茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 柿のトマトソース | main | レオン・ライ「LooKinG」 >>
わが青春のメリル「プラダを着た悪魔」


メリル・ストリープを意識したのは
「フランス軍中尉の女」(1981年イギリス映画)からです。
相手役のジェレミー・アイアンズにも、
この映画ですっかり虜になりました。
メリルの若い頃の
あのちょっと壊れそうなか細さ。
誰かが助けてあげなくてはと言う気にさせられる、
妖精のような不思議な魅力。
それでいて、芯が強くて、毅然とした役柄の多い人です。
ロバート・デ・ニーロとの「恋に落ちて」もそうでした。
その、メリルの新作です。
見ないわけにはいきません。

お話は、ジャーナリズム専攻で、
ファッションに興味がない女の子が
女帝のような女編集長のアシスタントをするという
ありそうで、絶対ありえない話です。
メリルの、超ジコチュー編集長に振り回される
アン・ハサウェイが仕事を覚えるうちに
どんどん綺麗になって、ファッションセンスも磨かれてという
若い女の子が、喜ぶサクセスストリーになっています。


確かに面白かったんですが
希望としては、ジャーナリズム専攻なんだから
全く自分が無知なファッションについて、
もっと、調べて当然じゃないかしら?
歴史を探って、それで、
ファッション業界がただのちゃらちゃらした
世界でないことを知る・・・なんて、
エピソードを入れて欲しかったです。
単に着飾る事が上手くなるってだけでなくて。

それは、編集長のミランダについても同じくです。
一度だけ、青いセーターについて
語るシーンがあるんですが、
編集長の裏づけを感じるのはそれくらい。
メリル・ストリープと言う、役者の持つイメージだけで
このミランダをやりこなしているのです。
素晴らしい!!!
他に出来る人いるのかしら?と考えてみると・・・
グレン・クローズだと、ここまで知的な感じがしないかな?
ダイアン・キートンとかだと、優しそうだし・・。
むづかしいですね。
おすぎさん言うところの、
「サングラスを外すだけでオカマがふっとばされそうな」
パワーで冷酷、なおかつ知的で、
内面に弱さをあわせもつ・・・。
これは、メリルだからこそできた役です。
| 2006年映画 | 10:42 | comments(8) | trackbacks(4)
スポンサーサイト
| - | 10:42 | - | -
コメント
こんばんは。
私も、アンディがいくら腰掛けのつもりでいても、専行とは畑違いの業種だったとしても、仮にもジャーナリストを目指してるのなら、下調べすら全くしていないのはおかしいなぁと思いました。
基本的にはコメディ路線だから、あえて小難しくしたくなかったのかな?と思ったりもしますが。

といっても、いろいろな意味で素敵な作品でしたね。
| たいむ | 2006/11/27 7:49 PM |
■たいむさま
そうなんですよーー
あと、編集とファッションが全く同列で語られるのも、
気になりました。
でも、綺麗なファッション、ブランド、目の保養。
これは、日本ではぜったい作れない映画ですね。
| kayamariyon | 2006/11/27 8:53 PM |
なるほどね〜。
ミランダ編集長にばかり目が行って、編集やらなんやら目が行きませんでした。
あたしもそうなのですが、ファッションにまるで興味がないと、本当にファッションってどうでもいいのですが、彼女も一切興味がないというか、どうでもよかったというか、その畑違いのクロスオーバーってあたりも見せたかったのではと思います。
だったらやっぱり間違っても畑違いの仕事はするなよ、って感じですが。
実体験らしいですから、それなりの仕事はしたけど、やはりマッチはしなかったのでしょうね。

フランス軍中尉・・もいかったですが、あたしは「ソフィーの選択」でしたね。あれで後頭部ガツンとやられたような衝撃を与えられました。
私もグレン・クローズならどうかな、と思いましたが、なんか救いがなさそうになりそうですよね。やっぱメリルで決まりです。

| sakurai | 2006/11/28 8:10 AM |
■ sakuraiさま
「ソフィーの選択」たしかに、あれも良かったです。若い頃不思議な魅力ありましたよね。実は、マディソン郡〜で少し気持ちが離れたんですが、めぐりあうで復活しました。何気に激流も好き!

コメディになんだかなーーの編集発言なんですが・・。
「ここで1年辛抱したらどこでも雇ってくれる」って言うのは、単にアシスタントでなく、編集及びモノが書けるということ。皆が憧れるのは、単にファッションが好きだからって言うだけではないってことのはず。
と言うなら、いくら興味なくても、知らなくてはならないでしょう。わたしがやってたのは、編集でもデザインのほうですが(文章はダメです)、会社にいるころは興味のある内容の仕事なんて皆無!ラジコンに車、不動産、果てはチェンソー。でも、とことん調べました。今でも、ジェイソン君のチェンソーは何処のメーカーで、どれくらいの馬力か言えるくらいに(笑)。
だから、去年やらせていただいた、アジアの芸能雑誌(F2A)は楽しかったですね。ほんと。
| kayamariyon | 2006/11/28 10:38 AM |
こんばんは〜!!
いやぁ、メリルあっての映画でしたね。
彼女ってゴージャスなんだけど嫌味がなくて、
知的でセクシーでチャーミングでカッコよくて・・・
とにかく最高!の悪魔でした〜。
ラスト、ちょっとイイ人♪の一面が垣間見えるあたりも、
やっぱりメリルなんですよね〜。
ミランダとアンディのファッション・バトルは、
目の保養になりました!!
| 伽羅 | 2006/12/02 1:43 AM |
■伽羅さま
久しぶりに、メリルやったぁ!って気分の映画。
ほんとうに、良かったです。
たしかに、ちょっとだけいい人エピソードが
メリルらしいですね。
それにしても、あのピンヒールを履いて
さっそうと歩く姿は惚れ惚れしてしまいますね。
ピンヒールを履かなくなって、もう何年たつことか・・。
| kayamariyon | 2006/12/02 9:07 AM |
こんばんわ☆
コメント&TBありがとうございました。
ミランダ役のメリル・ストリープは凄い貫禄!?でしたね。
確かに、ダイアン・キートンでは違うし・・・グレン・クローズだと行き過ぎな感じもしますね・・・
メリル・ストリープのこれまでの役所を考えると新鮮味が増してますます素晴らしい女優だなと感嘆してしまいました♪
| orange | 2006/12/03 7:12 PM |
■orangeさま
こちらこそ、TBコメントありがとうございます。
昔のメリルを考えたらありえない役かも知れません。マディソン郡ですこし引いていたんですが、でも「めぐりあう〜」のクラリッサで復活。18歳の頃の彼女は本当に綺麗だったという言葉に、初めて好きになった妖精のようなメリルを思い出しました。好きだったのは18歳の頃ではないですが、若い頃のメリルほんとうに大好きでした。(あの頃は俳優さんより女優さんに目がいきました>苦笑)
歳をとって、また違った風格を備えた女優さんになりました。これから、どんな役をやってくれるのか、楽しみです。
| kayamariyon | 2006/12/03 11:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/122
トラックバック
「プラダを着た悪魔」みた。
『That's all.』・・・って、まだ何も書いてないのに、おわってどうすんだよっ(^^;)サクセスストーリィであり、自分発見の物語。。。なんだろうな、これは。私には、ミランダも、アンディも、両方がとても理解が出来る感じで面白かった。(
| たいむのひとりごと | 2006/11/27 7:21 PM |
プラダを着た悪魔
悪魔じゃないと思うな・・・。どっちかと言えば『鬼』?
| 迷宮映画館 | 2006/11/28 8:02 AM |
プラダを着た悪魔
有名ファッション誌の編集部を舞台に、 悪魔のような編集長にコキ使われる 新米アシスタントの地獄の日々と、 成長描いたゴージャスでお洒落なコメディ! STORY:大学を卒業し、ジャーナリストをめざして NYにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。 オシャ
| 映画とはずがたり | 2006/11/30 12:10 AM |
プラダを着た悪魔
 ファッション雑誌の裏側はどのようになっているのだろうと思う人は多いと思う。普段、スーツで毎日会社に勤めている私でも、ファッション雑誌は偶に買うし、立ち読みもする。  アンディ(アン・ハサウェイ)は、大学を卒業したばかりのどこにでもい
| とにかく、映画好きなもので。 | 2006/12/03 7:12 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    mariyon (12/05)
  • ほんとうに怖いのは「ドクター・スリープ」
    ituka (12/05)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    mariyon (11/24)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    mariyon (11/24)
  • 任命責任は?「 エンド・オブ・ステイツ」
    ituka (11/22)
  • ホアンキンの演技「ジョーカー」
    ituka (11/22)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ