うことはあったと思う。
そう言える妻の強さが、2人がずっと夫婦でいることのできる絆だと思う。

誰しも、気持ちが落ち込む日はある。
でも、一晩は無理でも、何日かたって、
他の刺激を受ければ、落ち込んだことも忘れて浮上する。

それができない病気って、ほんとうに辛いと思う。

 

| 2011年映画 | 09:00 | comments(8) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | -
コメント
mariyonさん、こんにちはw
ただでさえ勤勉な日本社会。
今でこそ「ウツ」で休職もありえるけれど、昔はどこまで我慢していたんでしょうね。
原因が分かっていても、仕事となれば簡単には辞められないもの。
そこまで追いつめられる前に気が付いてあげたいところですが、いよいよとなった時、軽く「辞めちゃえ」って言えるだけ覚悟と勇気は持てるようにしたいなと感じます。
ついでも蓄えも(笑)
| たいむ | 2011/11/06 3:46 PM |
■たいむさま
真面目ですよね〜日本人。
仕事が原因とわかっていて、たとえ仕事を辞めたとしても
すぐによくなるものでないと言うのは辛い。
ストレスで胃腸を壊すのも大変だけど、心を病むのは
なかなか周りに理解してもらえないぶん、
そばで支える人間も大変です。

昔、旦那が仕事のストレスから胃潰瘍になった時に
「辞めたら?」とは言えなかった。
すっかり落ち着いてしまった今なら言えます。
でも、子供が小さかったり
生活がまだまだおちついてなかったりすると、
その覚悟って、なかなか大変です。
| mariyon | 2011/11/06 4:43 PM |
藤原紀香と原田泰三のHNKTV版を見た時は、ふーんと思ったんですが、去年結構つらい目にあったので、他人事ではなくなっていて見に行くとつらそうです。

生活が懸かっていたらはたしてやめたらと言えるかは考えます。

堺雅人さん見たいんですけど、TVに降りてくるまで待ちます。
出来たらお茶の間で見たい映画です。
| ごまままご | 2011/11/06 7:07 PM |
もう随分前のことになりますが、友人の妹さんが10年程うつ病を患った末に自殺してしまいました。
幼馴染だったので妹さんのことも子供の頃からよく知っていました。
うつ病だと言う事は友人から聞いて知ってはいたのですがやはりどこか人事のように思っていて・・・
私は何も力になることが出来ませんでした。

数年前に夫が仕事を辞めはしないまでも移動を願い出ようか悩んでいて、
「移動したらもう一生ヒラだぞ」と言われた時に「いいよ」と即答出来たのはこの時のことがあったからかもしれません。

なんて言いながら今頃になって
「やっぱりもう少し我慢してもらえばよかったかな」
などと思ったりしてます(笑)
| あみ | 2011/11/06 7:18 PM |
■ごまままごさま
ストレスの原因がはっきりと仕事だと言えて
なおかつ、診断書が出るなら、休職もできますよね。
もし、そうなったら、まずそれを進めます。
生活のことも大きいけど、
本人が嫌で仕方がない職種ならともかく、
それに誇りを持っている場合など、なかなか「やめろ」とは
言えないですよね。

映画は、ほんとうに、うまく作ってあって
そう、つらい感じはしなかったです。
そのぶん、ほんとうに「鬱」と向き合っている人には
現実はこんなものじゃないという気持ちが残るかもしれません。
| mariyon | 2011/11/06 10:36 PM |
■あみさま
直接的な知人はいないんですが、間接的な話はよく聞きます。
むかし、同級生もそれで亡くなりました。

恐ろしい病気ですが、
ほんとうに恐ろしいのは、周りに理解してもらいにくいということだと思います。

あみさんの決心はすごいです。
妻の支えってそういうとこに一番現れるんでしょうから。

10年前胃潰瘍になった旦那も今では
「ストレスのないのがストレスだ」などと言っていますので
上司や部下にストレスをためている方がいるのではと
そっちが心配です。
| mariyon | 2011/11/06 10:42 PM |
昨日、やっとギブスとれました!!
お!久しぶり、あたしの手!みたいな・・。
びろうですが、垢がいっぱいだった。まだあたしも新陳代謝あったみたいです。
やっと、キーボードを並みに打てますわ。

そのご、本は見ました?
もう立ち読みですぐに読めるようなボリュームなんで、是非。
そのくらいの感覚だったんですよね。
ドラマも方もそう言うタッチだったし。。。
ひとえにこの監督さんのカラーですが、女性監督あたりに撮ってもらいたかったなあと言うのが、希望ですわ。
荻上さんあたり。

そういや、あたしも一度おかしくなったことがある・・のを思い出しました。
話せば長くなりますが、大学卒業して、仕事も無くいろいろと模索してた時。。。
人生、何あるかわかりませんからねえ。
でも、基本生真面目じゃないんで、だいじょうぶ!!
| sakurai | 2011/11/09 8:03 AM |
■sakuraiさま
なにはともあれ、おめでとうございます!!
久々の対面に感動??(笑)
日常生活に左手とはいえ、むちゃくちゃ不便ですもの。

本!!読んでみます。絶対。
あのほんわかした感じの絵柄は好きです。


>一度おかしくなったことがある・
え〜〜、sakuraさんの文面(ブログやコメント)を読んでて
そういうことを感じることは全くないです。
若いころは、精神が不安定になることってありますが
この年になると、さすがに同じません(笑)

わたしも、25年ほど前、仕事のストレスでおかしくなって
結局、胃炎で入院しました(-_-;)
胃を壊さなかったら、心の病気になっていたかもです。
| mariyon | 2011/11/09 9:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/798
トラックバック
「ツレがうつになりまして。」みた。
宮?あおい&堺雅人が再び夫婦役で見られるということで楽しみにしていた一作。”鬱病”を扱っているため軽いノリというわけにはいかないけれど、あたたかな夫婦愛の物語で、たしかに「この秋、いちばんやさしいラブ
| たいむのひとりごと | 2011/11/06 3:33 PM |
ツレがうつになりまして。
やけに感動大作ものに仕上がってた。
| 迷宮映画館 | 2011/11/09 8:04 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    mariyon (10/09)
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    ituka (10/08)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    mariyon (10/06)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    ituka (10/06)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    ituka (09/27)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    ituka (09/27)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ