茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 13番目が一番?「13人の刺客」 | main | ケーキ食べたい〜〜「ちょんまげぷりん」 >>
原作が面白い「男女逆転 大奥」

にほんブログ村 映画ブログへ  

原作を読まなかったら、たぶん、映画は観なかったと思う。
男女逆転?女将軍に美男3000人!
あ〜〜、BLもここまで来たか…と。

が、どうして、どうして、原作はBLとはちょいと違う、
なぜ、男女逆転の世の中になってしまったのか
女将軍がなぜ誕生したのかを
奇想天外な発想と忠実な史実を織り交ぜて
丁寧に描いてあってとっても面白い。

映画を観る前に原作を読むのがお勧めと思う…。

ネタばれあり

 まあ、原作を読んでしまうと、最後のオチがわかってしまうんだけど
こんな世の中あり得ない、
なんか、しっくりこないってのがすこしは薄れるとおもう。

残念ながら映画では逆転の背景を説明しきれていない。
なもんで、なんかとってもうわついて見える。
だいたい、男たちが着飾って、大奥にいるってのが
土台ヘンだし・・・(笑)
それをヘンに思わせない布石は実写映像だとさらにむづかしい。

まあ、お話は貧乏武士の息子が
好きな町娘をあきらめて、大奥に入り
仲間にいじめられながらも出世をして将軍に見染められて…と言う
女なら昔ながらの時代劇ってお話。

ただ、これを男、しかも、まあ、二宮君がやるってんだから、
話題性ばっちり(笑)。原作でむちゃくちゃかっこよかった
水野裕之進のキャラをどこまで演じるのか興味深々。

武士と言えども、江戸の町で町人と同じように育ち
てやんで~~口調の二宮祐之進はなかなか決まってた。
大奥にあがって、男に襲われるわ、
ファンクラブのような取り巻きをつくるわ、まあ、楽しめる。
ただ、個人的には
もうちょっと、水野は上背のあるイメージ…。
そう、あの、黒の裃が映えないのが残念。。。

あと玉木くん。。。好きなんだけど
この髪型が似合わないのか、ぜんぜん奇麗に見えなかった。
個人的には佐々木蔵之介が一番の目当て(初日にわざわざ行く程度のファン)
でも、でも、この2人のからみは、
やっぱ、観たくなかったなぁ〜〜(-_-;)

めっけもんだったのが、阿部サダオ。
水野の先輩で大奥のことを教えてくれる、なかなかの苦労人。
原作ではけっこう美系なんで、えっ、違うんじゃ??って思ってたら、
これが、ものすごくしっくり。

ま、なんと言っても、一番は柴崎コウ。原作まんま、貫録十分。
あんなに美人なのに、ちょっと不細工と言う
いかつい将軍をきちんと演じていた。


ところで、ロケ地MAPが京都で作ってあるくらい
撮影場所が京都の名所。
知っている場所がいろいろ出てきて嬉しかった。

こちらは仁和寺

| 2010年映画 | 17:11 | comments(8) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 17:11 | - | -
コメント
やっほ〜。
この映画、悪くはないけど私も原作かじってるんで、男性陣のイメージがイマイチだったです。
いくら玉木くんでもズラはズラですよねぇ。
なかなか「龍馬伝」の福山みたく、そのままカッコよくってはなりませんね。
しかし、阿部くんが意外にもカッコ良く見えましたね(^^)

それにしても劇場は9割が女性!
二宮効果は絶大ですねw



| たいむ | 2010/10/01 11:37 PM |
■たいむさま
二宮君人気、たしかにすごい。
年齢層も幅広くって13人の〜とは大違い。
隣では親子ですすり泣き(最後のほうで)でした。

阿部サダヲ、ほんとうに溶け込んでましたよね。
最後の将軍との会話(美形な男がここにもっての)は
さすがになかったんで、舞子はんカップルのツゥーショットは観れませんでしたが、それはとーぜんかなって(苦笑)。
杉下役は、玉木くんのほうがいいんではって、観る前は勝手におもってたんですが・・・。
まあ、原作が面白いので、続編(と言うか時代をさかのぼることになりますが)つくって欲しいです。
原作読まないで、映画だけ観たらたぶん引いてました。

| mariyon | 2010/10/01 11:59 PM |
行って来ました〜!

あのスケベ坊主が気味悪かった(笑)
大奥、なんか微妙にジャニーズ事務所の構図を見ている感覚でした。
主役は二宮くんじゃなく、もっと長身な役者さんを起用してほしかったな〜
ワタシ的には小栗旬くんなら彼に負けない水野祐之進になったと思うんですよね〜^^;

本作は柴崎コウの存在感がすばらしかった!
菊川怜とのシーンは見応えあってよかったです!^^
| ituka | 2010/10/02 9:33 PM |
■itukaさま
13人と比べるとやっぱえらく軽いかんじなのは否めないですが、これはこれで楽しんで見れた気がします。
ただ、二宮君に「ダンナ」の呼びかけは、思いいきり似あわなかったですね。

たいむさんではないですが、原作ありきだったので
配役発表でちょっとこけました。
ジャニーズ事務所かいっって。。。
で、蔵さんと玉木君の絡みと聞いて、なんだかなぁ〜〜って(-_-;)ひいたいんですが、やっぱり気になってしまう。

柴崎コウの女将軍っぷりは、ほんと素晴らしかったです。
| mariyon | 2010/10/02 10:21 PM |
はい、ニノです。
大好きです。
息子に「母ちゃん、見に行くの??あ、ニノだから行くか・・」と言われました。
なはは。大満足でした。たっぷり堪能。
思わず七五三かい!と言いたくなるシーンも多々ございましたが、それでもいいものはいい。
原作、とんと読んだこのなかったのですが、よく出来てるのね。今度よもうかしらん。
十三人とは真逆な世界でしたが、どっちも結構男の本懐でしたね。
でも男だったら、刺客になりたいでしょうね。
| sakurai | 2010/10/03 8:46 AM |
■sakuraiさま
んん??まさか、sakuraiさん!嵐ファンですかぁ〜〜??嵐ファンの方の大変さはほんとうに良く聞きますので、心からご同情を。。。って、カレーのまとめ買いはさすがになさってない??(爆)

13人を観た後これだったので、同じ時代劇でもこうも違うのかと、ちょっとおかしくなりました。
でも、どちらも有だと思うし、楽しめる映画は必要。

七五三はないけど、水野より、町人進さんのほうが似合ってませんでしたか??


| mariyon | 2010/10/04 10:56 AM |
ああ、嵐のファンではないです。
あくまでもニノだけ。
「青の炎」でほとんどはじめてみて、なんてあたし好みなんだと思った後に、嵐のメンバーだと知りました。
あとははっきり言って、どうでもいいです。
怒られるか・・。

長男が生まれたとき、「翔」って言う名前が最終候補だったのですが、つけなくてよかったとつくづく思ってます・・。
ギャップが;

旗本の息子で、べらんめーはないだろう・・と思ったのですが、それも原作どおりなのね。
町人の方が確かに似合ってた。
今日は帰りに古本屋よってみまーーす。
| sakurai | 2010/10/04 2:21 PM |
■sakuraiさま
実はわたしもジャニ系にうとくって、硫黄島のときに嵐の子って知ったようなわけで。。。
ニノ好きで、子供の名前が「翔」ではどんだけファンよって感じですが、それはなによりでした。

原作はこの吉宗編より、この後の(前?)の家光編に出てくる玉栄(綱吉編で桂昌院となる)が、二宮君にはぴったりって気がします、はい。古本屋さんで見つかるといいですね。
| mariyon | 2010/10/04 9:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/656
トラックバック
大奥
評価:★★★☆【3,5点】 男女逆転したこの町中、まるで選手村にひしめきあう女アスリート!?
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2010/10/03 9:29 AM |
大奥
あまり期待はしてなかったものの、柴咲コウさんの将軍が観てみたくて^^ 金曜日の夕方に「大奥 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、結構多め。 「大奥 」は、大きめのスクリーンで、7〜8割。 (C) 男女逆転「大奥」製作委員会 【ストーリー】
| いい加減社長の日記 | 2010/10/03 7:47 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
  • 違う視点からの「アルキメデスの対戦」
    mariyon (08/23)
  • ジェイソン・ラブ「ワイルドスピード スーパーコンボ」
    mariyon (08/23)
  • ジェイソン・ラブ「ワイルドスピード スーパーコンボ」
    ituka (08/23)
  • 違う視点からの「アルキメデスの対戦」
    ituka (08/23)
  • ラストに監督らしさあり?「天気の子」
    mariyon (08/01)
  • ラストに監督らしさあり?「天気の子」
    ituka (08/01)
  • アイアンマンの存在「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
    mariyon (07/27)
  • アイアンマンの存在「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
    ituka (07/26)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ