茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 演技に魅せられた「湯を沸かすほどの熱い愛」 | main | 話題の「ララランド」 >>
邦題ひどい「素晴らしきかな 人生」


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ

 

タイトルと予告でパスの予定だったけど
ノートン見たさに一応チェック!

ちょっと年をとったかな?

 

少なくとも、7つの贈り物ほどがっかりではなかった。


 

予告では娘を亡くした男が、3人の賢者に諭されるみたいな
そんなイメージだったけど、
いや、いや、そういう話ではない。
3人の劇団員を雇って、セラピー目的ならまだしも
会社での地位を貶めるため。
それが敵対する悪人たちでなく、彼を心配している友達だから
始末に負えない。
しかも、今回期待のノートン、ケイトだもの。


自分を喪失している割には、
会社の同僚や友人のことを完全に把握してるのも不気味。。
特に隠していた病気の事とか。

 

ラストの奥さんネタには驚いた。
予想できなかったもので・・・(;´・ω・)

 

ところで、なんでこの邦題にしたんだろう?
昔の映画のリメイクと思っていく人いるのかな?

 

 

| 2017年映画 | 21:24 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | -
コメント
ワタシもこの邦題に釣られた感じです(笑)
過去の名作「素晴らし哉、人生」ありましたよね。
観たような観てないようなでしたが(笑)

あの女性が妻と知ってたらもっと見方が変わっていたかもしれません。
そこ惜しい!
| ituka | 2017/03/08 10:27 PM |
■itukaさま
ノートン老けましたよね。
この映画、決して老けメイクではないはず。

そういう意味では、ウィル・スミスもだけど、
やっぱり元気な彼のほうが見てていいですよね。

奥様はすべてをわかっていて、何も言わずに(!!!!)
彼が窓からのぞき、中に入り、口をきき
一歩一歩現実と向き合おうとしているのを助けたわけで、
子供を亡くした同じ親の立場なのに、
旦那のセラピーもしてしまうって、
すごすぎませんか?
| mariyon | 2017/03/09 2:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/1224
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
まつ毛パーマ・エクステ
天然石とセラピーの店
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ