茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< キアヌはまたも救世主?「地球が静止する日」 | main | 今回も骨太レオ君「ワールド・オブ・ライズ」 >>
作り話のような実話「バンク・ジョブ」
JUGEMテーマ:映画
にほんブログ村 映画ブログへ

ジェイソン・ステイサムと言えば、
スタントも使わない信じられないほどのアクション。
でも、この映画は、ジェイソンのアクションより
現実のドラマを描いた話・・・・。

と、思って見たんですが、
確かに派手なアクションはないものの
これが、もう、信じられないようなお話。

ネタばれしてます


“ウォーキートーキー強盗”って、
イギリスでは有名な事件だそうですが
70年代ってこんなものだったんですね。
レトロなかんじの穴掘り銀行強盗。

見張りとの無線を傍受される、
銀行強盗達にもあきれますが、
なおかつ、それがどこの銀行かを
特定できなかったってのもびっくり・・・・。

そして、この、ちょっと間抜けな
銀行強盗連中が引き当てたお宝は
英国王室スキャンダル。
でも、実は、もともとこの強盗を仕組んだのは
このスキャンダルでゆすられ続けた政府。
犯罪人の封印のためにしかけたのだった・・・!!!
って、えっっと・・・どこまでが事実かはわかりませんが
これって本当??
70年代って、そこまで大昔ではないですから、
事実としたら、いくら名前を変えてあっても
こんな暴露話いいの??
と、何度も、考えちゃいました。
一応、スキャンダルは本当らしいですね。

おかげで、お話は二転三転、
敵味方入り乱れての展開で、飽きません。
ジェイソンさんは、渋くて、動きに切れがあって
しかも、演技もうまい。
ただのアクションスターだけでないってことを
ここでも証明しています。


犯人に、感情移入しちゃってるんで
めでたしめでたし的ラストは嬉しかったですが、
悪人が最後はこんなにしてやったりって。。。
いいのか・・・???
と、ちょっと、釈然としない気持ちも残りました。

事実、襲ったのが貸金庫だったから、
被害届けがほとんど出なかったために
彼らは大した罪にならなかったらしいですが・・・。
これも、イギリスらしい話です。


| 2009年映画 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 19:39 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/438
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ