茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 真夏の京都観光に「京都国際マンガミュージアム」 | main | 血みどろスプラッターだった「レポゼッション・メン」 >>
夢の中の夢「インセプション」

にほんブログ村 映画ブログへ 

夢を見た後、はっきりとディテールを感じる。
ただ、その細部まで思い出そうとすると、思いだしているうちに
自分の記憶を補ってしまって、夢そのものを思いだせなくなる。

監督の作りだす夢の世界に魅せられた。
ノーランがハリウッド予算を好きなようにつかって
自分の夢の世界を具現化したのか?


ちょこっとネタばれ

まずは、この映像と、仕掛けに驚く。
6か国でロケを行ったと言うだけあって、
これが、もう、次々に変わっていく場面がすごい。
ただ、これは、映画のせいでもなんでもなく
今回、初日にこだわって、レイトショーで観たせいか
途中、ちょっとだけ睡魔が。。。
一緒に行った息子にはあとでさんざん「もったいない」と言われた。

意識が飛んだのは最初のわずかな場面だけで、
要の映像は見逃していない(と思う)。

インタビューでも言っていたが、映像はCG処理はもちろんあるものの
たとえば、カナダの雪山は雪の降る前にセットをつくりきちんと雪を積もらせ、
無重力のシーンは、大がかりなセットを作り回転させたと言うから驚く。

夢の中に入り込み、アイディアを盗むのが仕事のコブが
新しいミッションのために相棒と集めたのは、
設計、偽装、調合などのプロフェッショナルチーム。
このチームひとりひとりのキャラがよくたっている。

謙さんの出番も、以前のバットマンビギンズとは比べ物にならないくらい多いし
キャラもしっかりしている。

コブの奥さんのトラウマが、この映画全体の暗の部分。
ほんとうに辛く、そしてレオ君は相も変わらず眉間にしわを刻んだまま。

さまざまの障害のもとにミッションをクリアーし、このチームでpart2もありか?
と言うのが普通の展開だろうが…(まさにトムさん映画??)
いやはや、ノーランの監督は違う。
ラストのあの一瞬で、part2はあり得ないとわからせてくれた。

人は自分の望む夢の中に生きることは幸せなのだろうか?

| 2010年映画 | 09:59 | comments(8) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 09:59 | - | -
コメント
mariyonさん、こんにちは!
ほんと、どのキャラもたってましたよね。
謙さんもいいけど、私はアーサーがお気に入りです(^^)

思わせぶりながら、これっきりと分からせてくれるところは良かったですよね。
でも、夢に盗みでも植え付けでも、夢の設計とか侵入とか設定が面白かったので、また別のパターンで見て見たかったかも?(^^)
| たいむ | 2010/07/26 6:46 PM |
■たいむさま
キャラがしっかりしていると言うのは、
この監督のどの作品もそうですよね。

個人的な感想ですが、夢のなかからアイディアを盗むより
植え付けるほうが簡単のような気がしてしまうんですが。。

たしかに、この続きでなく、この世界感の続きは見てみたい気もしますが、ノーランのことだから、絶対また面白い世界感を見せてくれますよね。
| mariyon | 2010/07/26 8:21 PM |
野球に振り回されて、やっと到達しました・・・。ぜーぜー。34度の球場は熱かったです・・・。復活するまで時間を要するのが難点。
うちのガッコは負けたのに、息子のガッコの試合まで観戦してしまいました。ほとんど、病気です・・・。

ということで、インセプ。
睡魔に襲われる気持ちもわかります。
小難しい説明されてた時は、ちょっと集中力を欠いたもん。
でも、そんな枝葉末節にとらわれず、まず映像でがっちょーーーんと、満足できたのは、「落下の王国」以来かなあ・・・と、思っております。
あっちはありのままの美しさは。こっちはとことん作りこんだこだわりの美しさ。
こういう映画に遭遇出来るのは、本当にうれしいですね。
| sakurai | 2010/07/27 8:32 PM |
■sakuraiさま
お疲れ様です〜〜暑いです。
中学は甲子園がなくてなにより??(笑)

そう!!あの映像を一瞬でも見逃したかと思うと
もったいなくってたまりません。
ノーランの思うところの夢の感覚が
自分が幼いころから、夢ってこういうものだと感じていたものと、ぴったりス様な気がして・・・。
よく夢の映像ってイメージで、まわりがぼけぼけしているのがあるけど、あれは自分の夢とは違うと感じてました
これは、ぜったい、もう一度観なくては・・と、思ってます。
わたしの子供のころは夢はモノクロだと言われていました。
自分の夢はカラーだと言ったら変人扱いされましたから。
| mariyon | 2010/07/29 10:00 PM |
mariyonさん、こんちわ。
混雑がイヤなもんで、公開から日にちがたってお客さんが減るのを待って見にいきましたが、どうしてどうして大した人気。アテがはずれました。
キリアン・マーフィーとジョセフ・ゴードン・レヴィットが拝めたから、まあいいやってことにして。

さらっと話かわり、
ハリソン・フォード御大とブレンダン・フレイザーの「小さな命が呼ぶとき」を見てきました。
家族の危機にパパがめちゃめちゃ頑張っちゃう、一種の「ヒーローもの」でした。
ブレンダン・フレイザーが3児のパパを演じて、ぴったりでした。DVDで見た「復讐街」(劇場未公開)の、薄汚れた裏社会のやくざ者なんかよりずっと似合ってて、すんなり見れました。
・・・家族の病気ってつらいもんです。当人の苦悩はもちろん、周囲の者(家族)が疲弊・消耗するんですよねえ。
ま、映画としては、ハリソン・フォード御大のこないだの「正義のゆくえ」の方がデキがいいような感じでした。
| シェリル長沢 | 2010/08/14 11:03 AM |
■シェリル長沢さま
アテがはずれたのは、人の多さですか?
それとも映画そのもの??
わたしは、2回目を観てきました。
1回目より、はるかに納得できました。

「小さな〜」は観たかったんですが、
ちょっと間に合わなかったんです。
実はブレンダンくんはハードロックハイジャックのころから
大好きで「ハム3」くらいまではすべて観ていました。
コメディぴったりですが「ゴッド&モンスター」あたり
けっこう役者ですよね。
あっ、でも一番好きなのはタイムトラベラーとか、
ジャングルジョージとか・・・やっぱコメディですね(爆)
| mariyon | 2010/08/14 10:46 PM |
どうもどうも。シェリル長沢です。
アテが外れたのは、混み具合のほうです。
夏休み中に、しかもお盆近い時期に、レオくん主演作で空いてるのを期待するほうが「わかってない」ってもんでした。
映画としては、今のハリウッドならあんなもんかなぁ、ってくらいで。

ブレンダンくん、そうですねえ、コメディかな。
「いけないことしましョ」なんてラブコメがあった気がしますが、あれはブレンダンくんだったのか・・・。

今週は近所の2番館に「ウルフマン」が来るんです!
デル・トロと、ハンニバル・レクターおいちゃん、ヴィクトリア女王の出てるアレです。DVDリリースは近いのですが、公開時に見そこねた(手痛いエラー!)もんで。
| シェリル長沢 | 2010/08/15 12:45 PM |
■シェリル長沢さま
そう、お盆で混んでいましたね〜〜。
映画館。ソルトを観てきたんですが、ロビーは子供であふれていました。

ウルフマン…個人的にはむちゃツボでしたよ〜〜。
あの、トロちゃんが、女に…なんて役をやってると思うだけで、もう、嬉しくなってしまいました。
できれば、せめて5,6年前に観たかったです。
| mariyon | 2010/08/17 1:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/636
トラックバック
「インセプション」みた。
見損ねないように先行で鑑賞。(最近ちょっと疲れ気味でフットワークが重くなっている傾向あり。「出来れば観たい」をかなりスルーしているこの頃な気がする)。メキメキ腕をあげているレオ君だし、ますますハリウッ
| たいむのひとりごと | 2010/07/26 6:42 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ