茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< まさにマネーゲーム「ウォールストリート」 | main | 茅ヶ崎のお店95・ランチ「快飛 ラスカ店」 >>
静かな戦争映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」

にほんブログ村 映画ブログへ 

サイパン島での戦い。
大昔、サイパンに行ったときに、現地のガイドに人が話してくれたっけ?
でも、大場大尉の話は聞かなかったような気がする。

自分の所属していた師団が壊滅したあとも、大場隊は残った兵と
タポーチョ山でゲリラ化してアメリカ軍と戦う。
その巧妙な戦方法にアメリカ軍からも「フォックス」と呼ばれたと言う大場大尉。
戦争映画はなんだか、とっても不毛な気持ちが残って
なかなか観に行く気にならないのだが、
山田くんも見たかったので頑張ってみてきた。

 戦っている大場大尉はじめ野営している人間のほとんどが
これから先どうなるかわからず、
アメリカ兵に捕まれば何をされるかわからない。
そう信じている人間にとって投降なんてとんでもない。
日本が負け戦争が終わったのだから降伏するのが当然。
せめて、民間人だけでも早く投降させるべきだろう…。
見ているほうは、日本の敗戦もそれから先のことも知っているわけで
どちらかと言えば、アメリカ軍の気持ちだ。
やっと、山を下った大場隊の刀を渡す儀式は
(これは実話のままらしい)
まるで、土着民を理解しようとする先進国の考え方。

もちろん、映画の中のように、きれいごとだらけだったとは思えない。
アメリカ兵に殺されたり、暴行された日本人もいただろうし、
仲間を殺されたアメリカ兵が、日本兵にあそこまで寛容になれただろうか?
なんて、見方もしてしまう。

大場大尉は軍事裁判等で戦犯として処刑されなかったのか?
山田くん扮する木谷曹長はサイパン島でその後どうなったのか?
(その後横井さんとして日本に帰還?あっ、グアム島だった)
あの赤ん坊は、なぜ、成長が止まっていたのかとか?
まあ、いくつか疑問は残しながらも、
映画の作り方は戦争映画にありがちな
これでもかというような殺戮シーンがなかったし、
やりすぎの泣かせどころもなかったのがよかった。
特に、新しくつくろってもらった服を着て
一糸乱れずに山を降りる兵の姿には感動する。

おまけの感想としては…
竹之内君(もうクンなんて言えない?)のやせ型は凄味があった。
唐沢さん。。。実は、ほとんどわからなかった。(うまいです)
山田くん…けっこう重要な位置にいたのに、影が薄かった。
阿部サダさん…相変わらず上手い。
役者さんの演技を見るだけでも価値あり。

 

 

| 2011年映画 | 19:20 | comments(4) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 19:20 | - | -
コメント
私も横井さんを思い出しましたよ(笑)
横井さんは戦争が終わっていたことも知らずにいたわけで、大場チームももしかしたらそうした可能性があったのかもって思いました。
本当の情報ってとても大事ですよね。

戦争映画ではあるけれど、別の一面、生きるための戦争を見た気がしました(^^)
| たいむ | 2011/02/16 7:33 PM |
■たいむさま
あのジャングルのなかでは、何が真実で何が嘘なのかなんて本当にわからないですよね。
あのままジャングルに住み着いて横井さんや小野田さんのようにロビンソンクルーソーのような生活だったのかも・・・。なんて思いました。
大場大尉のその後は、ちょっと驚きました。会社経営に議員さん。でも、きっと、まっすぐな人だったのではないかと思います。

プライベートなんとかのような、殺戮戦争映画をおもうと、ずっといい話だったように思いました。
| mariyon | 2011/02/17 12:07 AM |
最近、山田君見ると、mariyonさんがリンクされるsakuraiです。
これ見ていたときも、山田君らしいんだけど、いまいち活かしきってないなああ・・・mariyonさん、どう思うんだろう?と、思い浮かべてたんですよ。
そのことが表すように、いろんな人をあまねく描いて、意固地な軍人も、理解あるアメリカ兵も、ステレオタイプの日本人も、サービス精神旺盛!おかげで、一人一人のキャラが薄くなったかなとも感じてしまいました。
ああやって、小野田さんみたいになったんでしょうかね。

横井さんは、戦争終わったのは知ってたみたいだったと記憶してます。生活力あって、横井さんの生活ぶりが、『科学と学習』(超懐かしい!!)の特集になってたのを覚えてますわ。

是非若い人に見てもらいたい作品ですが、やっぱ戦争もんだって言うとひいちゃうかな〜。やっぱニノですかね。
| sakurai | 2011/02/19 8:01 PM |
■sakuraiさま
山田君映画。。。。うぅ〜ん、これからですよーー。今年は(爆)。

なんてことはともかく、ほんと影が薄くてびっくりでした。
まあ、竹ノ内大場大尉は素晴らしかった。あの時代に兵隊さんを知っているわけではないですが、昔の写真を見るようななりきりぶりでした。

横井さんが先で、小野田さんが後でしたっけ?
でも、隊のなかにいるより、1人で自力で生活するほうが、彼らにとっては幸せだったんかも・・・。


若い人に見てもらう。。。ニノでしょう(笑)
まあ、ニノでなくても嵐?
ぜんぜん関係ないですが、舞台挨拶付き試写会のヤフオクの値段が、GANTZはノルウェイの10倍だったとか…。
| mariyon | 2011/02/19 10:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」みた。
出来ることならば、ED前に”その後”を少しでも入れてくれ欲しかったな。米軍士官を唸らせるだけの器量を持った大場大尉だけど、指揮官だったしちょっぴり心配しちゃった。だから帰宅して直ぐにググッってウィキっ
| たいむのひとりごと | 2011/02/16 7:31 PM |
太平洋の奇跡 〜フォックスと呼ばれた男
四面楚歌作戦は、効くなあぁ
| 迷宮映画館 | 2011/02/19 8:02 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アメリカの近代史「 アイリッシュマン」
    mariyon (03/06)
  • 引き込まれる映像「1917 命をかけた伝令」
    mariyon (03/06)
  • アメリカの近代史「 アイリッシュマン」
    ituka (03/06)
  • 引き込まれる映像「1917 命をかけた伝令」
    ituka (03/06)
  • 有名過ぎるあの「CATS」
    mariyon (02/10)
  • 英雄一転「リチャード・ジュエル」
    mariyon (02/10)
  • 王道ミステリー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
    mariyon (02/10)
  • 英雄一転「リチャード・ジュエル」
    ituka (02/10)
  • 有名過ぎるあの「CATS」
    ituka (02/10)
  • 王道ミステリー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
    ituka (02/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ