茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 夢の中の夢「インセプション」 | main | DVD「フィッシュストーリー」 >>
血みどろスプラッターだった「レポゼッション・メン」

にほんブログ村 映画ブログへ
  
夢の中で生きると言うインセプションのくだりで思い出した。
実は、こちらの映画のほうが、前に見たんだけど、
あまりのスプラッターぶりに、感想も書かないままで…(-_-;)

ジュードのいっちゃたぶりが、それなりに面白かったのだけど。

臓器移植を人口臓器で行えるようになり、サブプライムローンのごとく、
払えない場合は回収されると言う近未来SF。
ジュード・ロウはその回収屋。
臓器を回収されると言うことは、よほどのことがない限り
回収屋に殺されてしまうと言うことだ。

公開も随分前なのでがんがんネタばれ!!!

 回収の仕事を幼馴染の相棒ウィテカーと
調子よくこなしていたジュードだが
突然の事故で自分の心臓を人口臓器にする羽目になる。
自分の身体の中に人工心臓が入った途端に回収の仕事ができなくなる。
金を払えなくなったために、今度は回収屋に追われるジュード。
そして、同じく人工臓器を入れている(しかも7つも)女性との逃亡劇。

このあたりから、どうも??って展開なうえに
ジュードのキャラが今ひとつ。
人工心臓を埋め込まれたとたん、他人の臓器をとることができないと言うのは
まだ、わかるとしても、
自分の逃亡のためには、追ってくる人間はためらいもなく殺す。
回収をやめて営業にうつっても仕事もしないで
金を払う努力も一切しない。

そのぶん、相棒のウィテイカーは一貫している。
最後に明かす、ジュードへの気持ちもわかる!

回収シーンがある程度血みどろなのは仕方がない。
が、手術のシーンに(しかもメスを握るのは少女)
ラストの血みどろの戦い。

この廊下のシーン、両手にナイフを持ち、会社の重役をバッサバッサと切り殺す。
そのうえ、臓器のデータを消すために自分の身体、彼女の身体を切り開く。

いやぁ〜〜、久々にとんでもないスプラッターを見た気がした。
しかも、ジュードも、ウィテカーも演技がうまいので
見ているだけで痛い。

最後の戦いシーンは彼の見ている夢の中の世界なんだろうけど。

人は自分の望む夢の中に生きることは幸せなのだろうか?


 

| 2010年映画 | 10:09 | comments(6) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 10:09 | - | -
コメント
本当に“痛い”映画でしたよね!
自分たちの臓器のデータ消しに、あんな辛いことまでできるとは>┼○ バタッ
あれって、ある意味、究極の愛の形なんでしょうか^^;

にしても、アリシー演じる女性は7つも人工臓器いれて
どういう生活をしていたのかが気になって仕方なかったです。
まさか『プレデターズ』での負傷じゃないですよね(←おい!)
| ituka | 2010/07/25 9:01 PM |
■itukaさま
コメントありがとうございます〜〜(●^o^●)

あの身体を切り臓器のデータを消すシーン。
あれは、ジュードの夢の中と思えば
おっしゃるように、愛の形かも。。。。

奥さんの存在がむちゃくちゃ希薄でしたものね。

7つも腎臓臓器を入れた彼女が、
崇高な存在とは思えないんですが、
彼にとっては自分の過去の贖罪だったんでしょうか??

プレデターズ、観てないんですが、
おもったより評判いいんですよね(笑)
| mariyon | 2010/07/26 8:13 PM |
おじゃましま〜す、暑くてモーローで〜す。

「プレデターズ」ねえ、お近くの映画館で上映してるならば、ポコッと時間があいたとか暑さしのぎとかでご覧になる分にはよろしいと思います。
「プレデター」には遠く及ばず、「エイリアンズVSプレデター」(の1)ほどにも楽しめませんでしたから。

ところで、「シャーロックホームズ」のDVDがもうはや出てますね。あの「第9地区」も8月上旬には出るようです。
こういう大きい映画はDVDになるのが早いような気が、そして、上映館さがすのに苦労する小さい映画はDVDになるのが(逆に)遅い気がします。どういう仕組みなのやら。

そうそう、「第9地区」で姿が変わってしまった彼、こんどは「特攻野郎Aチーム」に出るようですね。楽しみです。


| シェリル長沢 | 2010/07/31 11:50 AM |
■シェリル長沢さま
「エイリアンズVSプレデター」、そう、あれは面白かった(笑)。まさか、プレデターがサムライになろうとは・・・。

メジャー作品はDVDになるのがほんとうに早いです。
小品は、どうしても遅いですが、
まあ、香港モノに比べれば、ぜんぜん早い(笑)

特攻Aチームもいいけど、この夏リメイクで一番の期待は
ベストキッドです〜〜。
| mariyon | 2010/07/31 11:13 PM |
その後、「プレデターズ」は見たんだっけ?
あれはあれで、へたれキャラだったエイドリアンが、超マッチョになるというクロスオーバーがアリでした。
みんないつの間にかアクション俳優になってるというのは、どうよ。
ジュードは、ワタシ的には最初の印象がいまいちで、どうにものめりこめない俳優サンなのですが、(『ガタカ』で、イーサンの何だったもんで・・)今回のジュードは好感度アップです。
あたしの基準はめちゃめちゃ。

殺しすぎやん!っテ思ったんですが、オチでなんとなく納得してます。
| sakurai | 2010/09/28 9:29 AM |
■sakuraiさま
そう「プレデターズ」ありました。
今回のジュードがアクションかどうかは微妙な気もしますが
スプラッター嫌いのわたしが、ぎりぎり観れたのは、
やっぱ、ジュードだったから(苦笑)。

殺しすぎですよね。いくら会社の人間だからと言って
社員に責任があるわけでもないのに・・・。
まあ、彼の夢の中ならいいのか??

それにしても、むちゃくちゃ痛そーなエロシーンでした。
| mariyon | 2010/09/29 10:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/637
トラックバック
レポゼッション・メン
評価:★★★★【4点】 開腹シーンなどのグロさは、観てる方が痛みで失神しそうな凄さ!(R15+)
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2010/07/25 8:50 PM |
レポゼッション・メン
うーん、こう来たか・・。
| 迷宮映画館 | 2010/09/28 9:29 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ