茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< アンディ・ラウ30周年記念コンサートのゲスト!! | main | 意外なめっけもの「バーレスク」 >>
役所さんの独壇場「最後の忠臣蔵」
 にほんブログ村 映画ブログへ

今年の時代劇のオオトリはなんと言ってもこれ!
岡ちゃんのサムライジャパンじゃないけど、まさにサムライ最後の映画。
もう少し、佐藤浩市の出番があってもいいんじゃない?
16年間耐え忍んだ2人のサムライの話のはずなんだけど
役所広治独壇場!もうちょっと、
寺坂吉右衛門の諸国を渡り歩いたエピソードが欲しかった。

ネタばれ有

大石蔵之助の隠し子を育てるために、討ち入りに加われなかった瀬尾孫左衛門。
彼の苦労と忠義の心は、ともすればあざといほどの泣かせどころ。
そうとわかっていても役所さんのうまさに引き込まれ、やはり、涙してしまう。

16年の歳月をかけて遺族を捜し当て、大石の命を果たした吉右衛門は
討ち入りを前夜に出奔した孫左衛門にであうが、
どうしてもそれを信じることができない。

そして、彼の秘密を探ろうとするのだが、
主の秘密を守るためなら、知己を切り捨てることもいとわない孫左衛門。
この2人の一騎打ち、いやぁ、これは見せ場十分。
でも、本音のところで、それまで、かなりおとなしい展開だったもので、
チャンバラシーンがあって、ほんとうによかったと思った。

お話のほとんどが、孫左衛門と内蔵助の娘、可音の話なのだが
外へ出ることもほとんどなく、他人と交わることもない。
育て親に恋心をもち、結婚などとてもする気にならないのも致し方ないというもの。
あの役所さんをライバルにしなきゃならない山本耕治も大変だが、
曲者の父親がそのあたりをうまくかわしている。

そして、孫左衛門の悲願かなって輿入りの夜。
わらわらと集まってくる元赤穂浪士たち。
いやぁ、これは、忠臣蔵の本編よりもはるかに忠義の話だった。

ラストはたぶんそうであろうとした予想どうりだったが
ただ、可音のことをほんとうに思うなら、
孫左衛門は生き抜いてやるべきだったと思う。
自分が結婚しなければ、孫左衛門は死ななかったと思って
夫のもとで幸せをを感じることができなくなってしまう。

それがわかっていても、武士の信念を貫いたと言えばそうだが。
まあ、忠義、チャンバラ、切腹と、外国での上映にも要素ばっちり。

ただ、切腹のシーンは素晴らしかった。
切腹ハラ切りと言えども、腹を切るだけでは死ねない、介錯が必要だが
その介錯を吉衛門に頼むことなく自分で首を切って息絶える。
裏返した畳といい、芸が細かくて緻密さを感じた。


京都でのロケが多かったこともあって、
ロケ地ラリーも行われているほど。
輿入れシーンの糺の森は下賀茂神社にあるのは知っていたけど
こんな原生林が残っていたとは。。。
近くなのに、行ったことがなかったので、驚きだった。

 

| 2010年映画 | 00:20 | comments(4) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 00:20 | - | -
コメント
一応見たんですが、その後の騒動で、棚に上がってます。
うーん、あたしはいまいちだったんですよ。
これから余裕があったら書きますが、なんだかいろいろと無理があって、どうにも素直に見れなかったです。
| sakurai | 2010/12/28 2:58 PM |
■sakuraiさま
だめでしたか??
わたしは、ひとえに、役所さんにやられました。
書いたとおり、お涙ちょうだいだらけなんですが、
それとわかっていても役所さんのアップには泣けました。
全体にちょっと長いなとも思ったんですが、
壬生義士伝の中井さんほど死に際が長くなかったし(あれには泣かされましたが、途中でまだ死なないの?って思ったんですよ)、一応チャンバラもあった。
これで、もうすこし、吉衛門の話を盛り込んであれば・・・って思いました、はい。
| mariyon | 2010/12/28 5:06 PM |
mariyonさん、こんにちは!
個人的には役所さんより佐藤さんのほうが好みなのだけど、これは役所さんですかね(^^)
・・でも、やっぱもう少し吉右衛門の話が欲しかったー(笑)

私はなんで介錯がいらないって言ったのか、今でも良く分からないんですよねー。
やはり罪の意識なのかなぁ〜?
孫左の忠義、あっぱれ!と思いつつも、死んでけじめをつけて終わりにする武士には賛同しかねるところです。
| たいむ | 2010/12/28 7:51 PM |
■たいむさま
原作はどうなんでしょうか?
あと、以前にドラマ化されていますよね。
どう考えても、もう少し吉右衛門のエピがほしかったです。

介錯を吉右衛門にたのむと言うことは、自分の世話をすべて任せるという意味合いがあるのではないでしょうか?
だから、それを自分だけで行うことで、武士としてのけじめをつけたかったのでは。。。
最初切腹って介錯ないと死ねないって言うのにどうするつもりなんだって思ったんで、あのシーンはすごいと感心しました。

まあ、いずれにしろ、外人ウケしそうなネタではありますが。
| mariyon | 2010/12/28 11:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/680
トラックバック
「最後の忠臣蔵」みた。
年末といえば大型時代劇!って言いたいところだけれど、最近はTVでも力の入った骨太の時代劇が少なくなっている気がする。そういう意味ではまさに年の瀬を飾るにふさわしい良き時代劇だった。賛美として語られる「
| たいむのひとりごと | 2010/12/28 7:43 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    ituka (11/09)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    ituka (11/09)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/21)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    開けゴマ (10/19)
  • もっと名曲に浸りたかった「イエスタディ」
    mariyon (10/17)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ