茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
<< 60年代に思う「ジャージー・ボーイズ」 | main | 10年後・・・「蜩の記」 >>
またも実話「ミリオンダラー・アーム」
にほんブログ村 映画ブログへ 

最近、実話多いなぁ〜〜。

野球って、つくづくアメリカのスポーツだと思う。

このインド初のアメリカンリーガー「リンク・シン」が
誕生したのは2008年。
わずか6年前。
本来槍投げの選手だった彼は
グローブさえ知らないし、野球そのものがまったくわかっていない。
剛速球を投げる大会に優勝しただけ。
ただこの優勝賞金がなんと1000万円。
牛が家の中にいるような田舎の村の出身のリンクにとって
考えられないようなすごい金額。

そして、準優勝のディネシュと一緒に、
野球選手になるべくエージェントに連れられて
やってきたLAは、現代といえども
彼らにとっては完全に未来のわけのわからない場所だった。

もともと食い詰めたスポーツエージェントJBが考えた
このミリオンダラー・アーム。
インドで剛速球が投げれる人材を見つけて
メジャーリーガーに仕立てる。
マスコミも飛びつく話題性だ。


野球好きな青年(コーチ志望の)がいたから
よかったようなものの、言葉も習慣も文化も違う彼らを
突然連れてきてなんとかなるなんて、
JBはあまりにも行き当たりばったりだ。
受け入れの態勢は生活まで考えていなかったのか?

そんな彼が、すこしづつ責任を感じ
実際はどうだかったかなんてのはわからないけど、
バックヤードの女医さんと皆で家族のような関係になっていく
ヒューマンホームドラマと言った感じ。


実際のリンク選手がマイナーリーグのままだろうと、
映画のドラマは良くできていて、とても面白かった。


| 2014年映画 | 16:39 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:39 | - | -
コメント
主演のジョン・ハムが良かったです。彼の演技を見て今後要チェックしたいとか(笑)
にしても、キャッチボールすらできない青年をメジャーリーガー!って傍から見れば無謀としか思えないけど
なんとか形にしたハウスコーチの技量には唸るばかりでした(笑)

まだ続いてるミリオンダラーアームってことは、今後本物のメジャーリーガーも出てくるかもしれませんね。期待!加油(爆)
| ituka | 2014/10/08 11:59 PM |
■itukaさま
ジョン・ハムのマッドメンは、2〜3回見ただけでパスでしたが
でも、こういう役回りは似合いますよね。

>なんとか形にしたハウスコーチの技量には唸るばかりでした
このあたりは、素人には「へ〜〜そんなもんか」ですが、
itukaさんのように、実体験のある方の見方は違うんでしょうね。

やっぱ、インドのミリオンダラーアームにぜひ出場を!加油!(爆)
| mariyon | 2014/10/09 8:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ