茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 茅ヶ崎のお店・帽子のお店「sashiki」その2 | main | 茅ヶ崎のお店51「火之鍋(かのか)」 >>
映画の真意は?「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
JUGEMテーマ:映画


にほんブログ村 映画ブログへ


予告と内容はまったく別と聞いていたので、
そのギャップがどうこうと言うのはないです・・・。
ただ、レディスデイで席は主婦で満席に近い
あの、かる〜〜いラブコメもどきの予告につられて
やってきた人多いだろうなーーと・・・・
思わずにいられなかったです。

トム・ハンクスとジュリア・ローバーツですからね〜〜。


内容は一下院議員が自分のコネを駆使して
政治資金を工面、
ソ連のアフガン進行を食い止めるべく
武器の調達をするというもの。

予告でイメージされていたような
田舎の何の力も持たない地方議員ではなく
いろいろな方面に、あらゆるパイプを持ち、
潤沢に資金を調達できる人間だ。
500万ドルから10億ドルに予算を増やすことができたのは、
アフガンで虐殺されている人々の映像より
共産主義の奴らををやっつけろ!!精神だろう。
ヘリを撃破し、ミグを粉砕!!


ところで、この映画は何が言いたかったのか??

アメリカ万歳!!アメリカは世界平和のために
いつでも良きサマリア人を演じている!!
アメリカ賛辞のための戦争映画だったのか?

武器のための金は出しても
小学校のための金は出さないアメリカと言う国の
独りよがりさを言いたかったとはとてもおもえない。
これは余りにつけたし。

それとも、こうして、アフガンに持ち込まれた
10億ドルもの武器が招く未来のアメリカ。
そんな未来は誰も予想ができなかった・・・。
9・11をオブラートにくるんだブラックジョーク?


いい俳優をそろえ、脇を固めて、
こむづかしい政治の話題を
テンポよく飽きさせないで見せているのは
ポイント高いけど、見終わって
だから何??って、もやもやが残る。。。

もしかすると、あの予告を含めてこの映画は
平和ボケした主婦層に、
「皆さんの知らないところで
世界はこんなことがあったんですよ。」
と言う、主婦教育映画??
映画のあとのランチで
普段誰も口にしないようーな
アフガン情勢の話題になるはず??


ところで、フィリップ・シーモア
相変わらず、上手いっすね〜〜。
なりきりぶりもたいしたもので、
とてもトム・ハンクスとひとまわりも違うようには思えません。
いえいえ、老けてるって意味でなく(笑)
| 2008年映画 | 18:48 | comments(10) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 18:48 | - | -
コメント
本当に、いったい何が言いたかったのはわからないまま、もによもにょと終わってしまいました。
途中の難しそうな政治的なやりとりに、マダム達は口あんぐりだったかもしれませんね。

なんとかして自分たちがやったことを弁解して、「だってさぁ・・」とぐちゅぐちゅ自分の尻を拭けない理由を言ってる子供に見えなくもないです。
映画としては超いまいちでした。役者はよかったのですが。

すんません。「冷たい方程式」・・知りませんです。
だれの本?
| sakurai | 2008/05/28 11:18 PM |
■sakuraiさま
役者さんの上手さに、なんとか救われていましたね〜〜。
トムさんのキャラが憎めないので・・・そのあたり
キャスティングはばっちりでした。

「冷たい方程式」・・・はい、ショートショートの最高峰だとおもってます。
1950年代に書かれたトム・ゴドウィンと言う人の作品です。
瀕死の兄にあうため、血清を届ける宇宙船に密航した少女。
ただこの宇宙船には最低限の酸素しかつんでいないので
密航者の生きる余地はない、宇宙に放り出すしかない。
そういう、冷たい方程式なんです。
自分の責任は自分で取る。。。これが人間が一番できないことなんだと思うんです。
| mariyon | 2008/05/29 9:16 AM |
こんにちは(^^)
TBありがとうございました♪

私も、この映画は期待していただけに、
ちょっとガッカリしてしまいました…。

結局、事実に基づいた出来事を延々と描いただけで、
「…ふーん。」で終ってしまった感じです。

せっかくイイ俳優を使っているのに、勿体無い作品でした。
| テクテク | 2008/05/29 9:57 AM |
■テクテクさま
俳優の演技を見て、なんとなく、
映画を観た気分になった映画とでもいいましょうか。。

なんか、中途半端でしたね〜〜。

大好きなフィリップ・シーモアが
トム・ハンクスやジュリアと競演と聞いて
かなり期待していたので、
肩透かしのかんじでした。

いっそ、こてこてのコメディで、
ブラックユーモアかなにかにして欲しかったです。

| mariyon | 2008/05/29 12:03 PM |
どもども。
帰りにBOOK ○○ 寄っていきます。
と、それって「サンシャイン 2057」っぽいかも。
ネタはそこからかしら?
| sakurai | 2008/05/29 1:32 PM |
mariyonさん、こんにちは。
ほんとだから何?でしたね。

「しくじった」とあっただけマシでしたが、何を訴えたかったのかすらよくわかりませんね。
「しくじった」と気がついてそれで終わりなの?・・ってその次ですよね、大事なのは。
| たいむ | 2008/05/29 5:42 PM |
予告では、ラブコメだと思っちゃいますよね。

こういう裏事情もあったんだ、という意味では興味深く観ましたが。
あ、安全ピンも、興味深かったです(笑)
| あん | 2008/05/29 11:24 PM |
■sakuraiさま
そうです、サンシャインのネタ(特に後半)はそこだと思います。
冷たい〜以降類似作品が多く書かれ、それらは方程式ものとまで言われていますから。。。
| mariyon | 2008/05/29 11:56 PM |
■たいむさま
結局、本物のチャーリーがまだ生きているからには
しくじったことを取り上げるのは無理でしょう。

真実の物語。。。と言いながら、
なんだか、途中ではぐらかされた感じでした。

役者がいいぶん残念。
| mariyon | 2008/05/30 12:00 AM |
■あんさま
興味ぶかいですが、だからと言って
訴えかけるものがすくなくて、
戦争に対する反省は、もっときちんとやって欲しいです。

睫に安全ピン。これも怖かった!
| mariyon | 2008/05/30 12:03 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/359
トラックバック
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」みた。
ラストシーンから始まって、ラストシーンで終わる演出は結構好き。実話をもとにして作られた作品であり、結果が分っているからこその演出だけど、必ず最後にはプラスαがある。この作品でも、「でも、・・・」という
| たいむのひとりごと | 2008/05/29 5:38 PM |
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/Charlie Wilson's War
中東情勢に詳しく、この映画を興味深く観るのか?何も考えずにお気楽に面白がればいいのか?それが問題だ。 '79年、ソ連のアフガン侵攻の裏...
| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2008/05/29 11:25 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • モスラ〜やっ♪「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
    開けゴマ (06/20)
  • モスラ〜やっ♪「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
    ituka (06/19)
  • 邦画3連チャンの3「空母いぶき」
    ituka (06/19)
  • 邦画3連チャンの2「パラレルワールドラブストーリー」
    ituka (06/19)
  • ソーくん押しには?「アベンジャーズ/エンドゲーム」
    mariyon (05/09)
  • ソーくん押しには?「アベンジャーズ/エンドゲーム」
    ituka (05/08)
  • 王道映画?「ハンターキラー 潜航せよ」
    mariyon (05/04)
  • 肉体改造!「バイス」
    mariyon (05/04)
  • 王道映画?「ハンターキラー 潜航せよ」
    ituka (05/04)
  • 肉体改造!「バイス」
    ituka (05/04)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ