茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 面倒すぎる2人の「大人の恋は、まわり道」 | main | ホラーのニューウェイブ?「来る」 >>
フランケンシュタインの産みの親「メアリーの総て」


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
 

200年も前に、わずか18歳の女性が、
書き上げた「フランケンシュタイン」

彼女の心に巣くう怪物はなんだったのか?

 

「嵐が丘」の作者が舞台にもなったあの田舎町で
ヒースクリフを空想で描いた話はあまりにも有名だが、
モンスターを作り出したフランケンシュタイン博士を
若い女性がなぜ作り出せたのか?

 

作家でもあった母親の産褥死、
義母との確執、
妻子ある詩人との駆け落ち、借金
出産、そして子供の死。
詩人の妻の自殺。

彼女の心に産まれた深すぎる愛情
葛藤、悲哀、すべてがモンスターを描き出した・・・

 

が、話の途中、勝手すぎる芸術家たちにただただイラつく。
彼らの若さと、奔放さは、芸術家でなければ
高校生が親のすねをかじってバカやってるのと変わらない。

勘当され、それでも親の屋敷を抵当に借金を重ねる。
借金取りから逃げる途中、赤ん坊を亡くしてしまう。

 

そして、そのあと、バイロンの屋敷での怪談夜会と続く。
ここで彼女は構想を得たと言われている。

 

出版にあたっては、詩人の夫に前書きを頼み
匿名で出版しかできなかったと言うのは、この時代を表している。
第二版から彼女の名前で出版できたのは、
ろくでもない男だったかもしれないが、
夫のおかげだったと思う。

 

同じくバイロンの怪談夜会に参加していた
医師が書き下ろした「吸血鬼」。
こちらは、バイロンの名前で出版され、
彼の生きている間は、それが正されることがなかったとか。

吸血鬼は伝説もあったけど、
フランケンシュタインは全くの創作と言うところに、
メアリーの心の闇の深さを感じる。

メアリー役のエル・ファニングはまだ二十歳。
新作は不思議な感じのSF「孤独なふりした世界で」
そちらも楽しみ。

 

 

| 2018年映画 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:09 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ