茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 茅ヶ崎のお店70・ランチ「MOJA」 | main | 茅ヶ崎のお店「サンゴ食堂」その2 >>
原作買いました「MW」

にほんブログ村 映画ブログへ
この二人のビジュアルはいいんだけどね〜〜

山田孝之の暗い影をしょった演技が好きなので
かなり期待をして見てきましたが、
これは・・・・残念なことにただのドラマでしたね。
しかもかなり安っぽい。

あげく、山田君、ぜんぜん出番ないし(苦笑)

ネタばれと言うよりちょっと辛口評です。

 原作は読んでいないので、
この二人の関係が映画で推し量るしかないのですが
なぜ、聖職者の道を選んだ賀来が
犯罪者である結城の言いなりになるのか。
命を助けられ同じ過去を背負うものとしての絆があるとしても、
過去の復讐を考えていない賀来にとって
本当に結城を思うなら、そして聖職者なら、なおさら
彼に犯罪を繰り返させてはならないはず。

まあ、個人的には山田クンの暗い顔が見れたからいいか(笑)

幼いころに、島民皆殺しのなか、助かった2人の少年。

賀来は結城の良心のような存在だったのでしょうか?
彼が死んだと思ったとき、
「おもちゃを失くしてしまった」と嘯いた結城。
そして、賀来が結城から離れることができなかったのは
結城を愛していたから??
倒れた結城を介抱する賀来を見ながら
そんな腐女子的な妄想でもしないと
この二人の関係がどうもしっくりこなかったんですが・・・。

そう、冒頭のカーチェイスより、
もっともっと、二人の関係を
掘り下げて描いてほしかった。

そのうえ、後半のばたばたと進むチープな展開に
TVドラマかな??って思わずにいられませんでした。

玉木君も、山田君も、うまい役者さんなのに
とっても残念です。

映画を見終わって思ったのは
最近、鉄腕アトムを読み返して、感動しきりだったので
「手塚治の原作がこんなもののはずはない」と言うこと。

で、映画から帰って、まずは原作をネットで買いました。

| 2009年映画 | 17:07 | comments(8) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 17:07 | - | -
コメント
こんにちは。

映画公開の前日に公開された↓この写真を、
映画を観る前に見ておくべきだったかもしれません。

シネマトゥデイ (2009-07-03)
禁断のエロチシズム!妖艶な玉木宏と山田孝之が絡む衝撃の1枚
http://www.cinematoday.jp/page/N0018693

因みに玉木さんも山田くんも「裏で肉体関係がある」前提で演じるように指示されていたそうです。
| MWファン | 2009/07/06 5:19 PM |
■MWファンさま
コメントありがとうございます!
原作では二人はそういう関係だったんですね。

映画ではそういう場面がカットされていたのに
そんなことを感じたのは、わたしが腐女子ではなく
二人の演技がうまかったからなんですね(笑)

それにしても、映画を観る前に
この写真を観ていたら、あらぬ期待をして
激怒していたかも。。。。と言うのは置いて、
なんだか、中途半端な作りと感じたのは
仕方がないってことだったんでしょうか。

| mariyon | 2009/07/06 7:14 PM |
手塚のマンガって、有名どころは全宇宙的に有名ですが、マイナーな作品って、知られてないんですよね。
ファンは、そういうのを大事に持ってますから。
ま、これもマイナーな方ですわな。
青年漫画は、ビッグ・コミックにずっと連載されておりましたが、このシリーズもんはかなりです。
よくまあ、こんな発想できるもんだ!!と、感心することしきりですわ。
うーん、いくらそんな前提だからといっても、これはひどい。
女が絡んで、そこに対する葛藤が大事なとこなんですけどね。
この本は、手塚の真髄をさっぱりわかってないです。
玉木君は似合ってましたので、そこだけ評価です。
| sakurai | 2009/07/07 8:34 PM |
こちらでは初コメントです〜
ドキドキ(笑)

こんばんわー
って
もうご覧になったんですねっ!!早っ!(笑)
そして・・そうでしたか
結城のイメージがどーしても
玉木さんじゃなかったので
それこそ「ムウ」・・・・(オヤヂだ〜!!爆)
原作読んで
めっちゃはまったので
「模倣犯」と同じ感じで
映画は観た方がよさ気ですね?(別物として楽しむ〜)


ちなみに
原作がおもっきり
「同●愛」がらみだったので
腐ババとしては
ちょっとだけ期待してたのですが
そーかー・・そうですか・・・(ヲイ!)

なんだかよくわからんコメで失礼しました!
| | 2009/07/07 10:05 PM |
■sakuraiさま
映画を観終わって、まず思ったのは
原作は絶対こんなんじゃなかったはず・・ってことでした。

ファンならずとも、手塚作品が
単にアクションや、犯罪などを扱う作品と
一線を画すことはわかっています。

玉木君は体脂肪を絞った役作り、すごかったけど
今までのイメージもあって、
非情に徹して見ることができないのが残念でした。

早く原作が読みたいです。
| mariyon | 2009/07/08 12:13 AM |
■たぶん  さま
初コメありがとうございます。
○○○○○さんですよね
さすがに、原作、お読みですね。

模倣犯のような鑑賞ですか??(爆)。
でも、玉木君はけっこうがんばっていたと思います。

この玉木君と山田クン、
写真集まで出すなら、もっともっと
接近した感じの関係が現れても今の時代ならOKでしょう。
| mariyon | 2009/07/08 12:17 AM |
そうですね、
TV版と共にチープな
お子様向け映画でした。


結城と賀来の濃厚な関係も
mariyonさんに聞くまで全く分からず、
賀来が神父である意味も
この映画では必要ないと思ってしまいました。


せっかく映画にしたんだから、
もっと濃く描いてもいいのにね。
万人向けにしちゃったのが
間違いでした。
「252」に続いて
**テレさんやっちゃいましたね〜


山田君の鼻フェチの私は
お顔が見れただけマシでした。


原作お買いになったんですね!
そのうちお借りしたいです。

| wao | 2009/07/08 2:30 PM |
■WAOさま
映画の中あの介抱のシーンだけで、
あんなことを思い描くって。。。と、かなり自分でも
腐女子入ってるなぁ〜って、思ってたら、そういう話だったんですね。。

TV版の延長戦でしかなかったのが残念でした。

ほんとうに、もっと、この二人に焦点をあてて
彼らの心情を表してほしかったです。

原作まだ届いていないんですが、
読んだら、まわしますね。
| mariyon | 2009/07/09 12:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/503
トラックバック
MW-ムウ-
巨匠・手塚治虫の作品の中でも過激な内容から問題作と呼ばれていた同名 漫画を手塚治虫生誕80周年を機に映画化。16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が起きる。 だが当時の政府はこの事件を隠蔽。さらに出稼ぎに島から出ていた島民にも この件に
| だらだら無気力ブログ | 2009/07/08 12:35 AM |
MWムウ 映画
手塚さんの原作が強烈なショックでした。 異様な設定と男色。どろどろで怖かったです。 その後、BLっていう言葉やクライムノベルが普及。 ...
| 粋な提案 | 2009/07/18 2:05 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    ituka (11/09)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    ituka (11/09)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/21)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    開けゴマ (10/19)
  • もっと名曲に浸りたかった「イエスタディ」
    mariyon (10/17)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ