茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 茅ヶ崎のお店85・ランチ「MOKICHI TRATTORIA」 | main | 茅ヶ崎のお店86・ランチ「チョークデー」 >>
フラストレーション!「BECK」

にほんブログ村 映画ブログへ 

原作を一気読みして、用意万端!
むちゃ期待して観に行って。。。疲れた。

コユキの歌はあれでいいのか??

 原作はとにかく長い、エピもいろいろある。
それを全部映画にまとめるのは無理というもの。
もともとただプロを目指すロックバンドの話だけでなく
バックにアメリカの怖い音楽マフィアやらなにやらも噛んでいたりして、
それで、まあ、あんな伝説のギターの登場となるのだけど
このあたりが、うまく説明できないと
陳腐になるかもしれないと言う危惧はあった。

が、音楽の力は大きいから、最後のステージさえ盛り上がっていたら
絶対気持ちのいい映画になるはず…と、
まあ、そんな風に思って観に行ったのだ。

最初のあたりは、漫画がほぼそのまま映像になっている!
これは面白い!!期待どうりか・・・と思わせてくれたが・・・
途中からそれもあやしくなって、
コユキが初めて歌うシーンでがっかり。
なぜ?? 
たしかに、奇跡の歌声を映像化するのは大変だろう。
だからと言って、まったく歌の音だけ消したら
ただのカラオケみたいになってしまう。

でも、最初だけ??きっと最後は違う・・・と思っていたが
まさか、全編歌の音を消すことで奇跡の声を表現するなんて。

特に最期のライブシーンに期待していたので、なんだか肩すかし。
ここは、なんでもいいから、声を入れてほしかった。
ライブに一緒にいったくらいに、盛り上がりたかった。

キャスティングは向井君の平はともかく、
かなり原作に近かったのにほんとうに残念。
中村蒼のドラムのサク、
桐谷の千葉は原作まんまってくらいはまってた。

| 2010年映画 | 19:13 | comments(10) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 19:13 | - | -
コメント
mariyonさん、こんにちは!
励まし?コメントありがとうございました!
ブログやってて良かったなーって思う瞬間でした(^^)

で、この映画。
すっかり疲れてたんで観に行く気力がなくってね。珍しく先に新聞の書評を読んだら微妙なの。最後が無音でイマイチ見たくかいてあったのよ。
原作は知らないし、思い入れがないから大丈夫かなぁーとも思ったのだけど、やっぱこのままヤメにしようかなぁ。キャストは今をトキメク奴らだし、評判が良ければと思っていたのだけど。

閑話休題:
甥っ子がなんとハルヒの小説を全部持ってて貸してくれました。とりあえず「陰謀」まで終了です♪

閑話休題その2:
こんど機会があったらお茶しませんか〜〜
| たいむ | 2010/09/07 5:47 PM |
えーー、そんなんなの・・・。
見るのやめますわ。
原作はさっぱり知らず、何の思い入れもないのですが、あの面子にやっぱ見ないと!と思っていたのですが、そっか。
mariyonを実験にしたみたいですが、ありがとうございます。
2時間半見て、フラストレーション堪るだけって、体に悪そう。

↑・・たいむ様。
うちにハルヒkitigaiがおります。
彼の台詞を引用して、あたしに諭そうとしてます。
映画は二度ほど見に行きまして、最高だったそうです。
あたしには????です。
でも、なぜハルヒ?
| sakurai | 2010/09/08 7:57 AM |
■たいむさま1
わわ・・責任重大??part1
すみません〜お気になさらずに。
でも、ご覧になっていただいて、感想をお聞きしたいです。

原作ファンでもないんですが、たまたま原作を読んだもので
かなり期待して初日に(めづらしく)観にいきました。
この期待が、まず、問題だったのかも。
映画としては、よくあれだけのエピを無難にまとめた
と言うのは評価!なんです。
佐藤君がどう歌うのか?と思っていたので
その声を聞きたかったのもあるのかも・・・。
(だめなら吹き替えも有りだと思うのですが)

閑話休題その1:
で、ハルヒ!!!!
なんかこのSF観、新鮮じゃないですか?
ただの萌キャラ学園SFと思っていたので、
読み始めたらグイッとはまったんです。
感想のブログアップ楽しみにしていますね。

閑話休題その2:
わーーー嬉しい!!
たいむさんは、東京によくいらっしゃるんですよね。
ご連絡いただければ、いつでもOKですよ〜〜。

| mariyon | 2010/09/08 11:31 AM |
■sakuraiさま
わわ・・・責任重大!!!part2
ぜひぜひ、感想をお聞きしたいです。。。顔だけでも(っておい)
これだけのメンツ観ないってのはもったいないです・・・(苦笑)

横レスです
ハルヒ!!面白いですよ〜〜。(笑)
彼のセリフと言うことはキョンですね。
sakuraiさんとこのハルヒ迷ちゃんは下の息子さん??
うちの息子もキョンもどき、
なんともあの理屈っぽさと、巻き込まれ人生
自分からなにもできない(しない)とこそっくりです。

あっ、映画のキョンは違います。

ブルーレイ購入の第一弾洋画は「ダークナイト」でしたが
アニメはエヴァと悩んでハルヒの予定です((笑))
ブラッドも黎明もDVDだけど、買い替えはちょっと。。。(-_-;)
| mariyon | 2010/09/08 11:32 AM |
あたし、すんげーー失礼に書いてた。
呼び捨てでスよ!!すいません。mariyonさまさまです。
えーーー、見ないって決めたのに・・・。
次の回に行こうかな。
どないしよ。マジに悩んでます。

えーー、上の高一野郎です。
中学校の頃から読んでて、たぶん全部あると思います。
あたしは何にも知りません。
キョン??わかりません・・・
映画も、何で山形でやらないんだ!!って、しばらく嘆いてましたもん。来た初日に二人で行きましたよ。
当然、下のは上の言いなりですから。

まずブルーレイを買うとこからですから、早くしないとならんのですが、何買おうかな!!どれいいか悩んでる今が一番いいかも。

さて、どうしよう・・・・。桐谷君。
| sakurai | 2010/09/08 1:14 PM |
■sakuraiさま
呼び捨てぜんぜんOKです〜〜。

桐谷君が一番光ってました。歌も良かったし・・・。
桐谷君好きならぜったいお勧め。

ハルヒのほうはお兄ちゃんでしたか?
原作ですが、sakuraiさんならきっと面白いと感じていただけるのでは(笑)

| mariyon | 2010/09/08 7:49 PM |
時間的に間に合ったので、行ってまいりました!!
結論。mariyonさんのおっしゃる通り。ありゃ、ないでしょ。
フラストレーション、たまりますよ!!
でも、おかげさまで覚悟していったので、だいぶよかったです。最後の歌くらいは・・・の、観客の思いを逆なでする演出は何なんでしょね。健君に失礼じゃないかと思いましたわ。
それ以外はおおむね○。多分絵はこうなんだろうな〜と、容易に想像がつく配役でした。
はい、桐谷君いいです。とってもいいです。んでもってよかったです!!
監督、堤さんだったんですね。結構フューチャーされてなかったですよね。でも、監督の名前見て、なんかすべて(無茶ブリも)納得してしまいました。。。。

ハルヒ・・・読みますか・・・。
下は兄に強制されて、全部読んだみたいです。

事後承諾で・・・。
記事にmariyonさん、リンクさせていただきました。なにとぞよろしく。
| sakurai | 2010/09/08 10:52 PM |
■sakuraiさま
早業(笑)ご覧になったんですねっ!!!
でもって、リンクありがとうございました。

ほんと、千葉@桐谷は良かったですよね。
原作ぴったりでした。でもって、彼は歌あるの。
この映画で、もうけもんは、やっぱ、桐谷&中村蒼の2人。
M嶋くんはちょっと物足りないところもあったけど、
絵的にギター弾く姿はかっこよかった。
ラストのコンサートのシーン・・・原作者が震えたなんてどこかに書いてあったんで、すごく期待したんだけど、撮影風景が良かったって話だったのかしら?

ハルヒは消失まで読めばOKですよ〜〜(*^_^*)加油!
いずれにしろ、最終巻はまだ出版されてませんから。

| mariyon | 2010/09/08 11:51 PM |
監督がどういうつもりで無声にしたのか。
何となく解らないでもないですし、演出的にはアリだと
おもいます。
しかし現実的に私は無声になった瞬間気持ちが引きまし
た…。理屈じゃないのでこれは仕方ないです。
まして直前の桐谷君が最高に良かったから。
あれだって、人によっては千葉はあんなじゃないとか、
ラップイマイチだとか言う人だっていると思うんです。
でも原作を何も知らない私には、あの千葉は最高でした。
結局同じことだと思うんですよね。
ちょっと変にファンの“コユキの声のイメージ”を大事
にしすぎたのじゃないかなぁ。
表現すべきは最高の声じゃなくて、最高の声を持つコユキなのに。
| KLY | 2010/09/09 5:36 PM |
■KLYさま
無声になった瞬間・・・そうなんです。
あのときの「えっ?」の気持ち。

おしゃるように、そう言う演出もありだと思います。
でも、やっぱり違う。
原作は読んだだけでファンではないので、原作ファンの気持ちはわからないけど、コユキの声はそこまで神聖化するほどのものじゃない気がして・・・。

あれだけのメンツで組んで客寄せしたんだから
それなりの見せ方があると思うんですがね。
誰のファンと言うわけでもなく、
単に、最後のライブだけを楽しみにして初日に見るような
人間もいるんですが。。。。(-_-;)
| mariyon | 2010/09/10 9:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/649
トラックバック
「BECK」レビュー
映画「BECK(ベック)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理、他 *監督:堤幸彦 *原作:ハロルド作石 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ち
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2010/09/07 3:06 AM |
BECK
「月刊少年マガジン」に連載されていたハロルド作石による人気漫画を「20世紀少年」の堤幸彦監督が実写映画化。苛められっこの高校生が、帰国子女の天才ギタリストひょんなことから知り合い、その音楽の才能に気付く。そしてバンド“BECK”を結成し様々な困難を乗り越
| LOVE Cinemas 調布 | 2010/09/09 4:58 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    ituka (11/09)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    ituka (11/09)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/21)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    開けゴマ (10/19)
  • もっと名曲に浸りたかった「イエスタディ」
    mariyon (10/17)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ