茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 映画サークル「ママズ・ムービー・湘南」 | main | 香港四大天皇「アンディ・ラウ」 >>
「墨攻」のアンディ・ラウ


アンディ・ラウと言う役者はすごい!
40代にはいって、演技がぐぐんと充実。
この映画でさらに確信。
アンデイファン暦10年のお友だちと、
一緒に見てまいりました。
にほんブログ村 映画ブログへ
墨攻とは??、この映画がなかったら
ずっとその存在を知らなかったと思います。
原作は中国で人気だった日本の漫画だとか。
一応、小説の原作もあるそうですが、監督とアンディさんが
この漫画の愛好者だったと聞きました。


墨子は「守り」の教えを説いたので、
この映画のように戦ったはずはないのですが、
アンディさんが戦わない!なんてことはあり得ない(笑)
墨家が助けるのを断った小国、梁(架空の国?)に
たった一人で乗り込むのが革離(アンディさん)。
いよっ、まってましたぁ!かっこいぃ〜〜。

実は、アンディ・ラウ、苦手でした。はい、きっぱり。
若い頃のぎらぎらした感じが、とってもいやで・・・・。
ところが、「インファナ〜」は言うまでも無く
映画的には、評価がちょっと低い「LOVERS」です。
あの、ストーカーのように、
若い女(チャン・ツイィー)を追いかけるアンディさんを見て。
こういう役もできるんだと。。参りました。
枯れたと言うには、まだまだま若いんですが
その枯れた雰囲気に惹きつけられます。

まあ、それはともかく、映画は、人の世の戦いのむなしさを
あざとくなく見せてくれています。
これは大切、ハリウッド映画のこれでもかと
人が死ぬシーンをだして表すのは、
「なんとかライアン」以来食傷気味ですから。
確かに、墨家が剣を持って戦うなど歴史には無かったでしょう、
でも、その思想は、感じることができました。
理想を説き、何の見返りも求めない。
戦うときに、それを全うできる人間がいるのでしょうか?

墨家にはあるまじき(?)恋愛も
アンディの手にかかると、せつなくたまりませんでした。
声を失った彼女のそばを気が狂ったように探すアンディ。
気がついてくれと、必死に訴える彼女。
このせつなさ、辛さ、
心から隣のアンディファンが羨ましかった(苦笑)。
こういう映画を、自分の好きなスターがやってくれたら
劇場に毎日でも通ってしまいます。
(寝泊りしちゃうかも・・汗)
ただ、吹き替えなのは、残念ですけど・・・・。
| 2007年映画 | 21:41 | comments(6) | trackbacks(5)
スポンサーサイト
| - | 21:41 | - | -
コメント
アンディ・ラウのファンは多いのでしょうけど、代表作と言える映画がないというのは不思議でしたよね。助演でならばいっぱいあるのでしょうけど・・・
やっぱり一人の俳優をずっと追いかけてる友人がいるといいことですね〜俺もマニアックな友達が欲しくなりました(笑)
| kossy | 2007/02/19 1:03 AM |
■kossyさま
アンディの代表作と考えると、やはり、インファナ〜でしょうか? 無問道はトニーさんですが、3部作全部観るとそう思えますよね。
でも、100本も出てるのに、つい最近まで代表作がなかったって(賞はとっていても)意外です。
マニアックなお友だち??確かに、一人のスターをずっと追いかけ続ける人はすごいです。

ただ、kossyさんの映画に対するマニアック度は誰にも負けないのでは??
| kayamariyon | 2007/02/19 8:53 AM |
アンディ素敵でしたね。本当に、40歳超えてからぐんとよくなった気がします・・・って、そんなに詳しくないんですけどね。
でも、大好きな俳優さんがとっても素敵な役をやってくれたときの喜びたるや、そりゃそりゃ泊り込みたいくらいのもんですよね、よくわかります。
辞典並みに詳しいお友達が一人いると、その人と一番楽しく過ごせるのがレンタルショップだったりしませんか?
私もそういう友達がたくさん欲しいっ!
またお邪魔しますね。では〜〜(^^)ノシ
| 微妙 | 2007/02/19 6:02 PM |
■微妙 さま
コメントTBありがとうございます!
ブログ拝見しました。香港の詳しいですね〜〜。
わたしも、韓国はちょっと苦手なんで、最近香港映画の上映が少ないのが残念です。
微妙さんも、辞典並みに詳しいんじゃないですか??
アンディさんの麻雀大将に、ヒロイック・デュオ、マスッスル・モンク・・・DVDチョイスが素晴らしいです。

ちなみにお住まいは神奈川なんですね!これからも、よろしくお願いいたします。
| kayamariyon | 2007/02/19 6:22 PM |
kayamariyonさん、度々の訪問ありがとうございました。
なんか、やっぱり不安定だったみたいで、記事が壊れちゃいました(泣)
書き直してはみましたが・・同じものって書けないものですねー(^^;)
どーもお騒がせいたしました!
| たいむ | 2007/02/20 7:52 PM |
■たいむさま
どひゃーー、記事が壊れちゃった!!って。。
それは、とんでもなく悲しいですよね。。。(ーー;)
わたしも、ブログをつけはじめて、2ヶ月くらいはバックアップを取っていましたが、今は全く取っていません。
そういうお話を聞くと、ものすごく不安になります。はい。
| kayamariyon | 2007/02/20 10:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
墨攻&生アンディ・ラウ!!
  見たぁ〜〜!! 生アンディ・ラウ〜〜!! 感激!! 試写会に行ったらいつもと様子が違う。 いつも前の方はすいているのに、 ぎっしり詰まり、仕方なしに2階席へ…。 舞台すぐ下には体格のいい人が立っている。  カメラマンらしき人も… そしておそろいのピン
| 花ごよみ | 2007/02/19 12:36 AM |
墨攻
ヤケクソもこれ兵法の一つ也。
| ネタバレ映画館 | 2007/02/19 12:39 AM |
「墨攻」
アンディファンの友人と、初日から張り切って観に行ってきました!
| 映画鑑賞検定3級blog | 2007/02/19 6:04 PM |
「墨攻」みた。
まさかあんなものが登場するとはっ!アレってこの時代にもうあったの??・・・と調べてみたら、発明されたのは1783年らしい。このお話、春秋戦国時代(紀元前)うんぬんと冒頭で説明されていたように思うのだけど・・・。ありえねぇ〜(笑)(以下、若
| たいむのひとりごと | 2007/02/19 6:26 PM |
墨攻
「墨攻」 2007年 香/中/韓/日 ★★★★★ 皆様!これ、めっちゃ面白いですよ!! 原作(コミック)を観た訳でもないし、中国史にも詳しい訳でもない。 アンディ・ラウはI LOVE YOUだけど贔屓して点数を甘くした訳でもありません。 (だけどアン
| とんとん亭 | 2007/02/19 10:43 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アメリカの近代史「 アイリッシュマン」
    mariyon (03/06)
  • 引き込まれる映像「1917 命をかけた伝令」
    mariyon (03/06)
  • アメリカの近代史「 アイリッシュマン」
    ituka (03/06)
  • 引き込まれる映像「1917 命をかけた伝令」
    ituka (03/06)
  • 有名過ぎるあの「CATS」
    mariyon (02/10)
  • 英雄一転「リチャード・ジュエル」
    mariyon (02/10)
  • 王道ミステリー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
    mariyon (02/10)
  • 英雄一転「リチャード・ジュエル」
    ituka (02/10)
  • 有名過ぎるあの「CATS」
    ituka (02/10)
  • 王道ミステリー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
    ituka (02/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ