茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 20年前なら感動したはず!「イーグル・アイ」 | main | 意外と面白かった「アイアンマン」 >>
役者ってすごい!「容疑者Xの献身」
JUGEMテーマ:映画
にほんブログ村 映画ブログへ

堤真一は役者です。
そして、ましゃはやっぱミュージシャン!
ドラマくらい面白ければスクリーンで福山君も観れるし、
ま、いいかぁってノリでしたが、
いや、これはドラマの延長線とは違う
ほんとうに映画らしい映画でした。

同じくましゃファンの息子と観てきました。

ネタばれしてます。

いち早く原作を読んだ息子から
これが原作どうりなら、かなり面白い映画になると言われ
そうなんだ、ドラマのお祭り映画と違うんだ・・・って
ちょっとだけ期待してました。

その期待を全く裏切らない、
いや、ある意味、見事に裏切られたのかもしれません。
なぜなら、福山君目当てで観たんですが
堤真一の主演映画でしたから。
ガリレオは脇キャラのひとりでした。

堤真一扮する石神、中年の高校教師
頭はいいかもしれないが、何を考えているのか
何が楽しいのかわからない、
できれば距離を置いてつきあいたい。
粘着質で、助けてもらったのはいいが
ストーカーとしか思えない行動。
次に自分は何を要求されるのか?
そういう思いが伝ってきそうなほど
冴えない男石神を演じている堤さん。。。
上手すぎでしょう。
あれだけかっこいい人がここまでできるの?

そして、大学時代の友達だった(唯一理解しあえた)湯川は
いまでも、外見的には女の子がほおっておかないかっこよさ。
(そりゃあ、ましゃですから)
「いつまでも若々しいね」と言う石神。
この対比でもさることながら
「恋をしていなければ、自分の容姿なんて気にもしなかった」
と言う言葉に、人は恋によって変わり、
生きることも死ぬこともできる。
自分の命よりも大切な恋に出会えた石神を
うらやましく思う湯川の気持ちを感じます。

不思議なことに、感情を表したガリレオは
魅力が半減してしまうことにも気がつきました。

そして、福山人気だけにたよった
ガリレオ映画にしなかったことに
心から拍手したいです。面白かった!!!

これから原作を読みます。


ところで、福山雅治の音楽好きです。
でも、もともと、ミュージシャンなんだからと
あえて、彼のドラマを観たことはなかったんです。
それが、まあ、世の中には、
俳優と歌手を同等にこなさなければならない
アジアには明星と呼ばれるスターの存在を知って
考え方を変えました。
と、言うわけで、ドラマ「ガリレオ」は毎週観てました。

でも、この映画を観て、
福山君はミュージシャンで、役者ではないと痛感。
演技が下手なんてわけではないんですが、
やはり、ドラマの枠を出ていな様な気がします。

その分、ラストの歌は胸に響きました。
いい曲作りますよね、彼。


| 2008年映画 | 17:28 | comments(6) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 17:28 | - | -
コメント
ども〜。
私は、福山には特別思い入れがないため、堤・松雪目当てがどんぴしゃりでした♪
まぁ、福山も悪くなかったと思いますよ。

>福山雅治の音楽好きです。
耳に残るテーマソングといい、歌のない曲も良いですよね。
どっちかって言うと、本人に歌ってほしい主題歌だったけど。
| たいむ | 2008/10/20 7:17 PM |
■たいむさま
挿入歌も、エンディングも、よく映画にあっていました。
ラスト、雪のちらつく東京に柴崎コウの声。。
さほど、うまいと思ったことはなかったのに
この歌はよかったです。
福山君はやっぱ、ミュージシャンだなと。。改めて認識。

ドラマのお祭り映画と違っていて、
堤、松雪映画で大満足でしたね。
| mariyon | 2008/10/21 9:44 AM |
こんにちは。

この映画、堤真一にはやられました。
途中まで、ステロタイプの演技と思っていたのに、
最後にそれを壊してしまう。
松雪も含めて、役者の力量で見せた映画でした。
| えい | 2008/10/21 9:49 AM |
■えいさま
最初から最後まで堤映画でしたね〜〜。

原作そのままだと聞いて
映画を観た後、とにかく、
原作が読みたくなりました。

最近邦画が面白いのは
原作に良い作品が多いからでしょうか?
| mariyon | 2008/10/21 10:17 PM |
ましゃっていうのね。
それすら知らない私・・。
本を読んだのはだいぶ前だったので、ちょっと中身を忘れかけてて、ちょうどよかったですわ。
見ていて、じわじわ思い出しながら、うーん、本のテイストそのまんまだと感じました。
で、堤真一!!鳥肌もんでした。つくづくいい役者になりましたね。
SABU監督の映画で、しょっちゅう走ってた頃とは雲泥の差ですわ。
役者の妙を堪能しました。
東野の映画化では、一番ではないかと。
| sakurai | 2008/10/22 8:35 PM |
■sakuraiさま
息子がね「ましゃ兄ぃ」って呼んでいるんですよ。
ファンはましゃみたいですね〜〜。
わたしの持ってた昔のCDも全部、息子の部屋ですから。

クライマーズ〜、メトロ〜、オールウェイズ〜
ほんとうに、どの作品をとっても、
いい役づくりしてるなぁ〜〜って。。。

原作はこれから読みますが、
雪山のシーンは原作になかったんですよね。
クライマーズ〜の続きかとおもっちゃいました。
| mariyon | 2008/10/22 10:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/407
トラックバック
「容疑者Xの献身」みた。
TVシリーズは先日の一挙再放送を見直したが、原作は未読まま。高視聴率のドラマが当たり前のように映画化されるこの頃だが、「ガリレオ-容疑者Xの献身」というタイトルで無かったことは正解だったように思う。福
| たいむのひとりごと | 2008/10/20 7:13 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
  • 違う視点からの「アルキメデスの対戦」
    mariyon (08/23)
  • ジェイソン・ラブ「ワイルドスピード スーパーコンボ」
    mariyon (08/23)
  • ジェイソン・ラブ「ワイルドスピード スーパーコンボ」
    ituka (08/23)
  • 違う視点からの「アルキメデスの対戦」
    ituka (08/23)
  • ラストに監督らしさあり?「天気の子」
    mariyon (08/01)
  • ラストに監督らしさあり?「天気の子」
    ituka (08/01)
  • アイアンマンの存在「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
    mariyon (07/27)
  • アイアンマンの存在「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
    ituka (07/26)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ