茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< チュッパチャプス「ジェネラル・ルージュの凱旋」 | main | 真っ向勝負!「ワルキューレ」 >>
可愛かった!「ベッドタイム・ストーリー」
JUGEMテーマ:映画



友達と何か映画を観ようと・・・軽いものをチョイス。
これは、もう、ぴったりでした。
やはり、ディズニーは裏切りませんね(笑)

何といっても、一番の役者はモルモットのバグジー。

 彼の存在は大きい(目も大きいけど)。
春休みなので近所の劇場は吹き替えのみ。
小学生に交じって映画を見ると言う感じでしたが
バグジーが出てくると、けらけらと笑い声が。。
この声が、映画の中に一緒にいるような
錯覚を起こすくらい、いい、エッセンスになっていました。

だめ男のアダム・サドラーが
無理やり押し付けられた姉の子供の子守りに困って
昔、父親がしてくれたようにお話を聞かせると言うもの。
そのお話に、子供が付け加えると、なぜか現実になる。

だめ男君は、無事お姫様を獲得し
悪い敵を倒し(ガイ・ピアースもなかなかでした)、
お城を守ることができるのか?と言うお話(笑)。
まさにおとぎ話、ベッドタイムストーリーなのです。

ちょっと受けたのは、主人公の姉役
校長先生のモニカ。。でなくて、コートニー・コックス。
懐かしの「フレンズ」そのままのようなキャラで
草のケーキを子供に焼き、TV禁止、
お菓子にハンバガーご法度。
なんて言うお堅い母親がみょーにはまりでした。

いろいろ突っ込みどころはあるでしょうが
あははと、子供と一緒に笑える、ディズニーらしさは
やっぱり◎でした。

| 2009年映画 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:14 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/465
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ