茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 茅ヶ崎のお店・ランチ「タルタルーガ」その3 | main | アバターより秀逸「第9地区」 >>
映画史上最高に色っぽい狼男「ウルフマン」

にほんブログ村 映画ブログへ 

あのデルトロが狼男!!!!
もう、それだけで見る価値ありって気分なのに
そう、ハンニバル・レクターですよ、いえ、アンソニーさんも出演。
これは、見るっきゃない!!(笑)

GWの真っただ中、しかも、大阪は梅田のTOHOにて鑑賞。
すごい人でネット予約してなきゃまず無理の全席満席ってのも
なんだか嬉しかったです。

ネタばれあり!

 ゴシックホラーとしては、王道も王道。
古城に謎めいた城主。満月に変身する狼男、
彼を退治しようとする村人、
美しいヒロイン。
思ったより、わくわくしてきて自分でもびっくり。

いえいえ、この高揚感は
あのトロちゃんの色っぽいまなざしのせいかも。

なにより、狼男の変身時間が少なくて、
トロちゃんそのままってのがいい。。。はい、ファンです。ミーハーです。

元来、デルトロって恋愛映画にほとんどでない。
(売れなかった頃は別として)
そのうえ、恋愛映画でなくっても、女性の出てくる映画の少ないこと。
そう、男臭さが売り物で、プエルトルコを全面に出して、
「豚と一緒に育った」みたいなことを平気で言ってのけるところが
彼の魅力でもありますが。。。
(実は、父親は弁護士、幼いころ祖父の牧場にあづけられていただけ)


そのデルトロが、また今度は、むちゃくちゃ男くさいウルフマン!
予告の変身シーンにはどきどきしたけど、
また女気無しかなあ〜〜と、残念に思ってた・・・・
なのに、殺された兄の婚約者を愛し、
そのためには死をもいとわないなんて。

どれほど、こういう役をやってくれるのを待っていたことか!

いやぁ〜〜、すっかりノックアウト。


そして、父親のアンソニー。
アンソニーの話し方って、聞いているだけで好きなもんで
この二人のかけあいを聞けただけで満足満足。

そして、実は、父親が・・・ってのがミソ。
それにしても、老アンソニーVSデルトロとは(笑)
この二人の戦いには、心の中で拍手喝さい。
CGも見応えあって、さすがハリウッド!と思える1本。

まあ、日本あたりでこの手のネタで映画を作ったら
とんでもないBの字映画。
ラストのオチも、B級ホラーの王道って感じ。
(ってなにが王道なのか分からないですが)

それが、素晴らしいCGと、役者のうまさで
重厚なゴシックホラーになっていて
心から楽しむことができました。
GWにピッタリの娯楽大作です。

| 2010年映画 | 23:37 | comments(4) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 23:37 | - | -
コメント
こんにちは!
私はデル・トロより、アンソニー爺さんに魅力を感じてしまうかなぁ。やっぱレクターオーラは尋常じゃないっす。
デル・トロはどうしても古谷一行に見えるんですよ〜〜〜(笑)

この俳優陣でなければ、この特撮をもってしてもB級なのだけど、俳優力、ですかねぇ。
| たいむ | 2010/05/03 10:03 PM |
■たいむさま
俳優陣でしたね〜〜。
レクター・ウルフマン、半端なくこわかったです。

トロちゃんは、若いころはちょっとブラッド・ピットに似た感じでしたよ〜〜。(笑)
「コロンブス」とかはそっくりとのうわさも(誰が?
ユージュアル〜でころっとやられてしまいました。
個人的には、アリシア・シルバーストーンとの
車泥棒の映画が大好きでした。
(恋愛映画はこの1本かな)
| mariyon | 2010/05/03 11:33 PM |
あははは!!
トロちゃんファンでなければ、出てこないお言葉ですねええ。
そういや、「ユージュアル・・・」に出てたんでしたね。
なんだか遠い昔のように思えますわ。
なんでイギリス貴族の役が??と、不思議な思いで見ておりましたが、とっても似合ってたので、よしといたしましょう。
| sakurai | 2010/05/07 10:09 AM |
■sakuraiさま
そうなんですよ。
トラフィックでアカデミー賞とって、
これからってときに、腕の骨折でしばらくお姿をおみかけできなくて…(-_-;)

たしかに、イギリス貴族の役はちょっと・・・なんですが、
ファンにはたまらない1本でした。

何と言っても、狼男より人間の姿のほうが
はるかに多いのがナイス!!ってことで(笑)
| mariyon | 2010/05/07 3:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/609
トラックバック
「ウルフマン」みた。
特殊メイクの進化もここまできたかーという自然さ。臓物系も生々しく、食事直後には見たくない感じ?アンソニー・ポプキンス×ベネニオ・デルトロだけあって、期待どおり肉厚な作品になっているけれど、「ということ
| たいむのひとりごと | 2010/05/03 10:04 PM |
ウルフマン
古典的正統派+スピード感で迫られた。
| 迷宮映画館 | 2010/05/07 10:09 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    mariyon (10/09)
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    ituka (10/08)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    mariyon (10/06)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    ituka (10/06)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    ituka (09/27)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    ituka (09/27)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ