茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 茅ヶ崎のお店-ランチ「イル・パッソ」その2 | main | 「幸せのちから」試写会 >>
「ハン二バル・ライジング Hannibal Rising」の予告


映画を観にいったら、なんと、まあ、
ハン二バル・ライジングの予告がやっていました。
そう、あの、「羊たちの沈黙」のハンニバルです。
にほんブログ村 映画ブログへ

ハンニバルからさかのぼって、
レッドドラゴンを映画化しただけでなく
さらに、少年時代!!そんな手があったのか?
ハリウッド映画は節操がない・・・
と、見れば、原作はちゃんと2006年に書かれていました。
もちろん、トマス・ハリス。
ただ、翻訳されてないんですね。

『真珠の耳飾りの少女』のピーター・ウェーバーが監督。
主演は、もちろん、サー・アンソニーでなく
『ロング・エンゲージメント』のギャスパー・ウリエル。
そのうえ、コン・リーの共演が気になっています。
GW公開だそうです。
予告は、ギャスパーが例の仮面をかぶっていて
ちょっと、違和感。。ジェイソンくんを思い出したりして。


25年以上前、トマス・ハリスの
「ブラックサンデー」を読んだときの衝撃、
そして、「レッドドラゴン」「羊たちの沈黙」と
続けて読みふけりました。
映画には、まったく期待していなかったんですが、
「羊たち〜」、原作の良さを生かして、
なおかつ、映像で見る面白さを感じられる作品でした。
そして「ハンニバル」。原作は面白かったです。
ただ、原作にも、昔の衝撃はなかったですが。。
映画は、原作とラストのあまりの違いに驚きました。
だいたい、あの、人食いハンニバルともあろうものが
まさか、小娘にほれたからと言って、
自分の手を切ったりするものだろうか??
いつから、そんなにやさしくなったのか。
好きな女だからこそ、いっそ彼女の手を切り落として
食べようとしなかったのか?
なぜ、トマス・ハリスは唯々諾々と
原作との違いをゆるしたのか?
(まあ、原作をそのまま映画化するのは
かなりの問題があるでしょうが)
そんな不満がふつふつと残るものでした。
今回、原作を読むこともできないので
映画を観るしかないんですが。。。。
映画は、レッドドラゴンで
おしまいにして欲しかったですね。
| 2007年映画 | 08:26 | comments(6) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 08:26 | - | -
コメント
kayamariyonさん、こんばんは。
早速見てきました。しかも朝っぱらから(^^;)
私は「羊・・」以降かかさず映画は見ています。
原作はどれも読んでいません。

クラリスに対する想いとは、一体なんなのか?
ずっと思っていたけれど、今作でのレディ・ムラサキの登場によって、なんとなく分るような気がしました。
エグイしヤバイですが、エンタとしても良い出来だと私は思いしたよ。丁寧さを感じますし。
芸術性は若さゆえに控えめかしらね?(笑)
そんな感想です。
フライングでTBさせていただきましたが、少しネタに触れていますの、読むときは覚悟の上でお願いします(笑)
読まなくてもOKですし。


| たいむ | 2007/04/21 7:12 PM |
■たいむさま
早く映画観たいですよ〜〜。
何故にライジングなのか、気になります。
きっと、観たら文句たらたらでしょうが
観ないことには、落ち着きません。
観たら、すぐに、そちらに伺います。

最近、このブログもまじめにアロハ屋モードですが、
タカシマヤの催事が終わったら、映画観まくろう!!って
決心しています(笑)。
売り子生活、今日で4日目です。

| kayamariyon | 2007/04/21 9:22 PM |
こんにちは。お忙しそうですね。
原作は『ハンニバル』しか読んでいませんが、クラリスとレクターのベッドシーンに嫌悪感を覚え、それっきり読んでいません。
(ジョディーとホプキンスとのソレを想像してしまい、止めてくれ〜と)
『羊たちの沈黙』では、クラリスとレクターとの奇妙な共感、肉体的なものを伴わない愛があった、と感じましたが、まさか、まんま”クラリス愛”だったとは。
でも、ここを読んでいたら、他の原作も読みたくなりました。

TBは、予告編の”レクター博士”のほうを送らせて頂きました。
本編のTBは、こちらがエントリーされた時に、送らせてください。ではでは。
| あん | 2007/04/22 2:38 PM |
■あんさま
お久しぶりです〜〜。
あーー、早く映画観たい!!もう、観たい映画がたまりまくり。ハンニバルライジングも、はずすとわかっていても、絶対観たい映画のひとつです。観たらお邪魔させていただきますね。
でも、ひさしぶりに、あんさんのイラスト観たらなごみました。とくにレクター博士の「・・・」。うぷぷ。似てる。
あっ、「レッドドラゴン」の原作は、絶対お勧め。
わたしも、「ハンニバル」でトマス・ハリスが10年たって、随分変った名って思いました。でも、あの映画のラストはやっぱり何か違う。レクター丸くなりすぎで・・・。なんか許せなかったです。
ライジングがただのスプラッターでないことを祈りつつ・・。
今日も眦膕阿稜笋蟷甸萃イ辰討ます。明日が最終です!
| kayamariyon | 2007/04/23 10:14 AM |
ハン二バルライジング、また見てないのですが、主役のギャスパーウリエルが知的で残酷な役
はまっていますね。
| びび | 2007/04/26 5:00 AM |
■びびさま
「ロング〜」の青年役はとっても好印象でしたよね。
今回は、全く違う役。
GWに知人と行くことにしちゃったんで、まだ未見です。
早く観たい!!
| kayamariyon | 2007/04/26 7:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/163
トラックバック
『ハンニバル・ライジング』
(原題:Hannibal Rising) 「う〜ん。このシリーズは 監督にとってアプローチが難しい作品だなあ」 ---えっ、どういうこと? 「シリーズ化されるきっかけとなった 『羊たちの沈黙』がホラーとして初のオスカーを獲得。 でも、物語自体はシリアルキラーものだよね。 本
| ラムの大通り | 2007/02/19 12:34 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ