茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 感じる映画「ツリー・オブ・ライフ」 | main | 大人のR15「メカニック」 >>
働くママさんもそうでない人も「うさぎドロップ」

にほんブログ村 映画ブログへ 

松ケン目当てで初日に鑑賞(笑)
同じ目的の人も多かったみたいで、
土曜午前かなりの混み具合。

どうして、松ケンことダイキチが
6歳の子供を引き取ることになったのか?そこがちょっと弱い
けど、
1人暮しの社会人と6歳の少女の共同生活。
まわりの人間もとても温かくって、意地悪な親戚や子供もいない。
ほっとなごむ1本である。

 押しつけられたわけでもなく、
友人関係や仕事に問題があって
寂しそうな子供をほおっておけなかったとか、
そういうことでもない。強いて言えば、
母親の「わたしが今まで子育てでどれだけ自分を犠牲にしてきたか」
と言う、一言がショックだったのか?

単なる勢いで、おじいちゃんの隠し子を引き取ることにしたダイキチだが
(自分にとっては叔母)
子供と一緒にいることで、大切な何かを見つけ、癒されていく。
まあ、予想された展開だけど、それが心地よい。

ただ、子供を抱えて毎朝仕事前に走るってのは、
まあ、いくら男でも、短期間でも無理。
お迎えはしかたないけど
走らないで済むように、もっと早く家を出るだろうなぁ〜。
わたしなら、駅から保育園まで靴を買う前に自転車買うな(笑)。

働く子育てママさんが見たら、
激怒しそうなくらい恵まれた人間関係。

子供が居なくなったからと言って
会社の人間が遠くまで皆で探してはくれないだろうし、
モデルの仕事に穴はあけれないだろうなぁ〜。

でも、働きながら子供を育てるって、
周りの人たちに助けられ、迷惑をいっぱいかけていたなぁ〜
なんて、しみじみと思い出してしまう。
24時間保育の保育園は働くママのお助け施設ではあるけど、
残業を終えて息子を迎えに行くと、
1人か2人でポツンと待っていたっけ。

でもって、子供は熱を出す、病気になる、
それはどんなに物分かりの良い子供でも仕方がない。
出張のたびに必ず熱を出した息子、
結局、会社は辞めることになったが、
子育ては、もっとはるかに大きなものをもらった気がする。
(あのまま会社に居たら、早かれ遅かれ胃潰瘍で入院したと思うし)

芦田愛菜ちゃん(ちょっとできすぎ?)と松ケン、
配役としてなかなか良かったのでは…と思うのは
原作未読だから?

脇キャラもいい感じで、
たとえば、普通のおにーさんなんだけど、GANTZやZEROのイメージ強くって、
子供をどこに連れていくんだ?とちょっとドキドキしちゃう綾野剛とか、
お節介に思えるケアワーカーさん高畑さん。
「犬猫の子供と違う、邪魔になったらどうするの」と言う言葉も納得できる。


ダンスシーンは原作にはないそうだけど、
あれはファンサービスとしては最高!!
さすがSABU監督!!


 

| 2011年映画 | 15:56 | comments(6) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 15:56 | - | -
コメント
最近、映画館まで足を運んで観たい!と思う映画がなかなかないんですけど。。
これは、観てみたいかな〜・・ってちょっと思いました。
でも。。大きなスクリーンでないと、っていう映像ではないですかね?
ちょっと待ってDVDレンタルまでガマンしようかな??
でも。。たまには、観に行こうかな?迷います!
| 湘南です♪ | 2011/08/21 12:31 AM |
予告で見て、面白そうだなと思いました。

これも夏休みのお子様映画の延長…風ですが、
行けたら行きたいなーー。
| ごまままご | 2011/08/21 8:41 AM |
■湘南さん
お久しぶりです〜〜。
たしかにDVDでもいいんですが、でもって、いろいろ突っ込みどころもありますが、観てて、あったかい気持ちになれる作品です。
今の時期には、いいんじゃないかと思います。

まあ、マツケンのアップを劇場で観たかっただけですが(笑)
あっ、ダンスシーンにやられました。
| mariyon | 2011/08/21 4:38 PM |
■ごまままごさん
これも、まあ、お子様映画ですよね。
芦田愛菜ちゃんだし。
現に子供連れのお母さんもいらっしゃいましたし、
隣は中学生の女の子達でした(笑)。
でも、子供を育てる気持ちを思い出せたし
マツケンも拝めたし、ちょっと映画に飢えているんで
劇場に通うだけで嬉しい今日この頃です、はい。
| mariyon | 2011/08/21 4:45 PM |
こんにちはw
現実はもっと厳しいぞ!って感じなんだけどねー(^^;
雰囲気がいいから「まぁいいか」って気になります。

私も原作未読ですが、アニメは視聴中。
松山くんと愛菜ちゃんはまずまずと思いますよ。
松山くんは、自分の子供とか欲しくなったんじゃないかな?とか思ったり。(小雪さん忙しそうだけど)

本当にジイちゃんの子供みたいなのはビックリ。
いろいろ補完して欲しい感じだけど、そこは原作に走るしかないのかな?
| たいむ | 2011/08/26 6:57 PM |
■たいむさま
原作ファンにはいろいろ不満もあるかもしれませんが
映画だけで言えば、突っ込みどころを補っても
この2人のキャラは、あったかくって良かったと思いました。

マツケンの子供…。若いパパも似あいそうですよね。
ただ、あんまり、早く落ち着いた役が似あう役者さんになって欲しくないような気も…(-_-;)
| mariyon | 2011/08/26 9:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「うさぎドロップ」レビュー
映画「うさぎドロップ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ、佐藤瑠生亮、木村了、綾野剛、高畑淳子、池脇千鶴、風吹ジュン、中村梅雀、他 *監督:SABU *原作:宇仁田ゆみ 感想・評価
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2011/08/21 6:17 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アメリカの近代史「 アイリッシュマン」
    mariyon (03/06)
  • 引き込まれる映像「1917 命をかけた伝令」
    mariyon (03/06)
  • アメリカの近代史「 アイリッシュマン」
    ituka (03/06)
  • 引き込まれる映像「1917 命をかけた伝令」
    ituka (03/06)
  • 有名過ぎるあの「CATS」
    mariyon (02/10)
  • 英雄一転「リチャード・ジュエル」
    mariyon (02/10)
  • 王道ミステリー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
    mariyon (02/10)
  • 英雄一転「リチャード・ジュエル」
    ituka (02/10)
  • 有名過ぎるあの「CATS」
    ituka (02/10)
  • 王道ミステリー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
    ituka (02/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ