茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< ミニチアの世界「アントマン」 | main | ツンデレ「図書館戦争」 >>
世界観の再現「バクマン。」


むちゃくちゃ楽しみにしてた〜〜〜。
待ちきれなくて、昨日からまた
原作を思わず読み返してみたり。

初日で観てきたのは言うまでもない。

いろいろあるけど、ずばり
世界観は崩れていなかった。

 原作(とくにアニメや漫画)ありきの場合、
実写化で絶対にキャラは別物。
でも、その世界観さえ守られていたら、
アニメや漫画のキャラが、ちゃんと現実の俳優の中に見えてくる。
それがその役者の個性とミックスされていても、
イメージが壊されることは少ない。

佐藤健26歳!に高校生役はちょっと無理があったけど、
でも、そのぶん、
原作とは違った高木キャラの神木くんが光って見える。
彼のはつらつとした感じは、ぎりぎり高校生らしい。
頭のいい設定を外したのも正解。

2人が原作と作画の漫画を描き、高校生デヴューを果たし
最大のライバルの新妻エイジと戦う(1回戦かな?)までを
原作のエピや人物をすっ飛ばしながら、うまく2時間でまとめてあった。
特に女子キャラはほとんど排除(笑)

漫画をバックに2人がペンをふるうのも良かったけど
実際の漫画を描くときの描写がすごい。
あんなに勢いよくペンって動かすんだ。
なんかほれぼれ。
最初に持ち込む原稿と、連載が決まってからの原稿の差も
素人目にわかるようになっていたし、
細かいところまで、配慮されていた。


残念なのは、しょうがないんだけどエイジのキャラが
単なるライバルになっていたところ。
(染谷君はかなり原作のエイジに近くて嬉しかったけど)
あと、エイジの仕事場、やっぱりアシスタントは必要だろう。

ペンネームも夢がかなうまで会わないというエピがないので
「亜城木夢叶」は使われないんだけど、これにちょっと慣れなかった。
まあ、これは映画だけを見る人には関係ないけど。

もうひとつ、原画を持つときに、
作画に手がひかっかているシーンが何か所かあった。
指紋がつく、インクがにじむ、汚れる!!!!
むちゃくちゃ気になって仕方なかった。

あっ、お目当ての山田君の編集さんは、おもってたより普通だった。
でも、編集長のリリーフランキーはすごみがあって良かったなぁ。
全体に脇キャラが原作とイメージぴったり。

エンディング、ほんと良かった!!


| 2015年映画 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:13 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/1128
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    mariyon (10/09)
  • 情熱の先「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
    ituka (10/08)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    mariyon (10/06)
  • 貞子の1000倍怖い?「見えない目撃者」
    ituka (10/06)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    mariyon (09/28)
  • けっこうあっさり「記憶にございません」
    ituka (09/27)
  • ブラッドの一人芝居を堪能「アドアストラ」
    ituka (09/27)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    mariyon (09/03)
  • 奇跡の共演ってことで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
    ituka (09/02)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ