茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< まぼろしの「じゃがポックル」 | main | CCRと「ダイハード4.0」 >>
妻夫木人気で大当たり〜〜ぃ「憑神」
にほんブログ村 映画ブログへ

なんだかえらく評判がいいんで観る気になりました。
時代劇では久々のヒット・・らしい。妻夫木効果??

いかにも現代っ子のブッキーが・・・・侍やるの??
たしかに、「どろろ」は良かったけど、
あれは、「侍」って感じではなかった。。。
と、実は、猜疑心のかたまりで観たんですが・・・・
ブッキーサムライも、いいじゃん!!
はい、妻夫木くんいい感じでした。
たしかに、彼は現代っ子の体型なんで
足が長くて、ちょいと脇差の位置が高い。
あの、三船のようなどっしりとしたものがない。
ちょんまげもいかにもヅラっぽい。
でも、それを全部押しても、
あの、時代の(もちろん知らないですが)
下級武士を上手く演じていました。
鋭い眼力と、たたづまいが綺麗です。

そして、脇キャラが、ここまでやるかと言うほど
オーバーなリアクションで盛り上げているので
妻夫木くんの演技が、すごく生きて(生かされてかな)くる、
皆さんほんとうに上手いです。
あの、夏木母と佐々木兄の掛け合い漫才のような
祖先の話はうけましたねーーー。うぷぷ。


日本の時代劇って、なんていうのか、
箱物のセット感がある。
小さい頃から、そういうTVを見ていました。
完全懲悪、良い人間は絶対不幸にならない。
たとえ、貧乏神、厄病神、死神という
とんでもない神様たちに主人公が憑かれようと
安心感があります(笑)。

後半のシリアスな場面も、そう、ウエットな感じでなく、
死神がまる子ちゃん(もとい森迫永依ちゃん)というのも、
悲壮感がなくていい。
でもって、この時代の戦いは、やっぱりこれです。
銃剣に大砲。幕末、明治維新。
決して、鎧兜じゃない。。。いくら隠れ里に住んでいようと。
「ラスト侍」。。。映像的にはきれいでしたが。。。
まあ、これは、関係ない話です。


ただ、あの、現代のラストは必要だったんでしょうか???
まあ、エンディングのお稲荷さんや神社の映像と
躍る文字とが、とてもおしゃれでかわいかったので、
あれも、必要だったとのかなぁ〜〜って。
無理矢理納得しました。
「でも、でも、なぜにあなたが出てくるの???」と、
思ったのは、わたしだけではないはず・・



| 2007年映画 | 19:25 | comments(4) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 19:25 | - | -
コメント
mariyonさん、こんばんは。
えらく評判がよいのですか??
あらら〜?私はちょっとノリきれなかったんですよねぇ・・・あれれぇ(^^;)

とはいえ、結構笑ってました(笑)
細かいことは気にしないのが一番ですねw
| たいむ | 2007/07/06 8:19 PM |
ブッキー!!つうんですか?知らなんだ・・。
『ウォーターボーイズ』、劇場で5回見てしまったあたしですが、やっぱいい男にはちがないっす。
歴史モノもいっぱい書いてる浅田さんなんで、時代考証はきちっとしてるんでしょうが、私的には、色々と突っ込みたくなりましたよ。
冒頭に、「公武合体、尊王攘夷・・・」とあったのですが、あの頃、既に公武合体策は消滅してるやん、とかさ。徳川慶喜の書き方が、なんじゃこりゃ?とか。ほんでもって、最後のアレでしょ・・。これからとても浅田次郎の本を手にとる気になりませんでしたわ。
映画は役者がほんまによかった。中身を補ってあまりある役者陣でした。

やっぱ昔見てた時代劇が懐かしいですわ。
「素浪人」シリーズとか、中村梅の助の「遠山の金さん」とか、「子連れ狼」に「木枯らし紋次郎」、「丹下作膳」・・・・あ、、、きりがない。絶対また見たい「必殺」!山崎務の梅安、最高でした。あ、、、それてしまった。ごめん。
| sakurai | 2007/07/06 10:10 PM |
■たいむさま
評も好意的なものが多いです。あと、興行収入もかなり見込めそうとか・・・。妻夫木くんって、興行的にはずれがない?
時代劇って思ってみると、細かい部分が気になりませんでした。あははと笑っておしまい。。みたいな。だから、急に現代が出てきたときは、ちょっと、嫌な感じでした。
| mariyon | 2007/07/07 7:20 AM |
■sakurai さま
ウォーターボーイス5回!!最近、2回以上劇場で見たいと思う映画が少ないです。そりゃあ、はまってますね〜>
ブッキーと呼んであげてね(笑)
(でも、わたしブラピとは言えません。ファンになった頃はブラッドでしたから・・・。そういうこだわりみたいなものってありませんか?)

昔見ていた時代劇。学校から帰ると、再放送でやってましたよね。繰り返しみたりして。。。
今、見ると、面白いかどうかわからないですが、なんだかそういうスピリットが自分の中にあって、時代劇(コメディっぽいもの)にはとても寛容になれる。

浅田さんは、「メトロ〜」があんまり××だったので、
(まあ、原作は映画ほどではなかったけど)
それ以来、ちょっと・・・・です。
| mariyon | 2007/07/07 7:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/236
トラックバック
「憑神」みた。
幕末とはいえ、チャンバラらしいチャンバラのまるで登場しないお茶の間時代劇。「武士」などという身分がご破算になろうという過渡期に、「武士の生き甲斐」を見いだすというなんとも皮肉なコメディでもある。可も
| たいむのひとりごと | 2007/07/06 8:21 PM |
日本映画 三連発!
舞妓Haaaan!!! 憑神 松が根乱射事件
| 迷宮映画館 | 2007/07/06 9:54 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    mariyon (10/09)
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    ituka (10/08)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    mariyon (10/06)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    ituka (10/06)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    ituka (09/27)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    ituka (09/27)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ