茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 本年度1映画かも「天才スピヴェット」 | main | ヒーローとは言い難いけど「ドラキュラZERO」 >>
地元上映には感謝だけど「太秦ライムライト」
にほんブログ村 映画ブログへ

殺陣は、時代劇の要。
チャンバラの中で切られ役は必然。
その切られ役だけを全うしてきた
福本清三氏が演じるのももた、太秦の切られだ。

公開は6月で、京都で観ようと思っていたけど
見逃がしてしまったので、あきらめていたのだけど
なんと地元茅ヶ崎で限定公開。
喜び勇んで出かけたが、
「予告上映中です・・・席はどうなさいますか?」
と言われ、さらに「全席あいていますけど。。。」って!!!
えっ?レディスデイだよね、今日。
まさかのわたしだけ。完全に貸切
最初から最後まで1人はさすがに初めてで
嬉しいやら、寂しいやら…(-_-;)



たまたま、先日、京都の太秦映画村に行ったばかりだったので、
ドキュメンタリーのような気分になるくらいの
シチュエーション。

大御所の時代劇が打ち切りとなって、
タレント起用のNOBUNAGAのドラマの撮影っていうのも
笑える?(月九は楽しみに見てるけど)

ただ、時代劇やスタッフに敬意をまったく払わない監督や
わがまま過ぎるタレントなど、ちょっとやりすぎの感もあったけど、
松方弘樹との殺陣はさすがだったし、
チャンバラシーンには目奪われた。
福本さんの一番の見せ場、切られて倒れるあのブリッジは
とにかくすごすぎです。

日本の文化の一つ、いや、もはや伝統芸能としてでも
保存してほしいチャンバラ!



ところで、太秦映画村では
俳優さんのガイドツアーがあって、(30分くらい)
これはぜひ体験したい。
今回は出雲阿国で案内してもらった。
撮影の裏話や、セットの使いまわしの仕方など
いろいろ教えてもらえる。


こちらは2年前、もちろん、坂本竜馬

映画でもやってたチャンバラショー

蝦蟇の油売りも。

| 2014年映画 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kayachigasaki.jugem.jp/trackback/1065
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    mariyon (11/11)
  • サラがいての正統派「ターミネーター:ニュー・フェイト」
    ituka (11/10)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    mariyon (11/10)
  • 23歳ホンモノ!「ジェミニマン」
    ituka (11/09)
  • キアヌと言えば?「ジョン・ウィック:パラベラム」
    ituka (11/09)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/21)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    開けゴマ (10/19)
  • もっと名曲に浸りたかった「イエスタディ」
    mariyon (10/17)
  • ピアノ曲の妙「蜜蜂と遠雷」
    mariyon (10/17)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ