茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< VAIOハードディスク交換記 | main | 「花の生涯 梅蘭芳」プレミア上映に行きました >>
レッドクリフとはまったく違う「三国志」

にほんブログ村 映画ブログへ

レッドクリフpart1でもさんざん書いた

アンディ・ラウが趙雲の「三国志」が公開。

いや、三国志と言うより(蜀としか出てこないし)
趙雲一代記です。

 

銀座まで出かけた甲斐ありで

手に汗握るシーンの連続、加えて荒唐無稽のはらはらぶり。

いやーー、もう、中華映画の真髄ここにあり〜〜って

そんな感じでした。

 

銀座のTOHOシネマ(旧シャンテ・シネ)では

初日14日土曜日には行列もでき、

全回満席だったとのこと。

観たのは公開週の金曜日でしたがかなり盛況。

平日というのに男性(ちょっと年配)客の多さにびっくり。

やはり、三国志のキイワードは男性に人気ですね。

 

見せ場はもちろん、あの趙雲が赤ん坊を背負って

戦場を駆け抜ける名シーンです。

そして、一気に30年飛び、晩年、曹操の孫、曹嬰との戦い。

もう、アンディ・ラウの魅力全開。
アンディの時代ものと言えば、このところ
「墨攻」や「LOVERS」で
ちょいと女に情けない役の多かったんですが
今回は英雄伝です、マジかっこいい。
馬に乗せれば、絶壁をかけあがり
剣を持ったら、10人もの兵を一気になぎ倒す。
痛快!!!!!!
 
そして、若き時代の趙雲の飯を食う姿惚れ惚れ。
まずは、赤ん坊を助けに戦場へ向かう前に
鎧を着けながら、とにかく食う、食う。
凱旋して故郷に帰り女に作ってもらった飯を
うまそうにかきこむ。
いやぁ、お若い!!!
若い者は食べなくては。。。と思える姿。
絶対40代に見えないところは
ブラッドのベンジャミン〜のようでもあります。
 
歴史の三国志がどうのとか
レッドクリフがどうのとか、
そういうのを全く切り替えて
ただ、中国英雄伝として
おぉ〜〜と、何も考えないで観たい
そんな1本です。はい。
 
そして、英雄たる人間のまわりで
自分の力量に嘆く普通の人間の悲哀も・・・・。
サモハン兄ぃの役も、とてもよかったです。

| 2009年映画 | 17:54 | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 17:54 | - | -
コメント
おお!楽しんでこられたのですね♪
そうそう、本当に「中国英雄伝」として、その英雄の活躍に心を躍らせ、悲哀を感じて…という感じで観るのがいいなと思う映画でした。

アンディさんの食べっぷりは私も惚れ惚れでした。
隠れた名シーンだと思います。

あと、個人的に画面の色合いや、シーンの切り替えの演出がかっこよかったと思います。
踊る妓女たち→将軍の任命式のシーンとか、マギーQの琵琶を弾く姿と交差する兵や武将の壮絶な最期とか。

DVDになったらまた観たい…とにかくツボ直撃な香港映画でした♪

p・sトラバ入れさせていただきました〜。
| まもとつる | 2009/02/24 7:52 PM |
■まもとつるさま
英雄伝でしたね。。たしかに。
なんか、こういうアンディをすごく見たかったんです。
って、昔は、かっこよすぎるアンディさんが苦手だったのにね。

英雄の周りにいる人間の悲哀も、
いやらしくない程度でしたし、
マギーQも敵キャラとして、すごくあってました。

当初の予定どうり、レオン・ライが共演のままだったら、
曹操軍を率いている役だろうと思うので、
このマギーQの役だったかもしれない。
なんて、ちょっと思ったり。。。
| mariyon | 2009/02/24 9:44 PM |
はじめまして。
アンディ・ラウはかっこよかったですね。
予算の都合で、こじんまりしてますが、
単純なお話で、かえって趙雲がひきたったし。
三国志と観ずに、戦国もの、として観れば問題ないですね。
ねたみから来る裏切りとか、捨て駒になろうとも、
自分の信念のもと、最後まで戦いに赴くという話にしてあって
面白かったです。
| kino | 2009/02/26 4:53 PM |
■kinoさま
コメントありがとうございます〜〜。

レッドクリフのpart1と2の間に
この三国志を見ればちょうどいいかと思いきや
とんでもないって話でしたね。
いや〜〜、なんか、こういう中華映画に飢えて様な気もしました。見終わって、ちょっとしてから、いろいろ思い出して楽しめる作品でした。

裏切りやねたみの話が入ってても
ウエットにならないところが、アンディさんらしかったです。
| mariyon | 2009/02/26 9:35 PM |
やっときました・・・・。
長かった。もうDVD出るんじゃないかと焦りましたよ。
DVD出ちゃうと、上映ないことも多いので。って出てたりして。

いやーーーーー、もう、1シーン、1シーン、づギュンどぎゅんとやられまくり・・・。昇天寸前でした。
どして、あんなにかっこええんでしょう。
そうそう、若いころは、鼻につくかっこよさで、そこがどうしても心から好きになれなかったのですが、ここまでかっこえくなるとは!!!

物語なんぞ、どうでもいいです。たっぷり全編、アンディ様を堪能しました。
いやーー、ごちそうさまでした。
サモハンも健在でしたね。
残るは「ウォー・ロード」です。
| sakurai | 2009/05/21 10:19 PM |
■sakuraiさま
かっこよかったですよねーーーーー!!
大画面で観れてほんとうに何よりでした。
やっぱ、これはDVDじゃなくて観たいですよね。

>若いころは、鼻につくかっこよさで
おぉ〜まさに同意見です。

実はまだアップしていないんですが
ウォーロードを昨日観てきました。。。
これが、また、sakuraiさんの言葉をお借りして
昇天ものでした。
| mariyon | 2009/05/21 11:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ル・マン24「フォードVSフェラーリ」
    mariyon (01/18)
  • ル・マン24「フォードVSフェラーリ」
    ituka (01/18)
  • 最後の最後かな「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
    mariyon (01/08)
  • 最後の最後かな「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
    mariyon (01/08)
  • 最後の最後かな「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
    ituka (01/08)
  • 最後の最後かな「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
    dalichoko (01/08)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ