茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< パソコン買い替え・その3「vaioタイプCの赤」 | main | 「セリーヌ・ディオンコンサート TAKING CHANCES 2008」 >>
田舎道の風景「人のセックスを笑うな」
JUGEMテーマ:映画

にほんブログ村 映画ブログへ

この映画、松山君ファンには最高でしょうね〜〜。

一歩、間違えば、とんでもない題材なんだけどなぁ〜〜。
ふわふわした、このゆるい感覚、田舎の映像、けっこう好きです。
20歳も年上の女に遊ばれちゃう松山君??
えっ。。ちょっと。。。と、思っていましたが
これ、ぜんぜん違いますね。
タイトルのインパクトは原作のものですが
とにかく強いですよね。
チケット買うときに、ちょっと笑ちやうのも、お約束??

「L」映画の消化不良がたたって、
ちょっと気になったままの松山君映画。。見てきました。
まともな映画で、松山君みたいかなって・・・(苦笑)
まるでただの日常生活のようなカメラワークと
会話の雰囲気にすっかりハマりましたね〜〜。
決して日常じゃないし、あくまでお話なんですが
日常の延長のちょっと先・・くらいの長さが
見る側に、妙な安心感をあたえてくれる気がしました。

実は、こういう単館系の邦画はちょっと苦手。
監督の独りよがりについていけなかったり、
なんかなぁ〜〜って気持ちが残ることが多かったりするもんで。
(単に年のせい?)


原作も読んでいないし、ただただ出演者につられたと言う
ミーハーな気持ちだけです。
蒼井優も大好きだし・・・・。彼女の演じる「えんちゃん」に、
すっかり感情移入。。。せつなくて、苦しい。。
片思い・・・言い出せないしもちろん手も出せない。
ある意味、20歳も年上の女性に恋して苦しむ松山君より
気持ちがわかる気がして。。。。

のどかな美術学校と、田んぼの1本道に続く電信柱
2両だけの車両に、どこまでも自転車で走る田舎道。
確かに、とっても高校生っぽいダッフルコート。
なんか、とてもツボでした。

今日はお天気もよかったので、
お隣の平塚まで自転車をこいで映画を観に行ったので
よけいに気持ちが近かったのかも(笑)。
| 2008年映画 | 16:51 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 16:51 | - | -
コメント
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございます。

全体にゆるゆるとした自然な恋愛ムービーでしたね。
私は、もっともっと片想いの切なさが溢れているのかと思っていたので、コミカルな部分とかもありイメージと違った為そう入り込めなかったのですが、年齢が近いとシンクロできるかもしれないですね〜

永作博美さんだったら、20歳年上でも恋してしまう気持ちがわかります〜
| hito | 2008/03/05 5:41 PM |
■hitoさま
よろしくお願いします〜〜。

年齢的にはかなり、等身大なんですが、
永作さんは若く見えますよね!!
映画の中で「そんな年だったの!」って言うのが
ものすごくリアルでした(笑)。

ちょっとテレやさんのえんちゃん。。。
好きです。「おばさんが若い子に手を出すんじゃないわよ」みたいな台詞がないのも。。
| mariyon | 2008/03/05 7:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
【人のセックスを笑うな】
監督:井口奈己 出演:永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、忍成修吾 「19歳美大生のみるめは、20歳年上のリトグラフの講師ユリに惹かれた。モデルを頼まれ彼女のアトリエで会ううちに二人の距離は縮まっていくが、彼女は結婚していた。 初めての恋に苦しむみるめと、
| 日々のつぶやき | 2008/03/05 5:40 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ