茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 母の愛とは「ひとよ」 | main | なり切り100%「永遠の門 ゴッホの見た未来」 >>
ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ

 

あれから40年!
えっ?ユアン君ってそんな年だっけ?
と思ったら、まさに実年齢だったのね。

 


 

あのシャイニングの・・・・ってことでなく、
映画としてまとまっていたが、
能力者VS怪物の図式でいえば
ホラーと言うより、ファンタジーアクション?。

 

ロージー率いる怪物集団は例えば、ヴァンパイアのように
人間を糧に(この場合は生気)ひっそりと
何年もき永らえている。

そういう意味では決して悪と言うわけではない。

何故なら、彼らはすでに人間ではない。
人間の道徳は通用しない。
例えば、人は蟹を食う。
蟹の一番うまい食べ方は、やはり生き蟹を
そのまま茹でるやり方だろう。
これはとんでもなく残酷だ。
そして食べる側にとって、蟹の苦痛など関係ない。

 

ひとつだけロージー達が違うのは
彼らも昔は人間だったと言うこと。

人間を殺すとき、若くて、感がいい人間で
できるだけ苦痛を与えたほうが
より生気を味わえるときては人間側からみたら、
とんでもないバケモノで駆除すべき怪物だ。

 

そして、それに立ち向かえる少女。
彼女は肉体的には弱いがすごい能力を持っている。
精神的にも、ダニーなんか比べ物にならない。

バケモノたちが死ぬのを
「もっと苦しめばいい」と言ってみているこの少女が
ある意味、これから一番怖い存在だと思う。

 

ところで、まったく映画とは関係ないが、
ラスト、死ぬか生きるかってところで
むちゃくちゃないびきが聞こえ、
爆睡オヤジに邪魔された。
はじめ、同じ列の2つ離れた人を疑っていたが、
明るくなって後ろ3列くらい離れていたオヤジと判明。
映画終わって、明るくなっても完全に寝ていた。

そこまで眠くなるの映画だったのか?(笑)
ドクタースリープならぬ、オヤジスリープ!

 

 

| 2019年映画 | 22:32 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:32 | - | -
コメント
アブラちゃんがどのように成長したかを見たいので
3年後くらいに続編作ってほしいです。
正義のヒーローと思っていたら案外ダークな方向に行っちゃったりして(笑)

なんと!爆睡親父に遭遇とは。。。
こういうのって、真剣に鑑賞中だと完全に目の敵にされますよね。
終わった途端みんなの冷ややかな注目間違いなし(笑)
| ituka | 2019/12/05 9:36 PM |
■itukaさま
いや、マジ、アブラちゃんのその後
気になります。
そして、悪訳軍団の方のスピンオフも興味深いです。


けっこう映画を観に行く方だと思いますが
あんなすごいいびきを劇場で聞いたのは初めてでした。
明るくなって、誰かが起こすまで寝ているって
終電かよっ!って思いました。
でも、起こした人、よく最後まで我慢してたなぁ〜〜。
| mariyon | 2019/12/05 10:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ