茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< フライドチキン食べたい?「グリーンブック」 | main | Happyになれる!「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」 >>
遺恨と友情「 家(うち)に帰ろう」


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ

茅ヶ崎のイオンシネマでも「グリーンブック」が公開。
あわせて、2本、ちょいと前に公開されて
観たかった映画が公開!!ほんと、ありがたい!感謝。

 

70年たっても、遺恨は風化しない。
でも、友情も消えない。


 

アルゼンチンからワルシャワまで
足の悪い(糖尿病かなにかだろうか?)じいさんが
70年前に分かれた友に会うために、1人旅を決行するお話。

 

足を切断することになるかもしれないと言われ
家を売って、老人ホームに入るように
娘たちに手配されてしまったアブラハム。。

最後の最後に、どうしても彼が行こうとしたのは、祖国ポーランド。
彼はユダヤ人で、収容所(ゲットー)の生き残り。
だから、ポーランドと言う国の名前を口するのも嫌なのだ。

そんな彼がヨーロッパで、鉄道にのってドイツを横断する。
ドイツに1ミリたりとも足を踏み入れたくない、

彼の気持ちは徹底しているが、陸路では無理な話だった。


旅の途中で出会うさまざまな人たち。
彼には何か人を惹きつけるものがあるのか、
皆、彼を放っておくことができない。
親身になって心配してくれる。

それは、彼の気骨と、人に頼らない頑固さがあるから。
だから、ほんとうに困っているときに手を差し伸べてくれる人がいる。
そんな気にさせるエピソードが素敵だ。


戦後世代の人間には、その恨みや悲しみは伝え聞いても
肌で感じることはない。
途中出会うドイツ人の人類学者もそうだ。
だが、フェルナンドにとっては、戦後の人間でもドイツ人はドイツ人だ。
話をするのも嫌なのだ。
その彼女に結局、頼ることになるのだが、
なぜかそれも毅然として見える。

 


戦争はやっぱり、恐ろしい。
戦争が終わって何十年たとうと、気持ちが戦ったままなのだ。
若い世代にもその遺恨を植え続けている韓国。

日韓問題も平和が訪れることはあるんだろうか?

 

| 2019年映画 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/1363
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    mariyon (10/09)
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    ituka (10/08)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    mariyon (10/06)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    ituka (10/06)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    ituka (09/27)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    ituka (09/27)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ