茅kaya日記

茅ヶ崎大好き!茅ヶ崎周辺で観れる映画を中心に紹介しています。
コメント・TB大歓迎!TBの時はコメントお願いしまーーす!
ハリウッドスター渡辺謙!「硫黄島からの手紙」


「父親たちの星条旗」と2本で一つの映画。
勝手にそう思っていましたが、
そう、言うわけでもなかったんですね。
映画としては、「父親たち〜」のほうが
優れていたと思いますが、
アメリカ映画で、これだけ日本を
リアルに描いた作品が作られたことに感激!
にほんブログ村 映画ブログへ
続きを読む >>
| 2006年映画 | 09:20 | comments(13) | trackbacks(8)
「王の男」 やっぱり好きです時代モノ


韓国強いな〜〜ってのが、一番の感想。
こんな田舎の平塚のシネコンでも
堂々上映されて、お客さんも半分ほどの入り。
おばちゃんばかりでなく、けっこうおじさんも多かった。
16世紀の韓国の宮廷を舞台にした歴史ドラマってのが
チャングム効果で動員数が増えたのかも・・・。
なんて、わたしもその口です。
続きはちょっとだけネタバレありですが・・・
にほんブログ村 映画ブログへ
続きを読む >>
| 2006年映画 | 08:48 | comments(4) | trackbacks(6)
歌に聞きほれて・・「ウィンターソング」


公開ぎりぎりの最後に観てきました。
ジャッキー・チユン(張學友)をはじめとする
香港の有名どころを集めて、
ピーター・チャンがミュージカル映画を
撮ると聞いたのは3年前。
レオン・ライ(黎明)の名前を見つけたときは、
PCの前で狂喜しましたが。。。
スケジュールの都合で降板。う〜〜ん・・・。惜しい。

にほんブログ村 映画ブログへ

続きを読む >>
| 2006年映画 | 00:55 | comments(4) | trackbacks(1)
やっぱりキムタク「武士の一分」


キムタク一分見てきました。
最初、キムタクが武士??と思ったんですが
良かったです。かなり。。。。
まあ、最後まで、キムタクって思って観てましたが。。

「2046」以来、ちょっとキムタクに
はてなマークつきました。
それまでは、日本を代表するいい男なんだから
ドラマだけでなくもっともっと、
映画に出て欲しいって思ってました。
ドラマはほとんど見ない人間なので
彼の演技って上手いのか下手なのかわかりません。
どうかなぁ??って、そんな気分でした。
にほんブログ村 映画ブログへ
続きを読む >>
| 2006年映画 | 00:07 | comments(8) | trackbacks(8)
感動!「トゥモロー・ワールド」


今年一番の映画かもしれません(自分でも驚き)。
ただのSF映画で、ここまで感動するとは
思ってもみなかった・・・。
少なくとも、期待していなかった度と
満足度のギャップは間違いなく2006年ベスト!
生命の誕生、子供の命の尊さを心から感じました。
今まで自分が生きてきて、一番素晴らしかったことは
一人息子を授かったことだと思っています。
それを、改めて認識しました。

これから先は、若干ネタバレしてます。
続きを読む >>
| 2006年映画 | 09:07 | comments(12) | trackbacks(6)
わが青春のメリル「プラダを着た悪魔」


メリル・ストリープを意識したのは
「フランス軍中尉の女」(1981年イギリス映画)からです。
相手役のジェレミー・アイアンズにも、
この映画ですっかり虜になりました。
メリルの若い頃の
あのちょっと壊れそうなか細さ。
誰かが助けてあげなくてはと言う気にさせられる、
妖精のような不思議な魅力。
それでいて、芯が強くて、毅然とした役柄の多い人です。
ロバート・デ・ニーロとの「恋に落ちて」もそうでした。
その、メリルの新作です。
見ないわけにはいきません。

続きを読む >>
| 2006年映画 | 10:42 | comments(8) | trackbacks(4)
フィリップの「カポーティ」


フィリップ・シーモア・ホフマンを
初めて映画で認識したのは「ツイスター」でのこと。
あのちょっと、粘着質な演技がとても印象的でした。
それから、いろいろな映画で
彼の名脇役ぶりを見ることになって、
気がついたら、彼を目当てに
映画を観にいくようになっていました。
(たとえば、MI3はトム・クルーズより、フィリップ目当とか)
脇に回って、存在感のある役者さんなので
アカデミーの主演男優賞をとったときには、
心底驚きました。
その映画が、この「カポーティ」です。
今更ですが、やっと劇場で観る事ができました。
続きを読む >>
| 2006年映画 | 09:32 | comments(5) | trackbacks(2)
オダジョーに女心が「ゆれる」


「ゆれる」韓国でも大ヒット!
オダギリジョーの人気、
言うまでもないですが、すごいですね〜〜!
映画を観ると、人気と実力が
バランスをとれた役者さんだと感じます。
今更ですが「ゆれる」を観ました。
映画の上映は、都内なら7月だったのでしょうか?
お隣の藤沢(神奈川県です!)のオデオンで
2週間だけの期間上映(感謝!)
オデオンって、金曜日がレディスデイなんです。
11時から上映で40分前くらいに到着しましたが、
かなりの行列でした。(ほぼ女性だけ)
続きを読む >>
| 2006年映画 | 08:33 | comments(12) | trackbacks(7)
原作を超えた?!「デスノート後編」


  お友達が試写会の会場で
  撮ったリュ−ク人形!


満足!!拍手!!最高!ヽ(^o^)丿
原作を忠実に再現しながら
オリジナルストーリーでよくぞここまで!
と、拍手してしまうほど、うまくまとめた映画。あっぱれ!
この続きはちょっとだけネタバレ有りです(笑)。
続きを読む >>
| 2006年映画 | 15:18 | comments(23) | trackbacks(7)
「地下鉄(メトロ)に乗って」


最近日本映画よく観てるのは
「フラガール」の感想でも書いたとうり。

今回は「地下鉄(メトロ)に乗って」です。
ご覧になった方いますか??
ぜひ感想をお聞きしたいです。
原作を読まないで軽〜い気持ちででかけたもので
あの展開にはびっくり!
ここからは、ネタバレ覚悟で読んでくださいませ。
続きを読む >>
| 2006年映画 | 06:46 | comments(7) | trackbacks(9)
| 1/2PAGES | >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
mariyon製作HP 
 
 
UDCC
 
音声心理学話し方スクール
まつ毛パーマ・エクステ
天然石とセラピーの店
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ほんとうに怖いのは?「人魚の眠る家」
    mariyon (11/25)
  • ほんとうに怖いのは?「人魚の眠る家」
    ituka (11/25)
  • 感動!「ボヘミアン・ラプソディ」
    mariyon (11/18)
  • PC画面の臨場感「サーチ」
    mariyon (11/18)
  • 感動!「ボヘミアン・ラプソディ」
    ituka (11/18)
  • PC画面の臨場感「サーチ」
    ituka (11/18)
  • 緊張感の大襲撃「クワイエットプレイス」
    mariyon (10/17)
  • お久しぶりのビルさん「イコライザー2」
    mariyon (10/17)
  • 緊張感の大襲撃「クワイエットプレイス」
    ituka (10/16)
  • お久しぶりのビルさん「イコライザー2」
    ituka (10/16)
SPONSORED LINKS
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ