茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< ホリディを観たら,「カウチ・イン・ニューヨーク」 | main | 茅ヶ崎のお店25-ランチ「三味 ささえ屋」 >>
「蟲師」漫画、アニメ、そして映画 
にほんブログ村 映画ブログへ

蟲師みてきました。
オダギリ効果で観に来た人は。。どうだったでしょうか??
原作ファンとしては、おぉ!と思うところと
許せないと思うところが半々。
前日、「スチームボーイ」のDVDを見て
大友さん病んでない??と、思ったんですが、
おなじく、「蟲師」の解釈も病んでる。。。気がしました。

「蟲」の説明がないのは、不親切という気もしますが
その世界に入ってしまえば大丈夫でしょう。
この映画の一番の見所は映像の美しさ。
原作の世界をきちんと表していて、
ただ、ただ、魅入ってしまいました。
日本にもまだ自然がこんなに残っているのかという
感動すら覚えます。


ただ、蟲の解釈が忌み嫌われるだけの
人間に害を及ぼす妖怪の類のような
扱い方が気になりました。
ネタバレになるかもしれませんが、
ヌイの扱いは、邪悪な妖怪と言うのは、
どうしても納得できません。


蟲師という存在がもちろん、全くの架空の者達。
オダジョー演じるギンコは、普通の蟲師と違って
人も蟲も生きている、どちらも命だと思っている。
そういう部分が、脚本のなかに
ほとんど表れていなかったのは
ほんとうに残念です。
オダジョーはあれだけの台詞で
よく、ギンコを演じていたと思います。

原作の、静かで、何事も超越していながら
みょうに人間ぽいギンコ。
オダジョーの白い髪も違和感がなく
彼は、考えうる理想のギンコでした。
そして、淡霊役の碧井優、綺麗です。
彼女もまたピッタリの配役でしょう。

でも、二人の関係は。。。。
ギンコのあの一言は、絶対に絶対によけいでしょう。
あえて書きませんが・・・。

蟲師の世界観、映像美、それはとても好きです。
映画を観たあと、なんだか消化不良で、
で、その足でアニメを借りてきました。
原作は読んでいるのですが、アニメは未見だったので。
アニメいいですね〜〜(泣)
| 2007年映画 | 00:18 | comments(9) | trackbacks(6)
スポンサーサイト
| - | 00:18 | - | -
コメント
こんばんは。
原作ファンの方の感想を聞きたくて、早速お邪魔しました。
わたしは原作未読で、映画を結構楽しんだのですが・・・

>絶対に絶対に余計な、ギンコの一言。
あれはわたしでも、何言わせるねん、って思いました。

>ぬいを邪悪な妖怪
 …という感じにはわたしは受け取りませんでしたが
 不満があるとすれば、江角マキコの演技力です。

>ギンコは、普通の蟲師と違って〜どちらも命だと思っている。
 普通の蟲師は、蟲を命と思ってないとは思いませんでした。
 っていうか、ほかの蟲師が出て来ないので比較できなかったんですが・・・

架空のものだとわかっていても、原作を知らなくても、
わたしはわたしなりに、映画の中の「蟲」がどんなものかを感じたと思いました。
原作ファンにしかわからない、蟲の定義からは外れてるかもしれないですけどね。
| 悠雅 | 2007/03/27 12:55 AM |
す、すみません・・・
コメントが長い上に、何故か同内容が2つも・・・
お手間かけますが、1つ削除してくださいませ。ごめんなさい。
| 悠雅 | 2007/03/27 12:56 AM |
■悠雅さま
書き方悪かったです。
映画を観て、一番感じたのは、原作全く知らないで見た人はどうなんだろう??ってことでしたから。原作知らなくても、その世界観に浸れれば充分ですよね。すみません。

蟲を退治するのが蟲師です。ギンコは確かに蟲を退治しているのですが、人も蟲も同じように感じている気がするのです。(蟲と人が共存している場合もあるのだし)
淡霊に蟲の話を語るときに、殺さなかった蟲の話を嬉しそうにしているシーンが(原作に)あるのですが、そこが好きです。だから、あの一言!!ほんとよけい。
賛同いただけて嬉しいです(笑)。

ヌイは、あんなふうになって出てくる必要があったのか疑問です。あれは、映画の完全なオリジナルですから。

蟲師の最新刊(8)が出ていたので、
やっと買ってきました。楽しみです〜〜。
| kayamariyon | 2007/03/27 1:29 AM |
kayamariyonさん、こんばんは。
ヌイの妖怪化は、原作ファンならではの感想かもしれませんね。
おっしゃるとおり「蟲」とは何ぞや。が描かれてませんでしたね。これが理解できていないと、いくら”幽霊でも精霊でも妖怪でもなく・・”のコピーがあっても難しそうです。
ギンコと淡幽の出会いの回想を入れれば、「蟲とは」「蟲師の仕事とは」を上手く表現できるエピになったのに、方向性が違っていた為にカット。更に「蟲師が蟲を殺す話」は浄瑠璃や芝居という「人が人を殺す」に置き換わってしまって、、、実はここも残念に思ってました。

蒼井優ちゃんの、脇息に寄りかかる姿がとても美しかったです。
キャストは良かったと思っています。

余談:スコーンミックス、近所では売っていないんです。専門店に行かないとかしら?

| たいむ | 2007/03/27 8:44 PM |
■たいむさま
原作ファンのいあだでは、評価が低いですね。ただ、あの映像とキャラの雰囲気は、わたし的にはすごくよかったです。

第一話のエピソードをいれれば、少しは蟲がわかったのではと思います。あの、蟲と人とに半々になってしまったおばあちゃん、蟲が見える孫のために蟲になる決心をする話。原作を読んだときに、この第一話で、不思議な世界にずるずると引き込まれましたから。

わたしも余談(笑)
先日コメントいただいた時に、かなり失礼なお返事をしたのは、たいむさんが男性だと思っていたから。。。映画の感想とか拝見してて、ものすごく理論的だったので、男の人だと言う先入観を持ってしまったのです。プロフィールのイラストが、なんで女の子??って・・・汗(普通気がつきますね)。だから、スコーンを焼くって??と、驚いたわけです。失礼しましたぁ!
スコーン、これもブログでアップしたんですが、あれから、ゆずスコーンに凝って、かなり焼きました。
クオカはネット販売だけなのでは??お菓子の粉もここで買っていますが、安いしお勧めですよ。(決して、クオカの回し者ではないです)
| kayamariyon | 2007/03/27 10:55 PM |
私は原作の世界感を感じるこの美しい映像に
魅入ってしましました〜♪
とはいえこのおどろおどろしいぬいの姿はちょっと涙。確かに哀れな女性でしたがもっと幻想的に描いてほしかったですかね〜。そんでもってギンコの蟲師としての活躍も
もっとみたかったですね!!
1話完結ですからこの作品はやっぱり映画向きじゃないかも。アニメは素晴しいですよね〜。
| くろねこ | 2007/03/27 11:50 PM |
kayamariyonさん、こんばんは。再び参上です(笑)
>かなり失礼なお返事
え?なに?失礼なんかあったっけ?というほど全然気にしてませんでしたよ(笑)
それに、ほとんどの方が最初は男性だと思うようです。よく言われますからw
お気になさらずに〜(^^)

ただ、ひとつだけ。
>プロフィールのイラストが、なんで女の子??
ちなみにイラストは男の子です(爆)
可愛く描かれているので女の子に見えなくはないですが(^^;) 

最近スコーン熱はやや冷め気味ですが、(ミックスが見つからないのでw)、”クオカ”で復活してみようかな?と思いますw
では、また!

| たいむ | 2007/03/28 6:41 PM |
■くろねこさま
1話完結ですから、たしかにそれをつなげるオリジナルが必要ですよね。その部分に不満が残ります。
でも、あの映像は、魅せられました。
ただ、100年前に限定しなくてもいいのでは??だって、そうするとギンコの服が変。。。
あと、たしかに、角の少女は男の子のままでも良かったですよね。
でも、蟲師2があったら観たいです。それくらいキャスティングは良かったです。
| kayamariyon | 2007/03/28 7:42 PM |
■たいむさま
どひゃ〜〜〜!!あのイラストは男の子でしたか!!
2重の失礼をお許しくださいーー。
でも、とってもかわいい。。。

たいむさんを男の人と思ったのが私だけでなくて安心しました。映画評、すごく参考になります。これからもよろしくお願いします。

スコーンだけでなく、けっこうはまりますよ。わたしはこのこの粉でケーキ熱再燃しましたから。
| kayamariyon | 2007/03/28 7:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/199
トラックバック
蟲師
100年前の日本には、蟲がいた・・・
| 悠雅的生活 | 2007/03/27 12:54 AM |
春の映像体験映画「蟲師」は644
12年ごとに実写映画を撮る 大友克洋監督の オダギリジョー主演 大森南朋、蒼井優、江角マキコ出演の 「蟲師」 原作は350万部の売り上げだったとか? 100年前の 日本で展開される「蟲師」と「ヒト」のファンタジー。 「蟲師」の活躍だけが描かれているのかと
| bobby's☆hiroのシネプラザ | 2007/03/27 1:00 AM |
蟲師 
漆原友紀の人気漫画『蟲師』を、 大友克洋が実写映画化。   主演はオダギリジョー。 幻想的な映画です。    摩訶不思議の世界。 オダギリジョー(ギンコ)、 蒼井優(淡幽)、大森南朋(虹郎)。 キャスティングは魅力的です。 原作を読んではいないので、 不思
| 花ごよみ | 2007/03/27 1:03 AM |
映画「蟲師」
「スチームボーイ STEAMBOY」の大友克洋監督作品。妖しき生きもの“蟲”が存在した100年前の日本を舞台に、蟲を鎮め人々を癒す能力を持つ“蟲師”ギンコをめぐる神秘の物語が、膨大な労力を費やして行われたロケハンで見出された美しく幻想的な日本の原風景の中に綴ら
| しょうちゃんの映画ブログ | 2007/03/27 1:07 AM |
「蟲師」みた。
アニメも原作も大好きな『蟲師』。実写版も公開を楽しみにしていた。アニメは、限りなく原作を再現している作品であり、また映像も音楽も決してあの独特のイメージを崩すことのないクオリティの高い作品に仕上がっていた。この実写版、ジャッジメントがちょ
| たいむのひとりごと | 2007/03/27 8:47 PM |
蟲 師
風にゆれる木々、虫の声、水の音・・・時折響くのは尺八もやにけむる深い森、雪に埋もれた村。100年前の日本と言われるその場所は不思議な冷ややかさと幽玄さをたたえて息を呑むほど美しい。「蟲」によっておこる奇怪な妖しき現象も不思議な美しさでした。 虫嫌い
| ★しゃべりば ★ | 2007/03/27 11:33 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ