茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< ななちゃん可愛い!!「ミラクル7号」 | main | 東京ぷち旅行&「アルカザール」 >>
新聞社の内情を観る映画 「クライマーズ・ハイ」
JUGEMテーマ:映画
にほんブログ村 映画ブログへ

「新聞社の内面を緻密に描いた作品で
感動のドキュメンタリーみたいなのと違う。
映画の作りはどうなのかなぁ??」
と、原作を読んだ友人から聞いていましたが、
ほんとうにそのままの映画でした。



日航機墜落事件はよく覚えています。
日本中お盆休みの真っ只中、
帰省のため2日後の14日に
飛行機に乗らなければならなくて
小心者のわたしは、
着陸までどきどきしていました。

郷里でも連日の報道でした。
飛行機と言う交通手段でないと
お盆休みに帰省もできない身には
他人事とは思えない、そういう事件でした。

ただ、映画は、その事件を扱っているものの
20数年前の地方新聞社の人々の
思い、こだわり、欲、セクハラ、
パワハラ、さまざまな人間関係を描いた作品でした。
あの時代の地方新聞社って、
やくざの抗争のような有様。

主役の堤真一、懇親の演技!
たしかに、緊張感がすばらしかったです。
が、やはり、ここは堺雅人!!!!

冷静で仕事のできる記者、
地獄の山で通信手段もなくぼろぼろになって下山。
何とか送った記事は没にされ
泥だらけのまま出社してきたときの
あの恐ろしい顔!
彼の眼光に宿った暗い光は
映画を観終わってもなお、
忘れることのできるものではありません。

それにしても、今から、わずか、20数年前。
新聞記者の通信手段が固定電話だけとは!

時代も人も、意識も大きく変わった現代の
地方新聞社の本質は、今でもそう変わってないのでは?
なんて、つい思ってしまうような
そんな作品でした。
| 2008年映画 | 19:18 | comments(6) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 19:18 | - | -
コメント
感動のドキュメンタリーみたいなのと違うけど、見応えがある映画でしたね。
最近の邦画と、また毛色が違っているので、興味深かったです。

いやもう、新聞社の人達、みんな、上手かったです。
で、その中で、目に焼き付いたのは"堺雅人"でしたね。
今回一番描きたかったのは、電話を握りしめて『命がけの雑感』を送っていた堺雅人!でした。
こういう俳優さんだったんですね。
| あん | 2008/07/12 12:19 AM |
■あんさま
堺さんを意識したのは、大河ドラマの「新撰組」でした。
いまだに「山南さん」って思っちゃいます。
(壬生義士伝では沖田総司でしたが・・・)

いい役者さんですよね。

俳優の演技がぶつかり合うような映画は
役者さん次第でぜんぜん出来上がりが違う。
内容はちょっと支点がぼけ気味のような気もしましたが
映画は、見ごたえありました。

| mariyon | 2008/07/12 8:45 AM |
mariyonさん、こんにちは。
>地方新聞社の本質は、今でもそう変わってないのでは?
かもしれませんねー。
堤さん、堺さんは、期待を裏切りませんね。
絶賛モードが流れる中、私はもう一つ乗り切れていないのだけど、見応えのある作品ではありましたね!
| たいむ | 2008/07/12 3:15 PM |
■たいむさん
たいむさんは、乗り切れなかったんですね。

わたしも、日航機墜落の映画・・・と、思ってみたら
ずいぶん内容が違っていました。

でも役者さんの演技に魅せられたってかんじ。
堺さん、すごいですよね。
役になりきっているというか。。。
まったく別のキャラをあれだけ上手くできるなんて!
| mariyon | 2008/07/13 9:47 PM |
雅人君と、ミラクル7ちゃんが並んでると、いっそう似てる感じがするんですが・・。

映画は全く飽きさせずに、さすが原眞っていうのが、なんか悔しいんですが、まざまざとあの日を思い出させました。わずか20年ちょっとで、隔世の感がありますね。

先代の当地の新聞社の社長は、まさにあれ。自分のとこで書けないので、ここで書かせてね。
見たとき、「モデルは○○やん!」と思いながら見てましたもん。通称「○○天皇」!!!(○○には、苗字が入ります)
私が学生の時、そのことを暴露した週刊朝日が、県内すべての本屋から消えたのを、思い出しました。社員がくまなく回って、買い占めたと。
で、手が伸びなかったのが大学の生協の本屋。貴重な週刊誌だああ!と、話題になりました。
| sakurai | 2008/07/17 8:14 AM |
■sakuraiさま
そ、そうなの??
モデルいるんですかっ!!!!
社長のセクハラとか、あの設定はちょっとやりすぎ!!
って、思っていたんですが。。。。。
山崎さんが好きな分よけいに(笑)

でも、まあ、あの時代ですものね。
若い頃、仕事先の担当にいやなおっさんいましたよ。
地方で権力持ってれば、天皇でしょうね。

映画はいろいろ思いがあって、
予想とはちょっと違っていましたが
一気に見ることができました。

ミラクルななちゃんの写真と
堺さんの写真、同じネクタイでこうも違う!!って
ひそかに思ってチョイスしたんで、
気がついていただいて、嬉しいです〜〜。
| mariyon | 2008/07/17 8:56 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/373
トラックバック
クライマーズ・ハイ
堺雅人の可愛い顔は、クワセモンである。つい、描きたくなってしまうではないか。 堤真一は『反カメレオン俳優』というか、いつ見ても"堤真...
| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2008/07/12 12:20 AM |
「クライマーズ・ハイ」みた。
「え。これで終わり?」というのが瞬間の感想。これ以上長くても困るけれど、残念ながら最後まで、何を一番に描きたかったのか読み取れなかった気も・・・。それでも、「日航機墜落事故」と「クライマーズ・ハイ」。
| たいむのひとりごと | 2008/07/12 3:12 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    ituka (11/09)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    ituka (11/09)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/21)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    開けゴマ (10/19)
  • もっと名曲に浸りたかった「イエスタディ」
    mariyon (10/17)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ