茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 京都祇園祭で山鉾の辻回しを見た! | main | 真夏の京都観光に「京都国際マンガミュージアム」 >>
あたたかな気持ちになれる「借り暮らしのアリエッティ」
にほんブログ村 映画ブログへ
ひと夏の少年の不思議な思い出。
少年の空想だったのかもしれないと思えるところも好感度大!
奇跡が起こるわけでも、何か大きなことが起きるわけでもない。
少年と少女の恋とも呼べない、
小さな想いが心に残るほんとうにいい作品。

 最近のジブリはどうかなぁ〜って、ちょっと腰が引けてたけど
(また説教くさい話があったりしたらいやだなとか…)
いやいや、これは子供にも、大人にも楽しめるいい作品だ。
親子でも、カップルでも、友達でも、もちろん1人でも。
日本のアニメはほんとうに素晴らしい。

去年のアニメの最高峰が文句なく「サマーウォーズ」なら
今年のアニメの癸韻蓮屮▲螢┘奪謄」だ。
サマーウォーズは仮想現実の中、さえない少年が戦って地球を救う。
反対に「アリエッティ」は空想の世界なんだけど、とても淡々としている。
サマーウォーズが「動」なら、こちらは「静」。
小人たちの世界の話なのに、より、現実の世界に近い。

つくりがとにかく丁寧で、突飛なキャラクターがいない。
小人と言う突飛な設定にも関わらずだ。
病気の少年も、彼をあづかることになった祖母、お手伝いさん
小人の世界では、世の中を見たくてたまらないアリエッテイも、
何事にも慎重で、行動力にある父親、心配性の母親。
小人の世界では、住む場所によって、生活が全く違う。
まるで別の国からきたような、スピラーの存在も違和感がなかった。
初めて「借り」に出かけるあのわくわくした気持ちが
こちらにも伝わってくるほど、アリエッティは自然だ。

そして、彼女の恋とも呼べない小さな気持ちが、
ほんとうに最後までせつない。
見つめあった二人の気持ちに、涙がおさえきれなかった。
少年と少女はお互いの違いすぎる境遇もなにもかもをわかっていて
それでも通じ合うものを共有している。
心に残る名シーンだと思う。

原作が100年も前のイギリスの話なので、
日本に置き換えて大丈夫か?と思ったけど、とても自然だった。
ただ、いくら病弱と言っても、
親にかまってもらえず、ゲームもしないで本を静かに読む少年は
現代日本においては、アリエッティと同じくらい希少種族かも。


 

| 2010年映画 | 18:27 | comments(4) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 18:27 | - | -
コメント
実は、物語自体には、それほど入り込めなかったんですよ。
邪魔したのが、大竹しのぶと、希林さんの声だったような気がするんですがね。
でも、とにかくよかったのが、丁寧な絵!
やっぱアニメの真骨頂は、絵でどこまできちんと描くかにかかっていると思うのですが、そこが半端なくよかった。
作り手の思い入れが絵に表わされていたと思います。
原作通り、イギリスの庭園風バージョンも見てみたかったです。
| sakurai | 2010/07/22 9:16 PM |
■sakuraiさま
声優…たしかに希林さんはちょっと気になりました。
若手はあまり声を覚えていないせいもあって大丈夫でした。スピラーの藤原君なんて最後まで気がつかなかったです(笑)。

物語は入り込めなかったんですか。。。
でも、「身分違いの恋」って言うsakuraiさんのコメ納得です。絶対成就できない恋って、ほんと哀しくってたまらないんですよ。
(たとえばゲイの男の子を好きになった女の子とか・・・)
現代においては乗り越えれない恋ってめったにない。
それが、この二人はどうしても乗り越えれない、と言うか、乗り越えることすら考えない、そういう気持ちなんです。
それが、ほんとうに哀しかったんです。

さわやかな映画でした。
| mariyon | 2010/07/23 6:30 PM |
こんにちは!
宮崎監督の哲学くささが苦手ってファンも少ないですよね(^^)
私はそういうのも嫌いじゃけど、今回は概ねシンプルにまとまっていて好き印象です。

今年のなるはアリエッティ?
サマーウォーズもアリエッティも神木くんなんですよねー(^^;
| たいむ | 2010/07/23 8:28 PM |
■たいむさま
宮崎アニメは千と千尋〜以来、もうパスかなぁ〜〜って
思ってたんですが、今回はジブリだったので観に行ったんです。アンチ宮崎ってわけではないけど、監督、親世代に対して冷たいんですよね。で、なんか後味が悪いの。

神木くん…思いつかなかったです。
ありがとうございます(笑)
| mariyon | 2010/07/24 2:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/634
トラックバック
「借りぐらしのアリエッティ」みた。
タレントや俳優の声優を起用し出し、「ジブリのアニメなら」という含みのある言い方をする方々が口をそろえて「感動、感動」と連呼するのにウンザリし、評論家の如くわかったような解説を披露する人が増え始めて以来
| たいむのひとりごと | 2010/07/23 8:29 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ