茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 負け組と言われても…「カイジ 人生逆転ゲーム」 | main | 邦題の妙「母なる証明」 >>
殺しても死なないのではなく死ぬはずがない男「2012」

にほんブログ村 映画ブログへ 

どんなことがあっても死なない主人公と言えば、
ダイハードのマクレーンに24のジャックだけど、
こちらは、コブつきで家族みんなを助けなきゃならない。
ジョン・キューお疲れ(笑)

ネタばれしまくり!!

 監督がこれ以上の災害は映像にできない…
と、言ったとか言わないとか(笑)
いや、まさしく、大災害。
エメリッヒらしい突っ込み満載スーパー娯楽大作。



映像が迫力あるので、かってのインディのノリで楽しみました。
(懐かしい、魔宮の伝説!)
危機一髪もここまでくると、
ジェットコースターのような爽快感(笑)
絶対、主人公は死なない、子供にペットもOK。
セオリーどうりです。

ノアの方舟、現代版。
方舟を作るのが中国と言うのもいいですね。
総責任者の、オリバー・プラット。
彼が唯一の悪役と言えばそうだけど、
災害の前には、すべての人が善人になって
皆で協力できるってのも、アメリカ映画らしい。


この人、絶対悪人と思ったら、最後までいいやつ。
ヨアン・アーブって役者さんらしい。


最後に皆で拍手ってのも。
船に乗り込んだ人々の命を救ったのは、
もちろん、主人公ですが、元々の原因が、彼等ですからね。
たったあれだけのことで、たちゆかなくなる船も問題。
まあ、突貫工事ですから・・・(-_-;)

ラスト、「アルマゲドン」のブルースパパか
「ポセイドン」のカートパパを思い出しましたよね、
あの、水の中にもぐっていくところ、
彼が自分の命に代えて、皆を救ってくれた…(涙?)

でも、我らが主人公は死なない。
ジョンキュー、強すぎです。
死なない男年鑑に加えたいです。
ワン・ツー・スリー(爆)。

| 2009年映画 | 13:51 | comments(4) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 13:51 | - | -
コメント
mariyonさん、こんにちは!

>この人、絶対悪人と思ったら、最後までいいやつ。
予想外にイイオトコでしたね、サーシャくん。
イケメン具合が好みです(^^)

私も潜水には「ポセイドン」を思い出しました〜。
一瞬自己犠牲系?と思ったけれど、ジャック・バウアー並にシブとかったですね(爆)
| たいむ | 2009/11/29 7:58 PM |
■たいむさま
そう、あのラスト、ポセイドンとおなじって思ったんですが、監督を甘く見てました。
やっぱ、最後は皆が大喜びして拍手しないとね(笑)
ID4思い出しました。

サーシャくんは、ぜんぜん知らない俳優さんでしたが
ちょっと、気になって調べたんです。
それくらい、イケメンでした。
って、言うか、イケメン出てなかったんで(苦笑)


| mariyon | 2009/11/29 8:20 PM |
もう映像が最高でした。
建物破壊と波の表現は素晴らしいかった。
これを見るまで私は、CGの表現力に限界を感じていましたが、
ここまでできれば、もう何でもできるでしょう。

ストーリーは、無難なものにしたんだと思います。
あくまで主題は映像技術を駆使したカタストロフで、
それを損なわないようなアメリカ人を基準とした万人受けする、
いわば偏差値50のシナリオなんですね。

それでも、ラストのゲートはいらんかった。
復興後の世界があたり一面海なんじゃなくて、
もっとスペクタルな世界を見せて欲しかったですね。


| Haruhi | 2009/12/16 12:26 AM |
■Haruhiさま
コメントありがとうございます〜〜♪

偏差値50のシナリオ(笑)
納得です。
物語より、観てなんぼって映画です。

この映像の迫力なら、劇場に足を運んだ甲斐があったと言うものですもの。

監督のギャラの高いアクターを使わないで
その分映像に金をつぎ込むコンセプト、
今回も生かされていました。


ところで、ハンドルネームのHaruhiは
もちろんあのハルヒですよね(笑)
新作が出なくって寂しいです。
| mariyon | 2009/12/17 1:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/564
トラックバック
「2012」みた。
これぞ、九死に一生[E:sign03] スペシャル決定版 [E:impact]これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお
| たいむのひとりごと | 2009/11/29 7:13 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    mariyon (10/09)
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    ituka (10/08)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    mariyon (10/06)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    ituka (10/06)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    ituka (09/27)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    ituka (09/27)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ