茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 歴史的事実+「ブーリン家の姉妹」 | main | 舞台挨拶つき試写会「エグザイル絆」 >>
たしかに赤壁だった「レッドクリフpart1」
JUGEMテーマ:映画
にほんブログ村 映画ブログへ

三国志をジョン・ウーが撮る!!
と聞いた時に、どのあたたりを??ってのが
一番気になっていたんですが
いや、たしかに、「レッドクリフ」。
まさか、ここまで、赤壁だけに絞った
作品だったとは思いもよらなかったです。
そのうえ、あの有名な水軍のくだりは、
次回に持ち越したPart1です。

そもそも香港映画の2部作、3部作って
それこそ、ジョン・ウー監督の「俺たち〜」シリーズの
香港全盛期にはめづらしいことじゃなかったとか・・。
時にはpart2を2週間後に上映なんてのも
あったみたいです。
昔の香港映画って、低予算で、
脚本も完全にできてないまま撮るようなのも多かったし
(香港に限らず昔は日本もそうだったのかな?)
なにより、上映時間が1時間半と決まっていたんで、
予算をちょいとかけた、歴史ものなんてのは
2部作なんてこともあったようです。
まあ、そのぶん、客の入りが悪いと
1週間で打ち切り!なんてことも!!!

前置き長すぎ(反省)。
で、今回、このレッドクリフが
前後篇の2部作と言うのも
とーぜんと言えば、とーぜんなわけですね。

「三国志」と言えば、映画やら、漫画やら、ゲームやら
ありとあらゆる方面で語られ、
日本での知名度もそうとうなもの。
が、しょっぱな、むっちゃ丁寧な説明が入って
三国志に詳しくない人間にも
今回の赤壁の戦いだけはわかるようになっています。
その上、最初の登場だけでなく、
途中途中にうるさいくらいの、
人物説明が字幕で入ると言う、おっそろしく
親切な作りでした。
これには、ちょっとびっくり。

映画は、とにかく、戦い!!!!!!!
また、戦い!!!!!!
人、兵士、馬・・・。
さすがは中国です。
ジョン・ウーがどんなにハリウッドで頑張っても
これは撮れないでしょう。
やっぱ、故郷に帰って、初めてできる偉業。

とにかく人(馬も)の数がここまで使える。
その迫力に圧倒されます。
船団や、戦いシーンのCGはあっても、
本物の映像のすごさにかなうものはない。
兵士のぶつかりあいや、楯をやぶっての戦闘シーンなど
観ているだけで、痛そうって思うほどリアル。
実際、鎧を着けてあのシーンは、
転ぶ真似をするだけでもかな痛いはず。
クレジットを見たら、エキストラには
人民軍の兵士が駆り出されているんですね。
普通のエキストラではあの動きはきついでしょうから。

映画そのものの感想は、
part2と言うより後篇を見ないとなんともですが、
周瑜を演じたトニーさん。。
彼だけを目当てにってくらいの気分でしたが、
どうしても、わたしの周瑜のイメージに
若くして死んだ(36歳)と言うのがあって、
トニーさんでは、ちょっと歳なのでは。。。
と、言う思いがぬぐいきれませんでした。

反面、邦画ではうまいと感じたことがない金城くん。
いや〜、もう、びっくりするほど、
孔明にはまりでした。
扇をひらひらさせながら、表情だけで演技してる。
これが、みょーにかっこよくて。
はじめて、金城迷の気持ちがわかったかも。
(すみません)

ところで、この「レッドクリフ」ほぼ同時に持ち上がっていた
ダニエル・リー監督の「三国志〜龍的復活」。
こちらは、アンディ・ラウが趙雲、
レオン・ライが周瑜、サモハンが張飛役で、
たしか、2年前くらいに大々的に記者会見も行ってました。
その後、どうなったのかな~~と、思ってたら
タイトル「三国志之見龍卸甲」に変更され、
キャストも、レオン・ライがいつの間にかなくなって
マギー・Q、ヴァネス・ウーが新たに加わってました。
今年の4月に、日本を除くアジアで公開されたそうなんですが
ジョン・ウーの赤壁の前に敗れたのか・・・
日本公開の話がないのが残念です。
(せめて日本のDVD発売ないでしょうか?)
| 2008年映画 | 11:46 | comments(12) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 11:46 | - | -
コメント
mariyonさん、こんにちは。
中国だからなせる技?エキストラの多さには驚きますよね。
赤壁での訓練、羽の中にすっぽり収まる陣形の再現なんかも「ほぉ〜」って溜息モノでしたから(^^)
八卦の陣はどうしたのだろう?ばみったりしているのかしらね?(^^)

>金城迷の気持ちがわかったかも
うはは。私にはまだ分りませんが、怪人二十面相も楽しみにしているのは事実(爆)
| たいむ | 2008/11/02 3:07 PM |
■たいむさま
八卦の陣も素晴らしかったですね〜>
あの撮影に、どれだけかかったのか分からないんですが、
ほぉ〜〜って、見とれるほどでした。

金城君。。邦画は×だけど、
香港映画ならって思ってたのに
「ウィンター・ソング」も「LOVERS」も
いまいちだったんで・・・、
もう、金城パスとまで思ってましたから、
ほんとうに、今回、自分でもびっくり!!
| mariyon | 2008/11/02 6:35 PM |
さっき観て来たところです!
面白かった〜〜〜!!
三国志にまったく知識のない私でも大丈夫でよかったです。
そして戦いの迫力と映像の美しさに、さすがジョン・ウー!って思いました。
役者のアップが多かったけど、
監督は一番かっこよくキレイに見える顔を知ってるな〜って思いました。
金城くん、よかったですね!!!!!!!
(わたし結構好きです^^)
知的だけどユーモアもあって。

私も濡れ場には興ざめ(><)
女優さんがぁ・・・・おっとっと(笑)

武将で一番いいなって思ったのは、
赤ちゃんをくくりつけながら戦った人。趙雲?
強くて優しくてかっこよかった〜〜〜♪

早くパート2見たいです。
せめてお正月にしてほしかった。
| | 2008/11/03 4:12 PM |

名前入れるの忘れました(^^;)
atsuko でした!
| atsuko | 2008/11/03 4:14 PM |
知ってる人から言わせたらうるさいくらいの説明でしたが、知らない人は本当に知らないので、「劉備?孔明って何?」くらいの人も山のようにいらっしゃいますから、ご丁寧でしたね。
タケちゃん目当てで、三国志のサも知らない若いお姉ちゃんがいっぱい来るでしょうから。
うーーん、タケちゃんかあ。
やっぱトニーさんが孔明だったなあ。
と思ったら、当初はトニーさんが孔明だったんたとか。なる!です。
今回は趙雲でしたねぇ。
「インファナル・アフェア供廚任癲△いご兇犬任靴燭、今回はマジかっこえかったです。
トニーさんのタッパがなあ・・・。
いつもは気にならないタッパが、今回だけは・・・・。

悩ましいチャン・チェンにデヘヘヘ、でした。デヘ。
| sakurai | 2008/11/04 9:09 AM |
■atsukoさま
趙雲、良かったですね〜。
インパクトもあったし、なにしろ、かっこよかった!!

>監督は一番かっこよくキレイに見える顔
いや〜〜、そうなんです。
アップが、ほんと綺麗でしたね。
そのアップから、一転戦闘シーンになるんですが
このあたりが、ジョン・ウーさすが!!って
心の中で拍手してました。

後編、楽しみですね♪

| mariyon | 2008/11/04 9:40 AM |
■sakuraiさま
ひさびさのチャン・チェン。
スクリーン映えしますよね〜〜。

孔明トニーさんだったら・・・ってのは
言っちゃいけないって思うんですが、
やっぱ、思いますよね。。

>タケちゃん目当てで、三国志のサも知らない
若いお姉ちゃんがいっぱい来る

と、いいですね〜〜最近、ちょっと話題の少ない中華系、
大ヒットしてほしい。。。(香港応援気分なんで)

でも、初日は大入り満員って感じでうれしかったです。
三国志ファンには・・・最初の説明はともかく
本編そのものはどうなんでしょうか??
| mariyon | 2008/11/04 9:47 AM |
『呉清源』はちょっと地味でしたからねえ。
ああやって、馬乗って闊歩するあたりが、やっぱチャンの真骨頂ですわ。
うん、よかった、よかった。

本編は、きっとフリークさんから見たら、突っ込みどころ満載だと思うのですが、戦いの迫力は十二分に伝わったのではないかと。

ところで、『エグザイル絆』!!ごらんになったのですねええ!!!
見たい、見たい、見たい。。。一本なのですが、いまんところ来る予定がないです・・・。
見たいよお。
映画の評価期待しておりますので、よろしく。
| | 2008/11/04 3:34 PM |
↑ sakuraiでした。
名無しのごんべいになってました。
ごめんちゃい。
| sakurai | 2008/11/04 8:51 PM |
■sakuraiさま
チャン・チェンの『呉清源』は見てないんですが
いかがでしたか??

>馬乗って闊歩するあたりが、やっぱチャンの真骨頂

そうですね〜〜、
でも、「2046」のチャンさん、美麗でした。

「エグザイル絆」12月公開で、全国順次上映とのことですから、そちらにもきっと・・・
でも、東京の12月の公開日もまだ未定だそうですが・・・

ファンミーティングに応募するためには、チケット購入が前提でしたから、試写会にいったものの、チケットは残っているので、もう一度見るのか??どうか??ちょっと悩みます(笑)。
| mariyon | 2008/11/05 10:13 PM |
金城武は『恋する惑星』から『LOVERS』まで映画はイマイチなんですが、
顔は好きです(笑)

金城くん、ぼぉーとして賢そうに見えないトコが、かあいい(笑)
あ、そういえばエキストラも、ぼぉーとしている人がいましたね(笑)

色んな意味で、楽しませてもらった映画でした。
『Part2』も観ます〜!!
| あん | 2008/11/09 11:02 PM |
■あんさま
そう、LOVERS・・・ですよ。
でもって、ウインターソング。。
日本語映画は×でも、母国語映画はうまいと思ってたのに
金城君、パスだなぁ〜〜って・・・。
それが、傷城でちょっと復活!
今回、赤丸急上昇ってくらい、見直しました(爆)。

後編、楽しみですね〜。
ほんとは、お正月第2段くらいで公開してほしいです。
| mariyon | 2008/11/10 8:06 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/414
トラックバック
「RED CLIFF(レッドクリフ)Part1」(試写会)みた。
白いハトは今日も元気に”赤壁”の空を舞う。・・ということで、一足先に試写会で鑑賞できて嬉しく思う。字幕作品なのに、いきなり日本語で”三国志”の世界観と”赤壁の戦い”の背景が説明され始めたのには「いった
| たいむのひとりごと | 2008/11/02 3:03 PM |
レッドクリフ Part I (評価:◎)
【監督】ジョン・ウー 【出演】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ビッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チ...
| シネマをぶった斬りっ!! | 2008/11/03 7:43 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    mariyon (10/09)
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    ituka (10/08)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    mariyon (10/06)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    ituka (10/06)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    ituka (09/27)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    ituka (09/27)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ