茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 妻夫木人気で大当たり〜〜ぃ「憑神」 | main | 巷でうわさの「ネクシィーズ・コミュニケーションズ 」とは? >>
CCRと「ダイハード4.0」
にほんブログ村 映画ブログへ

あれから20年と一口に言いますが、
ダイハード「1」から、ほんといろんなことがありました。
決してブルースの髪がなくなっただけではなくって
悪役もどんどん変わって、今回はサイバーテロ。
でも、マクレーンは、やっぱ、マクレーン。
しょっぱな、カーラジオから流れる曲〜〜〜♪
あーーーこれは、CCRではありませんかぁ!(涙)
なんだぁうるさいな〜と寝ぼけまなこのジャスティンに
「クリーディンス」と一言で答えるマクレーン。
もう、これが最高かっこいいのです!!!
CCRでなく「クリーディンス」。
クリーディンス・クリアウォター・リバイバルがほんとう名前。
CCRは、アメリカ人なら誰でも知っている
70年代のロックグループ。
(昔、耳にたこができるくらい聞かされました。)
ロックと言っても、ちょっとカントリーっぽい。
デジタル世代の若者のジャスティンにとっては
古臭い昔の「尻がむずむずする」ような曲。
だからこそ、アナログマクレーンにとってはぴったりなんです。
この曲をチョイスした監督すばらしい!
ちなみ曲は「Fortunate Son」 でした。
(エンディングにもきちんと流してくれましたよ)

映画はそれこそ、「ありえねぇ〜〜」の連続でしたが
アクション映画ですもの、もうそれこそが真髄。
そして、今回のマクレーンの相棒
ジャスティン・ロングのとぼけたキャラがまたいい。
ITの最先端グッズをぼろバックに詰め込んで
片時も離さないオタク青年。
でも、バックの中身より、頭に詰め込んだ膨大な情報と
何より、自分の良心に沿って行動できる道徳心をもっている。
好感度大です。


ジャスティンって誰??って調べたら、ほんとうに映画では新人。
ただ、アメリカでは、MacのCMでかなり有名みたいですね。
日本ではラーメンズがやってるの。
あれは、ほとんどアメリカバージョンそのままらしい。
(ラーメンズのネタかと思ってました・・・汗)


マギーQもいい!あのきれの良い身のこなし。
見ていて気持ちがいい。
ただ、彼女のインパクトが強かった分
一番の敵キャラが弱かったのが残念。
「3」のジェレミー・アイアンズくらいの存在感があれば
マギーQに食われるようなことはなかったと思うけど。
「3」でも、殺し屋の女キャラ出てましたよね。

まあ、とにもかくにも、気分爽快!
面白かったと、心から感じて劇場をあとにできる映画。
ブルースおじさん、年に負けてないぞ。
自分もがんばるぞと元気が出る。
要は、中高年の応援映画だそうです・・・(ほっといてくれ!)
だから、CCRなんでしょうね(笑)。

今夜はこれから、
地上波放映の「シックス・センス」でも観ます。
| 2007年映画 | 21:06 | comments(14) | trackbacks(7)
スポンサーサイト
| - | 21:06 | - | -
コメント
あたしんときは、時間が合わなくて、いつも行く映画館でなく、ほとんど人の入らない方の映画館に行ったのですよ。
この間も「イノセント・ワールド」オンリー1鑑賞をやったのですが、(こういうことが出来るので、あっちの映画館も醍醐味があります)オッサンが多かったなあ、やっぱ。気持ちは十分わかります。
音楽の解説がさすがですね。「聞いたことあっけど、なんだっけ??」みたいに聞いてました。納得。
ほんと、この怒涛の20年。無我夢中で走りぬいた20年のような気がします。そろそろ結婚20年だし・・・。

ジェレミー・アイアンズの悪役は堂に行ってましたが、まあうまさは周知だったので、ほとんど初見でアレだけの迫力とインパクトのあったスネイプ先生が、やっぱあたしにはすごかったです。
映画は半分、悪役ですからね〜。
| sakurai | 2007/07/08 8:06 AM |
こんにちは〜
>要は、中高年の応援映画だそうです・・・(ほっといてくれ!)
ぶははっ。同感です(笑)
ブランクに対しての心配はまったく杞憂に終わり、楽しいばかりの作品に仕上がっていたことが嬉しいです。

シックスセンスはご覧になりましたか?
私は、コマーシャルを飛ばしてみたかったのでまだですがw 結末を知っていても上手いな〜って思いますよね、この作品。
そしてフサフサだし、やっぱ若いなー(爆)
| たいむ | 2007/07/08 9:26 AM |
■sakurai さま
日曜だったので、夫婦50割引のカップル多かったです。
あの制度はいいですよね(笑)

先日TVで「1」やっていましたよね。
思わず観てしまった・・・。みなさん、もう、お若い!
(まっ、自分もそれだけ年とったってことですね)
ブルースはもちろんですが、アラン・リックマン。
たしかに、かっこよかったし、なかなか死ななさかげんもいい。おっしゃるとうり、映画の悪役は重要ですよね。
| mariyon | 2007/07/08 9:28 AM |
■たいむさま
そうなんです、「4」まで作って面白くなかったら・・
大丈夫??って、なんか、もう、親心のような気分で(なんの親だいっ?)、どきどきしながら観たんですが、ほんとうに面白かったです。

シックス・センス、何度観てもいいですね。
まあ、TVなんで、「そこ切るか!」ってところのカットが気になりますが、ブルース確かに若い!
そして、久々に観たハーレイくん、あいかわらずかわいい(かわいそうとも言う)。
どうしたんでしょうね〜〜。事故以来でてこないですね。
| mariyon | 2007/07/08 9:36 AM |
TBありがとうございました。
そそ!CCRを使ってのやりとりが面白かったですよね。
「カビ臭い音楽で悪かったわねぇ!」ってツッコミたくなりました。(爆)
私なんかは、あの南部の匂いや土臭さのする感じが好きなんですけどねぇ〜。
しかし、お馴染みのなんでもありの展開は、十分に楽しませてくれました。
| Fummy | 2007/07/08 1:12 PM |
■Fummy さま
CCR、映画でたまに使われていますが
これが「雨をみたかい」でないところがいい。
マクレーンをあらわすのにとっても効果的でしたよね。
ほんとうに、監督あっぱれ!(笑)
監督はそれこそダイハード「1」の頃は
まだ中学生くらい??
子供の頃、好きだったシリーズの監督をやるって
それだけダイハードシリーズが
いえいえ、マクレーンがすごいってことですね。
| mariyon | 2007/07/08 1:54 PM |
さっき、観て来ました!
日曜のせいなのか、めっちゃ年齢層高かった〜。
(自分もそうだけど^^;)
でも、どうみても80歳は越えてるだろうというおじいちゃんまでいて微笑ましかったです。
あり得ね〜〜〜っの連続だったけど、
終わってみれば、ああ面白かった!の爽快感!!
ジョン・マクレーンとオタク青年のコンビ、よかったですね〜♪
| atsuko | 2007/07/08 3:58 PM |
■atsukoさま
映画を観に来る人たちが、みんなマクレーンと一緒に年をとったってことでしょうね〜〜。

>あり得ね〜〜〜っの連続

たしかにそればっかり。車でヘリを撃ちおとすところなんて、「トランスポーター2」を思い出しました(笑)。

でも、これだけすごいアクションなのにあまり目が疲れなかった。動体視力を必要としてないつくりだったのかも。。年齢層のために、その点の配慮があったのかどうかは??ですが、視点を定めることができないカメラワークとか、上空からの旋回とかが少なかったです。。
そのあたりも、監督に拍手!!
| mariyon | 2007/07/08 6:23 PM |
期待しないで観た「ダイハード」最新作。
いやぁ 本当に良かったです。
「ありえねー感」にもちゃんとわきまえているところが
あるというか・・・mariyonさんのおっしゃる通りカメラワークがいい(年配向けに眼がまわらないように?)んだと思いました。スタント部分もたしかにスキンヘッド(年齢の若さがあきらか)の別人なのですが 他のアクション映画と違ってかなりわかりにくく上手に撮っていたと思います。
マギーQはじめ 悪役もかなり「ダイハード」でした。
ブルース様 12年待った甲斐があったというものです。

「シックス・センス」本当に感動再びでした。またわかって
いるのに怖くもありました。あんなに苦手なオスメント君の
気持ちになれたのは 吹き替えのおかげかも?
シャマラン・・・これだけは尊敬する!!

| 敏子・ステイサム | 2007/07/09 5:37 AM |
■敏子・ステイサムさま
ほんとうに、期待していなかった・・・。
ある意味、インディのハリソンくらい(←これは言いすぎ?)。でも、年をとっても、とったなりにかっこいいってあるんですね。でもって、下手に恋愛とか入れないで、娘にしたのが(アルマゲドンぽいけど)良かったです。

まあ、アクションは年だから、ステイサムさんのように、自分ではぜぅぇ〜〜たい無理ですが(笑)。ただ、坊主頭はインパクトあるんで、他の人がやっててもブルースって思っちゃいますね。確かに。

シャラマン。。。
まあ、シックセンスに出てくるシーンは我慢できます(爆)。
| mariyon | 2007/07/09 7:53 AM |
おじゃまします。
若きハッカー君、よかったですよね。
マギーQも、ボコボコにされたからこそ
光ってたのかもしれませんね。

TBさせていただこうとしたのですが…。
また寄らせてください。
| berabo | 2007/07/13 12:40 AM |
■berabo さま
オタク青年、ジャスティン・ロング。
すっかり今回ので要チェックアクターになりました。
アメリカ版のMacのCMもわざわざ探して見ました。
マクレーンとのコンビが、でしゃばりすぎず、普通人の感覚で面白かったですね。で、ラストは、かっこよく決めて・・。

TB、こちらからはできましたので、またトライしてみてくださいませ。
| mariyon | 2007/07/13 7:48 AM |
mariyonさん、こんにちは。おじゃまします。

私も、ラーメンズのネタかと思ってました、MacのCM(笑)。

マギー・Qの早期退場は本当に残念でしたねぇ。彼女目当てに
公開から時間が経ったにもかかわらず観に行ったくらいですか
ら。でも、印象はホント強烈で、その点では満足でした。

ボスキャラは、ちょっち魅力に欠けましたな。あんな男にマギ
ー姉さんが惚れるわけがない!(^^ゞ と、内心思って観てお
りましたです、ハイ。


『シックス・センス』は、シャマランの偶然の産物ですから…。
マイケル・ベイにおける『アルマゲドン』みたいなもんですね。
(^^
| ラフマニノフ | 2007/08/20 3:41 PM |
■ラフマニノフさま
わたしも、ダイハード5に1票!!!

マギーQのキレのある動きは惚れ惚れです。
香港アクションにひけをとりません(とーぜんですが)。
だから、ブルースおじさんが彼女を殴っても、女を殴ると言ったふうにならない・・。そこがナイスでした。

「シックスセンス」、「アンブレイカブル」、「ビレッジ」の3本なら、シャマランも名監督だと思います。
| mariyon | 2007/08/20 4:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/237
トラックバック
『ダイ・ハード4.0』
(原題:Live Free or Die Hard) ----このシリーズって12年ぶりニャんだって? 「うん。自分くらいの年になると、 そんなのあっという間だけど、 前の映画ができた年に生まれた子供は もう小学6年生になるという計算。 最初の映画ができた年の生まれだと、 大学1年生か
| ラムの大通り | 2007/07/07 10:26 PM |
ダイ・ハード4.0/ Live Free Die Hard
超アナログ男、ジョン・マクレーンが12年ぶりに帰ってきた{/kaminari/} こんな目に遭っても1度も死なないんだから"不運な男"どころか"ラッキーな男"だよ 普通の人なら30回は死んでます{/panda_2/}{/dododo/} 車飛ぶ、人も飛ぶ{/ee_3/}映像、ど迫力{/ee_2/}
| 我想一個人映画美的女人blog | 2007/07/07 11:04 PM |
ダイ・ハード 4.0
やっぱB・ウィリスが一番かっこええのはマクレーンのときだわな。
| 迷宮映画館 | 2007/07/08 8:00 AM |
「ダイハード4.0」(先行)みた。
帰って来た、元祖?不死身な男がジョン・マクレーン!昨年の『16ブロック』では知的な老刑事役を素敵にこなしたブルース・ウィルス。お年を考えれば、そろそろ激しいアクションは厳しかろう・・と思いきや、まだ
| たいむのひとりごと | 2007/07/08 9:20 AM |
●ダイ・ハード4.0
{{{: ○原題:Live Free or Die Hard ○制作:2007年/アメリカ(129分) ○監督:レン・ワイズマン ○出演:ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、ティモシー・オリファント、マギー・Q ○My評価:★★★★★★☆☆☆☆ }}} 私の中で、この映画は
| お気楽な私の悲喜交々な日々 | 2007/07/08 1:12 PM |
ダイ・ハード4.0(2007) その1
批評No.55-1 てなわけで、ダイ・ハード4.0(Theater) 世界一ツイてない男   世界一カップ&ソーサー(銃の持ち方)が似合う男 そして、世界一血糊が似合う男 ジョン・マクレーン おかえりなさい(^o^)
| berabo's blog | 2007/07/14 4:13 PM |
『ダイ・ハード 4.0』を観た
すでに公開から1ヶ月以上過ぎちゃいましたが、『M:i:III』の「さっちあないすかー」で悩殺された、マギー・Q見たさについに劇場へ。
| TV視聴室 | 2007/08/20 3:34 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
  • 違う視点からの「アルキメデスの対戦」
    mariyon (08/23)
  • ジェイソン・ラブ「ワイルドスピード スーパーコンボ」
    mariyon (08/23)
  • ジェイソン・ラブ「ワイルドスピード スーパーコンボ」
    ituka (08/23)
  • 違う視点からの「アルキメデスの対戦」
    ituka (08/23)
  • ラストに監督らしさあり?「天気の子」
    mariyon (08/01)
  • ラストに監督らしさあり?「天気の子」
    ituka (08/01)
  • アイアンマンの存在「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
    mariyon (07/27)
  • アイアンマンの存在「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
    ituka (07/26)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ