茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 感動!満足!「學友光年世界巡回演唱會07」 | main | 映像は確かにフィンチャー「ゾディアック」 >>
そう来たのか〜〜「プレステージ」
にほんブログ村 映画ブログへ

ネタばれ無しで感想書くの
とってもむづかしい映画です。
でも、この映画観るときは、絶対ネタばれ無しで
観ないと面白くないです。
まさに、手品、奇術、イリュージョンの世界。

と言うわけで、ここからはもちろんネタばれ有りです。
二人の奇術師、
ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベール。
ヒューは、あいもかわらずコスプレが(笑)似合っています。
クリスチャンベールですが、
バットマンで経歴に傷がついたかも・・なんて
勝手に思ってましたが今回良かったです。
やっぱ、上手い役者さんですね。
こういう深みのある役をやらせると・・・。
でも、けっこう「リベリオン」好きだったりします。・

と言うのはともかく、
この二人の子供っぽいライバル意識と、
ヒューの奥さんを死に追いやった経緯が
どんどんとまわりに影を落とし
自分たちにものしかかってくる。

映画の謎はどんどん膨らんでいきますが
「そうか、彼は○○なんだな」って言うのはすぐわかります。
最後の謎は複線もあるので予想はつくものの、
「やっぱりそういうこと!!!!」と言いたくはなります。
でも、全体の映画の流れや面白さで、展開がとても良くて
まったく飽きさせないで映画が進むので
それに腹立つことはなかったです。

感想は、純粋に面白かった!の一言。
観た人だけでネタばれしながら、会話したい映画かな?
「シックスセンス」みたい?

超ネタばれで・・・・
100人殺して残るのは本人だったのか??



| 2007年映画 | 15:22 | comments(14) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
| - | 15:22 | - | -
コメント
あたしも結構好き「リベリオン」!
でも、ベールの映画で好きなのは・・・・それくらいかもです。
ニコール・キッドマンの奴で「ある貴婦人の肖像」ッつうのがあったのですが、それの若い頃のベールも印象的でしたわ。
ということで、この映画に言及できないので、余計なことばかり言ってます。

そうそう、「イノセント・ワールド」見てきて、またまたアンディ様に惚れ直しました。いいですよねぇ。
| sakurai | 2007/06/24 9:13 PM |
■sakurai さま

ネタばれでとことん話したい!!
と、言っても、ぶっちゃけ、謎でもないですが。。
でも、「メメント」よりこっちのほうが好きです。

ベール・・・ある貴婦人の〜、そうそう、出てました。
けっこう、マシニストとか好きだったりします。

アンディさんの「イノセントワールド」。。。
3〜4年くらい前ですよね。
香港のDVDなら貸すよと友達に言われましたが
もちろん未見でございます。
まあ、日本のDVDを待ちます。
でも、何年たとうと、日本公開されればそれだけでいいです。実は、香港のDVDを持ったまま、観ないで日本公開を待っている作品多数!!
できれば日本語字幕でみたいので・・・・(^^ゞ
| mariyon | 2007/06/24 10:45 PM |
奇術に使われる小鳥の運命、
あれが『偉大なるダントン』の運命と
だぶるところが なかなかよかったです。
| 煮個餡 | 2007/06/24 11:18 PM |
■煮個餡さま
たしかに、小鳥と同じ運命の偉大なダントン。
でも、小鳥は殺されたけど
ダントンは自殺だったのでは??

水槽のダントンは、エイリアンのリプリーを思い出しました。
| mariyon | 2007/06/24 11:38 PM |
そうですね、
自殺であり他殺でもあり、なのでは?
ニコラ・ステラの研究所でダントンが最初にあの実験に
成功した時、『新しい方の彼』は
銃を突きつけられて『よせ!』って言ってましたから
死ぬ覚悟は出来てないわけで。
ショーで水槽に落ちる『彼』も己の状況が
解っていない状態でいきなり アレ・・・というのが
また小鳥と同様か、と思ったのです。
| 煮個餡 | 2007/06/25 8:09 AM |
■煮個餡さま
あの機械に立っているほうが「元の彼」と思っていました。
だから、毎回、自分が死ぬことがわかっていて
プレステージを行う。
彼は毎晩、狂った死刑囚(ブラウンのSS)のように、自殺し続けるのかと・・・。100回と限定していたのは、あの注意書きにそれ以上は本物が保てなくなるみたいなことが書いてあったのかとか。。。まあ、いろいろ考えちゃいました。

よくコメントを入れていただく、敏子・ステイサムさんが言ってましたが、王子やニコさんとかのプレステージで増殖したら、1人くらい遊びに来てくれないかなって(笑)
| mariyon | 2007/06/25 8:47 AM |
そう、どちらが元の彼か判らない、彼自身もそう言ってましたものね。もともと複製ではなく転送を目的に作った機械だったことを思うと別の場所に現れた方が元の体だと思え、しかしどちらも意識も全く同じで、どちらが本物とはいえず。。そこがこの物語の語りどころで、いかにもあの監督が惹かれそうなモチーフだと思いました。『どちらも彼自身、だとしたら自殺であり他殺』かな、と今こうして書いていて思ったのデシタ。。どちらにしてもその執念、狂気たるや、おそろしや。ニックが増えたら、プチサイズだったら欲しいです。でかいとかさ張るから。
| 煮個餡 | 2007/06/25 9:27 AM |
こんばんは!
>観た人だけでネタばれしながら、会話したい映画かな?
ですね〜。
しかしシックス・センスとは違って、この場合は「あれはないよね〜」って盛り上がりそう(笑)
一番ビックリしているのは、ネコではないでしょうか?(爆)
| たいむ | 2007/06/25 9:50 PM |
■煮個餡さま
ところで、ボーデンはもともとあの機械を使ってしまったので、それであんな人生を余儀なくされたとは考えられませんか?
ダントンが1人(1回)で満足できなかったのは、そのせいなのでしょうか??いずれにしろ、自分で殺し(自殺し)続ける道を選んだダントンの侠気が哀しいです。

>プチサイズだったら欲しいです。でかいとかさ張るから。
同感です〜〜。でも、プチサイズでも、言葉通じないから、やっぱりフィギアでいいかな(笑)
| mariyon | 2007/06/25 11:29 PM |
はじめまして。こんばんは。
「リベリオン」は面白かったですね〜!けどこの映画のクリスチャン・ベールもなかなかのものでした。
ホント、観た人だけで会話したい映画です。

どんどん話、膨らみそうです(笑)
| たまさん | 2007/06/25 11:29 PM |
■たいむさま
ラストを話さないで!・・の「シックスセンス」とは
かなり違いますが、ダントンのことを思うと、あまりに悲しい結末で、納得してしまいました。

ネコちゃんは増えた分身と兄弟(?)仲良く暮らせたでしょうか?
| mariyon | 2007/06/25 11:33 PM |
■たまさんさま
はなしをみんなで膨らませて、好きな解釈で話したい!!
でも、観終わったあとに、これだけいろいろ考えることができたと言うことは、充分映画として価値があったのでは??なんて、思っています。

おぉ〜〜たまさんさんも、「リベリオン」平気でした??
マトリックスと並べられて、ビデオやではB級扱い。
かわいそうーー。

ベール、今回は、最近の作品では異常な役や
ヒーローやで、人間らしくない。
今回、変わりもではありますが、普通の人間でしたね。
よかったです。
| mariyon | 2007/06/25 11:38 PM |
こんばんは。
これは凝りに凝った作劇の面白さですね。
どんでん返しに頼った作品じゃないので、それを売りに市内方が良かったかも。
クリストファー・ノーランらしい良作でした。
| ノラネコ | 2007/06/26 9:32 PM |
■ノラネコさま
確かに、ラストのどんでん返しばかりに注目を集めた
しかも、「このトリックが見破れるか」みたいな
宣伝文句は逆効果ですよね。

マジックかと思ったのに・・・と言う
友達の不満もわかりますから。

観終わって、しばらくしてから
じわじわと、納得できる映画でした。
| mariyon | 2007/06/27 7:47 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/232
トラックバック
「プレステージ」みた。
イリュージョンバトルは、単なる骨肉の争いかぁ・・・。『結末は絶対に誰にも言わないでください。』のメッセージが冒頭に登場する事でもあり、ネタバレするような無粋なことをするつもりはないけれど、かつての『
| たいむのひとりごと | 2007/06/25 9:51 PM |
映画『プレステージ』
手品は趣味程度に嗜む当方、この作品は稀に見る『マジックを真っ向から題材にした映
| たまさんのHR/HM シネマカフェ | 2007/06/25 11:21 PM |
プレステージ・・・・・評価額1600円
ウルヴァリンVSバットマン。 若き異才、クリストファー・ノーランが二大アメコミヒーロー俳優を主役に迎え、二人の天才マジシャンの交錯する運命の皮肉を描いた「プレステージ」は、良くも悪くもノーランらしいひねりの効い
| ノラネコの呑んで観るシネマ | 2007/06/26 9:17 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • モスラ〜やっ♪「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
    ituka (06/19)
  • 邦画3連チャンの3「空母いぶき」
    ituka (06/19)
  • 邦画3連チャンの2「パラレルワールドラブストーリー」
    ituka (06/19)
  • ソーくん押しには?「アベンジャーズ/エンドゲーム」
    mariyon (05/09)
  • ソーくん押しには?「アベンジャーズ/エンドゲーム」
    ituka (05/08)
  • 王道映画?「ハンターキラー 潜航せよ」
    mariyon (05/04)
  • 肉体改造!「バイス」
    mariyon (05/04)
  • 王道映画?「ハンターキラー 潜航せよ」
    ituka (05/04)
  • 肉体改造!「バイス」
    ituka (05/04)
  • 主婦ブログライブ「シンプルフェイバー」
    mariyon (03/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ