茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 呪い?またも不具合PCライフ | main | 茅ヶ崎のお店「濱蔵 茅ヶ崎店」その3 >>
言葉の洪水「ソーシャル・ネットワーク」

にほんブログ村 映画ブログへ 

ゴールデングローブ賞4冠、水曜日のマイカル、案の定混んでた。
偶然、一つ隣の席に1人、後ろの席に2人、
なんと、映画サークルの友人に会う(●^o^●)
う〜〜ん、さすがに話題作。

インターネットを自宅で使い始めたのは10年ちょっと前。
もちろん、ダイヤルアップで。
この、若き天才児がこのフェイスブックを立ち上げたのはわずか7年前のこと。
まだまだフェイスブックは増殖を続けている段階なのに、
こうして映画にまでなってしまう。
IT社会のスピードは伝記映画まで早いのか?
でも、大昔の企業の創始者の話とは違って、むちゃくちゃタイムリーだし
IT産業の起業の様子など興味深々。面白かった!

今、こうして当たり前のように使っているネットって
もともとは軍事目的で作られたものだそうだ。
それが、Windowsの世界的なヒットから進化を遂げたわけだけど
まだまだ、この世界は寵児を産み、育て、そして怪物化させていく。

大好きなフィンチャー監督の映像と、この高速回転のような世界
早口でしゃべりまくる宇宙語のような言葉の洪水。
会社を大成功させた成功者が、それを作るために起こした軋轢の訴訟。
しかも、それは裁判にもならず、和解で決着。
物語としては、なんて言うこともない。
ただ、これが5億人ものネットワークに発展させた
若干二十歳の若者の話だというとがらりと変わってくる。

映画のほとんどは、とにかく、会話、会話、会話。
しかも、専門用語がとびかい、
ソースとコードを打ち込み続けるマークの映像。
なのに、それが、飽きない。
なぜなら、難解なことを言っているようでありながら、
システムを説明し、フェイスブックが何たるものなのかを知らなくても
きちんと理解できるような映画の作りになっている。
監督お得意のカットバックも、いつもよりわかりやすい。

会話ばかりと言ってもその時々によって全く違う。
フェイスブックを作る起爆剤となったという
彼女と別れることになった、コミュニケーションがまったくとれない会話。
サイトを立ち上げるための友達とのディスカッション。
エドゥアルドがアルゴリズムを窓に描くシーンは秀逸。
親友とも話がかみあわなくなって、自分の考えを誰かと共有したがっていたときに
はじめて話題を共有できた喜びに目を輝かせる、ショーンとの会話。

そして、カットバックの合間にあう、告訴の調停の時の
つまらなそうにしているマークと弁護士の会話。

本物のマークは人物はどんな人だろうと検索してみた。
どこにでもいそうな、アメリカの若者。


そして、こちらがナップスターの創始者、ショーン。
彼もまた、ネット社会の寵児だ。


この2人に比べれば、確かに双子のウインンクルボクス兄弟や
親友のエドゥアルドは普通の人間なのだろう。

ちなみに、マーク本人としては、この映画をどう見ているんだろう?
当初はかなり批判的だというニュースもあったけど
ゴールデングローブ賞もゲットして、宣材としてはすごい価値だと思うけど。

余談だけど、ホームページをちょこっとだけかじっている身としては
マトリックスじゃないけど、
すべてはソースコードだけで成り立っていることを
目の当たりにしているわけだけど、
このアルファベットの羅列だけで、サイトをすべて構築できる
プログラマーのすごさに日々感嘆している。
それを、まったく一から作った人々がいることにも…。

| 2011年映画 | 22:09 | comments(8) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | -
コメント
あたし、フィンチャー駄目なんすよ。
「セブン」見て、しばらく社会復帰出来なかったのが今もトラウマ。。。
多分、今の年で見たらそれほどショックはなかったと思うんですが、まだ青かったんだなあ。
なんでこんな映画を作れるんだ!って人間不信に陥ったのでした。それの後の「ゲーム」もとっても嫌いで、どうも苦手意識が強いのですが、だいぶ払しょくしてきました。
まだまだ好き!ではないですが。

わけわかんなとこは、見事にスルー。なるべく用語に引っかからないように見てました。
十分ついて行けましたが、やっぱ意味不明・・。
まるで違う世界・・。
自分がHP作ったとき、タグって一体???なんにもわからず作った自分をほめたい・・・。
でも、そろそろ閉鎖します。ブログばっかで、もうあっちは無理です。次の更新のときまでに卒業しますわ。

やっぱり人間ってのは、他人となんとかしてかかわりたい。どんなものも代わりにはならない。結局フェイスブックから生身の人間に会う手段になるんでしょうからね。
その辺の人間味を感じました。
| sakurai | 2011/01/20 8:46 AM |
■sakuraiさま
「セブン」がダメでしたか?
15年ほど前ですよね。あの頃、なんといってもブラッドにむちゃくちゃ入れ込んでいた頃だったので、予習のし過ぎで、初回からラストの段ボールに入っているものが予想できて、自分としてはかなり惜しいことをしたと思っています。トラウマになるくらいまっさらな気持ちで観たかったです。でも、セブンとはいかないですが、5回くらい観にっちゃいました。
それから、ずっと、フィンチャーファンです。「ゲーム」はあの落ちる瞬間のすべてが回想だと思うことにしています。
全部が好きとは言えないですが、とにかく作りが丁寧ですよね。

初めてHPを作ったときはCSSスタイルもなく、フレームで切ってました。HTMLの言葉も知らなかったんです。最近商用で制作しているので、ホームページビルダーから、アドビさんのソフトを勉強中。なもんで、今回、映画の中の用語が気になって、気になって(笑)


>結局フェイスブックから生身の人間に会う手段
実際のマークはどういう人間関係を構築しているのかはわかりませんが、最後のシーンは切なかったですね。

| mariyon | 2011/01/20 9:35 AM |
面白かったですね〜
マシンガントークにはちょっと待てって感じだったけれど、なんとかくらいつきましたよ。
もちろん字幕で観ましたけど、字幕文字数制限があるし、吹替えはどうなのだろうって思いませんか?

ネット社会になってこうした天才の孤独は増える一方かもしれませんね。凡人には関係ない話ですけど(^^;
| たいむ | 2011/01/20 5:51 PM |
マークの起業する部分もあれよあれよとトントン拍子でしたよね。
ワタシはそれよりも例のSNSを作るその早技に唸ってしまいました(笑)
そういうサイトを何もないところから作るのに
HTMLタグとスタイルシートCSSのどっちで行くんだろう?とかね^^
結局、早過ぎて訳わかんなかった(爆)

mariyonさんも右のリンクのサイトをデザインされてるんですよね^^
綺麗なサイトです。プロなんでしょうか?^^
マークのように裏コマンドとか使って一発変換とかするんでしょうか〜
| ituka | 2011/01/21 12:12 AM |
■たいむさま
最近、ハリウッド系で「ちょっとなぁ〜」が続いていたのですが、バーレスクからアンストッパブルときて、なんだか絶好調で嬉しいです(笑)

字幕どうなんでしょうか?どちらにしろ、かなりの専門用語が飛び交う世界なので、意訳も違訳も気にならないですが(笑)
わたしなんて、吹き替えだと、かえって頭に入ってこないかもしれないです。
文字で見ているほうがなんとなくわかる言葉があるような気がしました。

ネット社会に限らず、天才って孤独なんでしょうね。
彼らは、もし、こういう社会でなければ、別の形で頭角を現したかもしれないですものね。

| mariyon | 2011/01/21 1:55 PM |
■itukaさま
itukaさんはウエブの仕事をなさっているんですか?
わたしは、DTPデザインが専門でウエブは素人どーぜんです。裏コマンドどころか、普通にテンプレートを作るのも四苦八苦です。
お世話になっているクライントに頼まれて、見よう見まねでHPを作らせてもらっていますが、古いタイプのものはまだフレームのままになっていたりしますから…(-_-;)

>SNSを作るその早技に唸ってしまいました(笑)
ほんと、すごかったですよね、特に最初の女の子のランク付けのサイト。瞬時に立ち上げていましたよね。
ブログを書くのも、全部コードで書いていたところとか、ものすごく興味深かったです。
CSSが一般化したのは、日本ではここ何年かですが(そのため今頃お勉強しています)アメリカのCSSの歴史は意外と早い。
マークが最初にサイトを立ち上げるのがは2004年あたりなので、やっぱり、CSSをHTMLにリンクしているんでしょうね。
ただ、これだけ成長したのは、作りがしかっりしているのはもちろん、デザインが良くて使いやすかったんだろうと思うんですが、そのあたりは映画ではやってくれなくて残念(笑)

マークのようにに思いつき企業して、ビッグマネーにたどり着く。問題はやっぱ、その先でしょうか?

| mariyon | 2011/01/21 2:22 PM |
こんにちは。TB頂きました。

>余談だけど、ホームページをちょこっとだけかじっている身としてはマトリックスじゃないけど、すべてはソースコードだけで成り立っていることを目の当たりにしているわけだけど、このアルファベットの羅列だけで、サイトをすべて構築できるプログラマーのすごさに日々感嘆している。それを、まったく一から作った人々がいることにも…。

★私もちょこっとだけかじっている身ですので、この部分すごく感じました。無料でHP作成のお助けサイトを作っていらっしゃる方々に日々感謝している私です。ホームページの裏側のあの膨大なアルファベットの羅列を初めて見た時は何コレ状態でした。(^_^;)まぁ、今でもテンプレやテーブルタグをコピペさせて貰って使わせて貰っているだけなので、実際の所、何も分かっていないのですけどね。(~_~メ)だからこの映画は興味深く観ましたし、面白かったです。 
| ミスト (MOVIEレビュー) | 2011/01/27 2:04 PM |
■ミストさま
ありがとうございます〜。よろしくお願いいたします。

>ホームページの裏側のあの膨大なアルファベットの羅列
ほんとうにそうでした。

視覚的に移動したり大きくしたりでなく
コードの打ち込みですべてが決まるウエブサイトは
わたしにとってはほんとうにストレスの連続ですが
HPを作ってる時って、難攻不落のゲームでもやってる気分になります。

この映画に出てくるような天才さんたちが作った
ネットの世界は、まだまだおおきくなっていくんでしょうか?はぁ〜〜。(笑)
| mariyon | 2011/01/27 9:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/692
トラックバック
ソーシャル・ネットワーク
評価:★★★☆【3,5点】(14) アイディアこそ、その人に与えられた神からの贈り物
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2011/01/20 6:23 AM |
「ソーシャル・ネットワーク」レビュー
映画「ソーシャル・ネットワーク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ、ブレンダ・ソング、ルーニー・マー
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2011/01/20 12:20 PM |
「ソーシャル・ネットワーク」みた。
”フェイスブック”創設の裏にあった実話に基づき、創作を加えて制作された映画とのとこ。でも、ひとが語る証言の85%は誇張で出来ていて、残りの15%は虚偽であると作中でも言われているとこからも、決して真実
| たいむのひとりごと | 2011/01/20 5:37 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    ituka (11/09)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    ituka (11/09)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/21)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    開けゴマ (10/19)
  • もっと名曲に浸りたかった「イエスタディ」
    mariyon (10/17)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ