茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 旅立ちの時「エール」 | main | 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 >>
「杉原千畝 スギハラチウネ」

にほんブログ村 映画ブログへ

予告をみてめづらしくこの映画だけは観たいと息子が言った。
その息子に映画を観ようと言ったら、
彼女と行くからと一言。はぁ、そうですね。

以前テレビか何かの、ドキュメンタリーでみたときは
ビザを発行した時の事しか描かれていなかった。
彼の経歴から扱ってあるこの作品は
とても興味深く、面白かった。
当時の外交官はスパイ活動すれすれだったろうなと
容易に想像できるエピをふまえての赴任。
そこでの人とのかかわりや、日本の中にいては絶対にわからない
世界の大局。
彼はなぜ日本政府に背いてまでもビザを発行したのか?
という予告は確かにそうだが、
当時の日本政府の方向に疑問を持ち、
目の前にいる人を助けるのが人間としての責務と感じたのだろうと
推測できる映画のつくりにが自然だ。

ビザを発行した人だけでなく、
入国(通過?)を助け、日本にわたる手伝いをした人々。
彼らもまた素晴らしい人たちだったと思う。

「少年H」でこうした人々の服を仕立て直すシーンが
あったのを思い出した。


| 2015年映画 | 16:33 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:33 | - | -
コメント
こういう人材が今の日本政府に欲しいです(笑)
彼が発行した2139人のビザと、最終的に6000人余りの人助けは
日本のシンドラーとして永遠に語り継がれるんでしょうね。

これが、自宅前の難民に出前ピザを振る舞った話だと
さすがに映画にはならないですよね(おい)
| ituka | 2015/12/15 10:09 PM |
■itukaさま
シンドラーとはまったく違うタイプで、
まったく違うところに基づいていた人だと思うんですが、
日本のシンドラーって言い方はわかりやすいですよね。
まあ、もともと、シンドラーだってあの映画がなかったら
あまり知られていなかったろうし・・。

こういう日本人のことを映画で取り上げるってのは
ほんとうにいことだと思います。
しかも、嫌らしくなく・・・。

海難もみたいです。次にこれを観たら、歴史三昧?
| mariyon | 2015/12/15 11:48 PM |
私もいわゆる「命のビザ」の部分しか知らなかったので
それ以外の部分を描いていることがとても興味深かったです。

>入国(通過?)を助け、日本にわたる手伝いをした人々。
今回私はこちらの方が感動したりして・・・(笑)
在ウラジオストク総領事代理(長い^^;)の
「全ての責任は私が負います」には痺れました(笑)

| ami | 2015/12/17 11:10 PM |
■amiさま
以前観たドキュメンタリー(と言ってもTVの簡単なもの)では
彼がどうやってビザを書いたのかなんてのはなかったんですが、
ハンコを作ったシーンや、
amiさんのブログでなるほどって思っちゃいました。

この時代の外交官って、諜報部員だったわけで
あんなお嬢さんが結婚してよかったんでしょうか?
なんてね。。。でも、あの奥様だから支えられたんでしょうか。

いくらビザを発行しても
船に乗せるの乗せないのってのもあるわけで、
ああやって、あとを手伝った人もいたんだと。。。
改めて思いました。

いい作品でしたよね。

| mariyon | 2015/12/19 11:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/1141
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
まつ毛パーマ・エクステ
天然石とセラピーの店
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 感動!「ボヘミアン・ラプソディ」
    mariyon (11/18)
  • PC画面の臨場感「サーチ」
    mariyon (11/18)
  • 感動!「ボヘミアン・ラプソディ」
    ituka (11/18)
  • PC画面の臨場感「サーチ」
    ituka (11/18)
  • 緊張感の大襲撃「クワイエットプレイス」
    mariyon (10/17)
  • お久しぶりのビルさん「イコライザー2」
    mariyon (10/17)
  • 緊張感の大襲撃「クワイエットプレイス」
    ituka (10/16)
  • お久しぶりのビルさん「イコライザー2」
    ituka (10/16)
  • 漫画と見事にシンクロ「響 HIBIKI」
    mariyon (09/17)
  • 漫画と見事にシンクロ「響 HIBIKI」
    ituka (09/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ