茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 茅ヶ崎お店102・ランチ「欧風食堂 カンティーヌマシュー」 | main | 山田くん目当て!「アンフェア the answer」 >>
期待値高すぎた?「ゴーストライター」

にほんブログ村 映画ブログへ 

実はちょっと前に、公開遅れの京都で見たのだけれど、
すっかりアップするのを忘れてた…(-_-;)

いったい、何がいけなかったのか、
ユアン君だし、ポランスキーだしで
がっつり期待して臨んだのに
前半、ちょっと…いや、かなり落ちてしまった。
そう、眠かったのだ。

元首相の自叙伝のゴーストライターを引き受けたユアンくんが
その前任者の不可思議な死と、
元首相の政治スキャンダルに翻弄されていく様を描いた
サスペンスミステリー。これは期待!!!だったのに
絶対好きなタイプの話で、わくわくして観ていたはずが…
不覚の寝落ち。。。(-_-;)
ストーリーが見えないとかそういうのはないけど
雰囲気を味わえずじまいだった。

その分、突っ込みどころに目がいっちゃって・・・。
たとえば、前任者の資料が都合よく見つかるところとか、
海流の話をする漁師がよそ者にぺらぺらしゃべるとことか・・。
あの海辺の別荘もアメリカには見えなかったなぁ〜。
(もとよりアメリカでの撮影は無理だろうけど)


やることなすこと、なんとなくうまくいかない。
どこをそうすればなんてのはないのだが
なんとなく不味い状態が続き、すっかり深みにはまってしまう。
嫌がおうもなく巻き込まれる主人公は
名前すらなく、ただただ、不気味な予兆で動かされていく。

ひとつひとつのエピソードが
うまく自分の中でつながらなかったのと
ユアン君がライターに見えなかったのが
映画を楽しめなかった敗因かも。

ラストの思わせぶりなのも、好きになれない。
個人的には、なんかすっきりしない作品だった。

| 2011年映画 | 10:59 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 10:59 | - | -
コメント
落ちましたか〜(爆)
こういう映画は雰囲気を楽しめればいいかな〜くらいの
軽い気持ちで挑んだのが功を奏して
ワタシはそこそこ楽しめました(笑)
色を落とした撮影はアメリカには見えず、ロシアか北欧系?
話し的にもそちらの国の方がしっくりくるんですけどね^^;
| ituka | 2011/10/14 11:55 PM |
■itukaさま
監督的にアメリカは嫌いなんでしょうね。
アメリカで撮影なんてできるはずもないし・・・。

>雰囲気を楽しめればいいかな〜
そうなんです、雰囲気を楽しむ映画ですよね。
けっこう体調もばっちりだったのに、なぜか眠くなってしまったんです。もう一度DVDで見たらまた違う感想をかけるかもですが、雰囲気に入り込めなかったぶん、あらが目立ってダメでした。
| mariyon | 2011/10/15 10:32 PM |
ポランスキーは80年以後の作品をほとんど観ていないこともあり、あまり期待せず観たのが良かったのか、私はとても気に入りました。
仰る通り突っ込み所も多いですが、それ以上にこの作品の持つ空気に惹かれてしまいました。
| あみ | 2011/12/27 10:12 PM |
■あみさま
そう、その空気っておっきいです。
ポランスキーは嫌いな監督ではなく、
どちらかというと、引き込まれる感じの作風なのに
なぜに寝落ち???

いっそアメリカにこだわらず作ってほしかったですね。
アメリカと決別できないところも、監督風?
| mariyon | 2011/12/28 6:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ