茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< ホアンキンの演技「ジョーカー」 | main | 予告が秀逸?「決算忠臣蔵」 >>
ストーカー?「マチネの終わりに」


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ


一応、昔は福山くんのファンだったし・・・
ってことで観てきたけど
でも、やっぱり彼のラブストーリーは
そろそろもう、無理かも。


大人のラブストーリーと言うなら、
もっと実年齢に近い設定でもいいのでは?

 

 


 

ところで、関係ないけど、ぜんぜん違う国の人間が
パリのテロをネタに恋愛映画っていいのか?
日本の震災を舞台に
外国人の恋愛映画はやっぱり観たいとは思わない。

 

恋愛のもどかしさとか、
すれ違う恋の行方とかを描いていると言うのだけど、
予告で感じた、福山ストーカー感バリバリ。

 

婚約者がいる女性に「あなたが死んだと聞いたら僕も死ぬ」って、
彼はどうしてそこまで彼女に惹かれたのか。
恋をしたことが無い、オタク野郎が
何度か年上の女性に優しくされて舞い上がったとしか思えない。

 

そして、その言葉に考えさせてくれと言う洋子!!!
相手がイケメンだったから?(ってことはないだろうっけど)

 

2人は一体いつからそこまでひかれあってたの?と、
かなり置いてけぼり感をあじわいつつ
婚約者と別れた洋子が帰国するときのすれ違いっぷりに唖然。
マネージャーがタクシーに忘れたケータイで
嘘の別れを告げ、2人は出会うこともなく
3年後には、洋子は婚約者のもとに戻り、
福山くんはマネージャーと結婚、
お互い子供もいる。

 

なんて言うか、これ、マネージャーの
視点から描いたほうが納得出た気がする。

ずっと彼の音楽を愛し、彼を愛してきたがゆえに
音楽の邪魔になる洋子を排除。
自分がその場を取って変わりたいわけではなかったが、
消沈する彼を慰めるうち子供ができてしまう。
愛されていなくとも、結婚できるだけでいい。
彼のそばにいるだけでいい。みたいな・・・・。

 

でも、彼の音楽を奪ってしまったかもしれない自責の念。
そのためにすべてを打ち明ける。

 

それとも、愛するあまり、この2人に単に復讐したかった。
傷つけたかったでもいいと思う。

 

そういう意味では、伊勢谷君のキャラが
一番スムーズに理解できた気がする。
それにしても彼のセリフはすべて英語!!!!

 

 

| 2019年映画 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 21:19 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ