茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< ジャック・ブラックに泣かされる「僕らのミライへ逆回転」 | main | 茅ヶ崎のお店・ランチ57「RESTAURANT澤」 >>
もらい泣きの「PSアイラヴュー」
JUGEMテーマ:映画
にほんブログ村 映画ブログへ

秋です。秋はやっぱり恋愛映画!
最近、恋愛映画を観ていないってとことで
選んだ1本でしたが、映画そのものよりも
J・バトラーのファンの方でしょうか?
隣に座った方が号泣していて、
最後はもう、せき込むほどに泣いていらして
思わず、そっちにもらい泣きしてしまいました。

基本は、ヒラリー・スワンク演じるホーリーには
まったく共感できず。
家がなければ子どもは産めないとか
人生が始まらないと言う、最初の喧嘩に
ちょっとうんざり。

サブプライムローンがなぜ、
あそこまでアメリカに広がったのか
その一端を見るような気さえしました。

頑ななホーリーと違って、
どこまでも優しくて包容力のある夫。
彼が死ぬとわかっていなければ、
こんな人間いるわけない!
何か下心があるのかって思ってしまうほど。
(それではサスペンス映画?)

彼が亡くなってからも、回想シーンで出てくるのは
とっても素敵な夫ぶりばかり。
特に歌うシーンは素敵。
パブで歌うジェリー、KARAOKEで歌うジェリー。
それにしても、アメリカのカラオケってすごいですよね。
個人のエンターティメントショーですから。


亡くなった夫から手紙が届くって
嬉しいのでしょうか?
その夫の言うとおりに行動できるものでしょうか?
あまのじゃくなので、わたしには無理。

ただ、この映画を観て、
大事な人と言い争うような生活だけはしたくない・・
と、切実に思いました。


一番驚いたのは、ホーリーの新しい彼氏候補のダニエル。
ハリー・コニック・Jrではありませんか!!!!
なんか、けっこう、好きなタイプだったりして。
ちょっと、歳をとった感じが素敵でした。

そして、ローリーのお友達にジーナ・ガーション、
リサ・クドローと、嬉しいキャスティング。
この二人も久々でしたが、
リサは「フレンズ」まんまのぶっとびキャラ?
そうそう、お母さま役のキャシー・ベイツといい
脇キャラ充実していました。
脚本家は「マディソン郡の橋」、原作は大ベストセラー、
もうすこし、面白く作ることができたんでは?

と、ちょっぴり残念ではありましたが、
隣で号泣していた方の気持ちが
映画のエッセンスとなって、
ところどころ、ほろっとしちゃいました(笑)。
| 2008年映画 | 22:15 | comments(4) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | -
コメント
映画週間でしたか?
いやーー、mariyonさんと、ほとんど同じ感想。
最初のケンカにとにかくいらいらさせられましたが、まあ、あのあと仲直りしますよ!という前ふりだったのでしょうが、それでも神経に障ったし、妻の考えもだめ。
死んでからも夫に動かされるのか・・・に、相いれず。
ま、そんな妻だから、夫も死んでも死にきれなかったのでしょうけどね。

既婚者と、未婚者でも、捉え方は違うでしょうが、夫は一番いい時に亡くなってしまったのかもしれませんね。

豪華な脇役陣が、見どころでした。
| sakurai | 2008/10/23 10:38 PM |
mariyonさん、こんにちは。

>ハリー・コニック・Jr
誰かと思ったらダニエルですかw
相変わらず俳優さんの名前に疎い私です(^^;

それにしてもお隣さんは感受性豊かなのかなんなのか。個人的に似た体験をしていたのではないかしら?とか思ったり。
mariyonさんも「もらい泣き」って素晴らしいわ。
私はそうなると逆に冷めちゃうタイプだからなぁ(^^;
| たいむ | 2008/10/23 10:58 PM |
■sakuraiさま
そうなんです、旅行から帰ってきて、
映画が観たい!!って、
映画館に日参してました。(きちんと1日1本で)

俳優陣も豪華なら、映像も綺麗だし、
秋に観る恋愛映画にぴったりだったんですが。。。
主張が強すぎるのって疲れます。
ましてや、その主張に乗れないときは・・・。
とんでもなく身勝手な妻だと思ったんですが
亡くなった夫の手紙に合わせて行動できるってことは
やっぱり、可愛い女なのかも。。。

お互いそれはできないってことで・・・(爆)。
| mariyon | 2008/10/24 4:08 PM |
■たいむさま
ジェリーが歌いまくっていましたが
やはり、ここは、ダニエル(ハリー)にも
歌ってほしかったです。
グラミー賞受賞の美声をぜひ聴かせてほしかった(笑)。

隣の方は、多分、2回目以上ご覧になっていたと思います。
泣かせのシーンのちょっと前から、嗚咽が聞こえてきちゃってましたから。。。
でも、ご自分が似たような経験をされている方だと、何度も映画を見ないのでは??って、勝手に解釈して、多分ファンの方でないかと。。。。思ったりしたんですが。
もし、ファンで、あそこまで感情移入できたら、幸せな映画体験ですよね。
| mariyon | 2008/10/24 4:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/410
トラックバック
「P.S.アイラヴユー」みた。
いきなり大ゲンカ〜ラブラブなシチュエーションに唖然。思いの外、全体的にコメディタッチが強い作品だというのも驚いた。またなかなか”手紙”が届かないのにもどかしく感じてしまった。それはおそらく、”手紙”が
| たいむのひとりごと | 2008/10/23 10:46 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ