茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 意外な人に驚く「デジャブ」 | main | 茅ヶ崎のお店26-ランチ「Ahuahu south loco style 」 >>
原作読んでやっと納得「ハンニバル・ライジング」
にほんブログ村 映画ブログへ

映画は、ちょっと期待はずれ・・
というか、予想どうりでした。
やはり、無理がありますよね。
T・ハリスは好きなんですが、
映画を観たあと原作を読む気にもならなくて・・・。
友達から「原作はマシ」とメールをもらい
原作を読みました。

いまさらの感想ですから、もう、
ネタばれしまくりです。

原作を読んでみると、
幼いころからハンニバルらしさの
頭角を感じるものがあって、少し納得。
家庭教師の存在とか、
映画では亡くなっていた叔父が
フランスから迎えにきてくれる。
(あの逃亡劇はなんだったの??)
肉屋を殺すのも単にレディ紫を誹謗されただけでなく
叔父への復習でもある。
鎧兜もちゃんと大使館から貰い受けてきたものだし
(映画では紫の嫁入り道具かとあせりました)。。。。
やすっぽい、エセ日本のなんだかわからない
お面も出てこないですから。

妹の復讐だけで怪物に変わっていったという
映画の解釈は物足りない。
あの緻密な羊たち〜のプロットはいずこへ・・と
がっかりしました。
だいたいレクターを主役にすえようとするから、
普通の人間が共感できるものにということになる。
そこに、ひずみができる。

もちろん原作も、昔の「レッドドラゴン」の頃のような
わくわくして読み進めるようなものはなかったです。
後半、映画でもありましたが
アクションが多くて原作では裏目に出ている。

映画のラストが原作とは
まったく違うものになっていた「ハンニバル」よりは
ましですが、原作ファンとしては、
いい加減にレクターのキャラだけで
あら稼ぎするのはやめてもらいたいです・・。
まっ、クラリスが、ミーシャに似ていたなんて
話にならなくて良かったと思ったのでした。
| 2007年映画 | 20:39 | comments(6) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
| - | 20:39 | - | -
コメント
そうなんですか。
原作では、幼い頃からハンニバルらしさは芽吹いていたのですか?
妹の復讐だけでは、なかったんですか?
映画だけでは腑に落ちないのが、よく分かりました。
私は『ハンニバル』しか読んでいないのですが、ぜひ『羊』から読みたい、と思いました。
でも、この映画は、脚本もトマス・ハリスですよね。
原作ファンが苦悩する...映画が多い今日この頃です...。
| あん | 2007/05/26 9:42 PM |
こんばんはー。
なんか安心しました(笑)
妹の事だけで、あのレクターは生まれないのでは?と思っていましたし。

>だいたいレクターを主役にすえようとするから、
普通の人間が共感できるものにということになる。
そもそも彼の域に達しないと、彼の美学は理解すら出来ませんよね。
それでも何故か人気があるレクター博士とは、誰もが持っている闇であり、実現できない夢なのかも・・・という考え方は危険??(笑)
| たいむ | 2007/05/26 10:58 PM |
■あんさま
人食いはどこから生まれたのか??
映画を観ながら、実は、両親のなきがらを
狼(コヨーテ)から救うために切り刻んで運び
それを食べたのか・・これからハンニバルが〜〜
なんて、勝手に想像までしてたんですが、
(これは映画に納得できなかった
まったくの、私の創作です。)

ただ、原作を読むと、幼少の頃からのことや
フランスでの生活など納得できます。
もちろん妹の復讐のために人格が変わったのでしょうが
それだけで、あの怪物が生まれたというのは
安直過ぎです。

ハンニバルを映画のラストではあそこまで変えることに
T・ハリスはよく承知したと思ったんですが
たしかに今回は脚本も彼です。
作家と脚本家との才能はまた別物でしょうか?

あっ、原作は
レッドドラゴン、羊たちの沈黙の2作はお勧めです。
ライジングは映画よりマシという程度かも。
| kayamariyon | 2007/05/27 12:18 AM |
■たいむさま
>そもそも彼の域に達しないと、
彼の美学は理解すら出来ませんよね。

ハンニバル・レクターは、勝手な美学があって
映画(原作)の中に生息する限り
愛すべきキャラですよね。

そういう美学が、ライジングの映画の中には
感じられなかったのが残念です。
原作の前半には、それが見え隠れしている
そんな気がしました。
| kayamariyon | 2007/05/27 12:21 AM |
ふははは。kayaさんにはお気に召さなかったみたいですね。
あたしはサッパリ期待もせず・・もう期待するのは止めました。
(あ、レッド・ドラゴンはエド君と、レイフ様を見に行ったのですが、満足。)
のせいか、結構楽しみましたね。C級のちょっと上かな、ってな感じで。
レクター・シリーズみたいに言われてしまいましたが、ギャスパ君がかわゆくて、いいです。というように、まるで別物としてでも見なきゃ、到底無理無理。
そろそろトマス・ハリスも、これで荒稼ぎしようとする安直な考えはやめてもらいたいもんです。
| sakurai | 2007/05/28 8:11 AM |
■sakurai さま
原作、前半は面白けど、後半はなんか進みませんよね。
わたしも、一気に読めた上巻とだらだらと読んだ下巻・・・。
実は、この本、息子からの母の日プレゼントだったもんで
途中で投げるような、
そんなまねはできませんでしたから(笑)
母の日に「ハンニバル」、まっ、いいかぁ〜〜。

レッドドラゴンは好きです、映画も。
ノートンもかっこいいし!
| kayamariyon | 2007/05/28 7:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/224
トラックバック
ハンニバル・ライジング
まぁ、驚き!若きハンニバル・レクター演じるギャスパー・ウリエルは、雑誌や映画チラシで見るより、映像で観たほうがずっと綺麗です! この人、『かげろう』に出ていた少年ですね。 この映画、好きでした。きりきり
| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2007/05/26 9:43 PM |
ハンニバル・ライジング
結構、好きです、ハイ。
| 迷宮映画館 | 2007/05/28 8:05 AM |
ハンニバル・ライジング
今回紹介する映画は現在公開中のハンニバル・レクターの原点を描いた映画でシリーズ第四弾のこれです。 ハンニバル・ライジング 観て来ました、ハンニバル・ライジング 今までのハンニバル・レクターシリーズとは少し毛色の違う映画でしたが、中々楽しめました
| 映画・DVD・映画館レビュー | 2007/06/08 7:47 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    ituka (11/09)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    ituka (11/09)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/21)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    開けゴマ (10/19)
  • もっと名曲に浸りたかった「イエスタディ」
    mariyon (10/17)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ