茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< そう来たのか〜〜「プレステージ」 | main | 胃カメラ(内視鏡)検査、今年も全身麻酔です。 >>
映像は確かにフィンチャー「ゾディアック」
にほんブログ村 映画ブログへ

感想を書く前に、ブログ1周年です〜〜。
お立ち寄りくださった皆様、
ほんとうにありがとうございます。


映画の元になった事件は、まったく知りません。
ただ、とても、緻密に作られた映画だと思いました。
フィクションなのに、
ほとんど、ノンフィクションを観ているかんじ。
ただ、そのぶん、単調なのはいなめませんが・・。
ちょっと前までは、あんな捜査をやっていたのかと。。。
わかっていても、映像でみると驚きますね。
CSIの主任が見たら卒倒しますよ(笑)。
封筒べたべたあけて、手紙も指紋だらけ。
今のような科学捜査はいったいいつからなんでしょうか??
DNA鑑定ができるようになってから??
「セブン」の封筒の扱い方と、あまりに違ってて
興味深かったです。

「セブン」の〜と、10年以上たってもいまだに言われる
フィンチャー監督ですが、
それだけあの映画がすごかったってことでしょう。
監督の作り出す映像が好きなので、
彼の作品は、あの、「フルフロンタル」でさえ観ています。

今回も、その意味では、とても満足です。
ただ、フィクションと割り切っても良かったのでは??
ただのドキュメンタリーのようになっていたのが
監督らしくなくてちょっと残念でした。

ところで、どうでもいいことですが
ハリウッドスターで20代で
ある程度知名度があるスターって、少ないですよね。
ジェイクは、ブロークバック〜で、老け役もこなしてたから
ヒース君と同じ位置になってましたが、
29歳でリーチのかかった、
ジョッシュくんやフランコ君とは違って、まだ26歳!!

なのに、今回も、15年以上の歳月を
違和感なく演じていましたね〜〜>
どうしてゾディアックを追うのをやめることができないのか、
そんな自問自答が苦しいほど、彼にあっていました。

でも↑って、老けてるってこと??




| 2007年映画 | 23:44 | comments(6) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | -
コメント
あたしはダメなんですよ、フィンチャー。
砂をはんだような空気がどうも苦手で。
と言っても大概みてますが。
好み!と思ったのあまりないですなあ。
ジェイク君のクマっぷりがいつもながらさすがです。
最近、ロバート・ダウニー・Jr・・・いいですね。一度、どん底に落ちた人間の強さでしょうか。彼見ると、そんなことを思いますわ。
| sakurai | 2007/06/28 7:52 AM |
■sakurai さま
そうですか??好き好きありますよね、彼の映像。
もちろん、「セブン」で脳天直撃でしたが、
「ゲーム」だって好きですから(笑)ただ、「ロードオブ・ドックタウン」はちょっと駄目でした。

>ジェイク君のクマっぷりがいつもながらさすがです。
ですです。
彼は、若い役も老け役もOKですよね。
あの、「遠い空〜」の彼が、こんなになるなんて・・・
パニック映画でつぶされなくて良かった。

ロバート・ダウニー、復活しましたよね。
キーファーともどもがんばって欲しいです。
| mariyon | 2007/06/28 8:17 AM |
mariyonさん、一周年おめでとうございます!!
2年3年、期待してます!!(笑)

ドキュメンタリーには見えなかったけれど、事件を知らない世代は、実際の事件を追ってしまうような気持ちになってしまいますよね。
私も事件は知らなかったけれど、ハマルことと事件との両方で楽しめましたが。
| たいむ | 2007/06/28 8:37 PM |
面白かったですよ。
殺しのシーンもリアルな怖さがあって(ブスブス刺されるとこが痛そうで・・)捜査の進まなさ具合も「実際には派手な展開なんてそうないよね、さもありなん」と思いましたし。
事件にのめり込むにつれてジェイクの顔が変態みたく偏執狂じみていくさまが(眼の下の隈、似合いますよね♪)ひじょーに良かったです。
彼はちょっとシワとか描いたら おじいちゃん演じても
イケそうな気がします!顔も老けてるけど、姿勢が老けてるヨ♪なんか好きだなあ。
| 煮個餡 | 2007/06/28 9:10 PM |
■たいむさま
ありがとうございます〜〜。
そうなんですよ、なんとなく1周年。
あっ、1年たっちゃった・・・それくらい忘れました(^^ゞ。
これからも、よろしくお願いいたします。

日本ではどれくらい知名度のあった事件だったのでしょうか?昔は、今ほど、アメリカの殺人事件とか大々的には報道されなかったのでは??
ちょっと違いますが、「ミュンヘン」観たときも思いました。あの、事件そのものは知っていましたが、その後の話なんてほとんど報道されなかった・・・のでは?

殺人、謎解き、暗号解読、たしかに、アメリカ人の嗜好に訴える事件だったと思います。


| mariyon | 2007/06/28 10:16 PM |
■煮個餡さま
最初の殺人シーン!!
これぞ、フィンチャーだと、ぞくぞくしました。
(決して、血のシーンは好きではないですが。。(^^ゞ)

ジェイクの老けメイク。。。
「ブローク〜」で、ヒースよりも自然でしたよね。

>ジェイクの顔が変態みたく偏執狂じみていくさま
いや〜〜、ほんとうに。
彼は奥さんや子供、あらゆる物欲(食欲とか性欲)より
この変質的な調査に喜びを感じてる。。。
そんな表情でしたね〜〜。
彼のこれからの演技が、ますます楽しみです。

| mariyon | 2007/06/28 10:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/233
トラックバック
ゾディアック
丁寧なドキュメンタリーを見ているかのようだった。
| 迷宮映画館 | 2007/06/28 7:45 AM |
「ゾディアック」みた。
長いなーと思ったら、2時間37分もあったのね。40年近く前に起こった実話をベースに作られた作品。『ゾディアック事件』は元祖”劇場型事件”であり謎を残したままの未解決事件。そのうち日本最大の謎、『グリ
| たいむのひとりごと | 2007/06/28 8:33 PM |
ゾディアック
‘彼’の迷宮に堕ちた男たち
| 悠雅的生活 | 2007/06/30 9:28 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
  • 違う視点からの「アルキメデスの対戦」
    mariyon (08/23)
  • ジェイソン・ラブ「ワイルドスピード スーパーコンボ」
    mariyon (08/23)
  • ジェイソン・ラブ「ワイルドスピード スーパーコンボ」
    ituka (08/23)
  • 違う視点からの「アルキメデスの対戦」
    ituka (08/23)
  • ラストに監督らしさあり?「天気の子」
    mariyon (08/01)
  • ラストに監督らしさあり?「天気の子」
    ituka (08/01)
  • アイアンマンの存在「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
    mariyon (07/27)
  • アイアンマンの存在「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
    ituka (07/26)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ